1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 北田夏己
  4. 大相場(チャンス)をしっかりと利益に結びつける

大相場(チャンス)をしっかりと利益に結びつける

大相場(チャンス)をしっかりと利益に結びつける

こんにちは、北田です。

ワールドカップが盛り上がっていますね!
僕自身も最近は昼夜問わず、テレビに釘付けとなり観戦しております。

実際にはテレビを見ながら、トレードをしているのですが、
サッカーとトレードは非常に似ている部分が多いなと感じました。

サッカーは当然ですが、相手チームよりも多くの点数を取れば勝ちます。
もっというなれば点数を取れないと、
いくら素晴らしいプレーをしても勝つことができません。

日本代表は以前から決定力不足といわれ、
ゴール前での惜しいシュートはたくさんありましたが、
点数になかなか結びつかないことが多かったです。
(今回はどうなんでしょう……)

そうなると、試合中にいくら素晴らしいプレーをしていても、
肝心の点数に結びつけることができなければ、
やはり負けてしまいます。

逆に試合中に押されっぱなしでも、
わずかなチャンスをものにし、点数を入れてしまえば、
そちらのほうが勝ってしまいます。

サッカーはいかにチャンスをものにするかが非常に重要で、
勝負の分けれ目になります。

実はトレードもこれに非常に似ています。

どれだけ素晴らしい手法を使っていても、
どれだけトレード技術を磨いても、
大きく相場が動く時、すなわちチャンスをものにできないと、
なかなか利益に結び付けることができません。

逆にまあまあの手法しか持っていなかったり、
トレード技術がさほど無かったりしても、
リーマンショックやアベノミクス相場、トランプラリーのような相場に出くわすと、
素人でも簡単に大きく稼げてしまうことがよくあります。

いくら素晴らしいロジックを手に入れても、
いくらトレード技術を磨いていても、
上下10pips程しか動いていない等、非常にボラティリティが低い相場状況では、
どれだけあがいてもスプレッド分稼ぐので精一杯になってしまいます。

逆にアベノミクス相場のような相場では、
何も考えずに買っておけば、
簡単に100、200pipsは簡単に稼げてしまいます。

要は何かというと、
優秀なロジックを手に入れることももちろん重要ですが、
大相場(チャンス)をしっかりと利益に結びつけるのも
非常に重要になってくるということです。

優秀なロジックで、トレード技術をしっかりと身に付けただけではなく、
大相場をしっかりと利益に結びつけるということも意識する必要があります。

このようなお話をすると、アベノミクス相場のような場面にさえでくわせば、
トレード技術を学習しなくても良いのかと考えてしまうかもしれませんが、
決してそうではありません。

確かに素人(普段トレードの学習をあまりしていない人)でも、
アベノミクス相場で大きく儲けた人は多いですが、
その後は多くの人は損をして退場していったという事実もあります。

やはりトレード技術が身に付いていないので、
アベノミクスで儲けることができても、
通常の相場では儲けることはできないんですね。

しかしながら、それは素人には分からず、
自分はトレードの実力があると勘違いしてしまい、
もっと資金を増やしてやろうと、アベノミクス相場が終わっても、
多くの枚数でトレードしようとします。

そうしますと、どこかで買って放置すれば儲かるような相場ではなくなっており、
また当然、損切りの重要性等も学習しておらず、
損切りをしないまま含み損を抱え、そして強制ロスカットにひっかかり……。

そうなれば、当初アベノミクスで儲けたお金を全て吹っ飛ばすどころか、
元手資金までも失ってしまう結果になってしまいます。

さらにひどい状況ですと、
アベノミクスで儲けた時に放出されたアドレナリンが忘れられず、
借金をしてまでトレードにつぎ込んでしまう人もいます。
もうそうなってしまったら、地獄です。

しかしながら彼ら(素人)から学ぶことがあるとすれば、
それはチャンスをものにしたという事実です。

これは紛れもない事実であり、
尊重しなければいけません。

逆にトレードの学習を進めていくと、
エントリーの取捨選択等を学ぶようになり、
いざチャンスがきても、
なかなか入れなかったりするということが起きてしまいます。

変に勉強しているから、
チャンスがきても、思い切ってエントリーができないんですね。

投資、トレードの世界では、
理不尽なことが多く発生します。

そして理不尽なことでも、
それがチャンスだと思えば、
果敢に攻めていく必要がある場面が必ずあります。

ここで攻めることができるかどうかで、
成績は大きく変わってきます。

理不尽なこととは、
今まで学習してきたこととは全く逆のことが起きたり、
予想もできないようなことが起きたりした時です。

こういったことが発生すると、
学習したこととは違った状況なので、
当然怖くてトレードに参加できないのです。

しかしながら、普段学習をしていない素人は、
なんとなく儲かりそうだと感じて、
果敢にトレードに参加してきます。

著名投資家のウォーレン・バフェットは、
ある記者に、投資の世界での成功の秘訣は何かと聞かれた時に、
「選択と集中」だと答えています。

実はこれはマイクロソフトのビルゲイツも同じことを答えています。

今回僕がお話しているのは、
この「集中」にあたる部分です。

ウォーレン・バフェットは普段は読書や企業のマニュアルレポートを読んで
ゆっくり過ごしているイメージがありますが、
ここぞという時は、夜も寝ずに非常にその投資先に集中して行動します。

何としてでもその投資先の会社を手に入れたい、
あるいは救いたい、
その為にはあらゆることをしてでも、結果を残します。

そしてその結果、数年後、数十年後にその会社が大きく成長して、
バフェットに莫大な富をもたらしてきました。

もしバフェットに集中力が無く、
欲しい会社を手に入れることを逃してしまったり、
会社を救うことができていなかったりしたら、
当然投資の世界であれだけの成功はなかったでしょう。

彼は、集中するべき時期は、非常に集中して行動するのです。

トレードも非常にこれに似ていて、
アベノミクス相場のような大相場の時に、
いかに集中して稼ぐことができるか、
これが成績に大きな差となって生まれます。

スキャルピングやデイトレでお話をすると、
短期間に100pips程動く相場というのは、
1週間のうちに1度か2度程あります。

直近の相場では、ECB理事会の時のユーロドルの動きや、
BOE政策金利発表時のポンド円の動きが100pipsを超える動きとなりました。

ユーロドル 5分足

ユーロドル5分足チャート

ポンド円 5分足

ポンド円5分足チャート

この1度か2度あるチャンスをものにできるかどうかで、
スキャルピングにしても、デイトレにしても大きく成績が変わってきます。

ちなみにユーロドル5分足では大きく下落する前までは
どちらかというとゆるやかな上昇トレンドであり、
ポンド円は大きく暴騰する前までは緩やかな下降トレンドでしたが、
相場が一気に急展開しました。

これが先ほどの理不尽な動きです。

上昇トレンド中は押し目買い、
下降トレンド中は戻り売りがセオリーですよね。

しかし、どちらの通貨ペアも大きく相場が動いている時は、
今まで学習してきたこととは逆の方向に相場が動いていますが、
大きく動く方向にエントリーするほうが、
結果的に利益を手にすることができています。

相場ではこういった学習してきたこととは逆のことが起きてしまうことが多々あり、
それを受け入れてトレードしないといけません。

他にも、50pips程動く相場でしたら、1日に1度くらいのペースであります。

ドル円 5分足

ドル円5分足チャート

そしてその他は、大体上下10~20pips程度をゆっくりと動くような相場です。
(※通貨ペアによります)

上下10~20pips程度動いている相場でいくら頑張ってトレードしても、
さほど稼げるpips数は限られていますし、
難易度も高いです。

逆に数分で50pipsや100pips程動くような相場は非常にトレードしやすいですし、
すぐに利益にすることができます。

このように考えてくると、やはりサッカーとトレードは似ており、
サッカーでも、もちろん技術力等は必要ですが、
ゴール前でしっかりと点数に結び付けるということが
勝敗に非常に大きく関わってきます。

トレードでも、大きな相場(スキャル、デイトレでは50~100pips程動く相場)で、
しっかりと利益に結び付けることで、成績に大きな差が生まれてきます。

最近はサッカーを見ながらスキャルピング、デイトレードをしていましたが、
このようなことを考えながら観戦していました。

ロジックを手に入れても、なかなか利益にすることができない、
どうしても成績がとんとんのままで向上しないという方は、
ロジックの見直し等も重要ですが、
まずは大相場で利益を確保できているかどうか見直してみること。

それによって、相場に対して見え方が異なってくると思います。

以上、何か参考になれば幸いです。

最後にあなたへのメッセージ

現在、私はアジアやアフリカの貧困解決のため、
社会起業家としても活動しており、
将来はこの貧困問題を解決したいという夢を持っています。

そのため、日本でも成功するトレーダーを輩出することで、
私と一緒に貧困問題を解決する仲間を増やしていけたら、という考えのもと、
こうしてクロスリテイリングさんに協力して、投資知識の発信をしています。

特に、私が常日頃からお伝えしていることですが、
相場というものは常に変化をしているので、
それにあわせてトレーダー自身も常に継続学習していく必要があります。

FXの基礎はもちろんですが、投資家として成長し続けるためにも
やはり日々の学習を積み重ねていくというのは欠かせないものになるのです。

こうした考えはFX-Jinさんをはじめ、クロスリテイリングさんでも
大切している理念であることを知り、そこに私自身も共感しました。

ぜひ皆さんも、トレーダーとして大切な継続学習について、
まずは私の記事を通じて参考にしていってもらえたらと思います。

さらに、私のとうし科!!でお届けする記事のほかに、
皆さんにオススメするマル秘プロジェクトがあります。

投資を通じて幸せを掴みたいと考えている方に
ぜひとも学んでもらいたい内容が詰まった自慢のプロジェクトです。

こちらの動画は、そのプロジェクトの中で私が紹介している手法を
実際に使用したトレード動画で、直接私から解説もさせてもらっています。

【北田夏己のトレード動画】

このマル秘プロジェクトは、FX初心者でも簡単に学べる内容です。
つまり、これから投資を始めたいと考えている人がスタートを切るのにも
適したプロジェクトであるといえます。

今なら、期間限定で「無料」にて受講することができてしまいます。
無料で私のロジックのノウハウを
学ぶことができるチャンスは、早々ありません。

すでに、実際にこのプロジェクトを通じて
資産を増やしている方はたくさんいます。

私のように、お金を稼いだ先に叶えたい夢をお持ちの方は、
ぜひともメールアドレスをご登録いただき、
無料のプロジェクトにご参加ください。

勝利の黄金シグナル

この記事を書いた人のプロフィール

kitada

北田夏己

トレンド・レンジの両方から利益を上げる「ダブルロジック」を開発し、あらゆる場面をお金に変える相場の魔術師。年間5000万円の利益を、安定的に上げ続け、トレーダー界では伝説的な存在として知られている。

詳細プロフィールへ

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 北田夏己
  4. 大相場(チャンス)をしっかりと利益に結びつける

PAGETOP