1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 過去相場を否定する勇気を持つ

過去相場を否定する勇気を持つ

過去相場を否定する勇気を持つ

こんにちは、北田です。

先週は、またもやトランプ大統領の、
「11月の米中首脳会談の結果次第では、中国の輸入品全てに追加関税を賦課する」
との発言により、NYダウは一時900ドルを超える程の下落、
それによるリスク回避のドル売り、円買い動意となる動きが見られました。

しかしその反面、週末には、
「トランプ米大統領が中国との貿易合意の草案作成を指示」
との報道により、日経平均株価が620円を超える程の上昇、
それに伴うリスクオンのドル買い、円売り動意となる動きも見られました。

このように、先週も大きく動いた相場となりましたが、
本日は、いよいよアメリカの中間選挙ですね。

上下両院で共和党が過半数を維持できるかが注目ポイントですが、
その結果次第では、相場にも大きく影響が出そうです。

一応の予想としては、
上下両院とも共和党が過半数を維持できれば、
トランプ政権の経済政策が後押しされるとの見方から株高、ドル高

また逆に、上院が共和党、下院は民主党、
あるいは、両院とも民主党となれば、
トランプ政権の政策が停滞することが予想され、株安、ドル安、という見方が多いです。

ただし、前回の米大統領選挙でも各メディアなどが予想していたように、
ヒラリー氏が当選すれば、ドル高、
トランプ氏が当選すれば、ドル売りという予想は見事に外れ、
トランプ氏が当選した後は、大幅なドル高となりました。

これにより、あのジョージ・ソロス氏も多額の損失を被ったようですね。

そのため、メディアなどの予想に基づいてトレードするのではなく、
あくまでも目の前で起きていることを最重要視し、
自分の思惑と逆行すれば、即座に損切りをして、
過ちを認める姿勢が非常に重要になってきます。

相場では、目の前で起きていることが非常に重要です。
特に最近の相場では、それをより重要視しないと、
なかなか勝てない相場となってきています。

チャートを使って過去検証し、過去の相場から動きの癖を見つけ、
それに基づいてロジックを構築し、そして運用していく。
この流れが、いわば相場で利益を出していく為の要でした。

そして定期的にロジックを検証し、
現在の相場に合っているかどうかを見極める。
相場が変われば、それに基づいてロジックの微調整をしていくか、
あるいは別のロジックを取り入れるということが必要でした。

しかしながら、最近の相場を見ておりますと、
相場が常に変化しており、
そしてその変化のスピードも非常に早くなってきています。

そのため、過去検証をしてロジックを構築しても、
リアルトレードを行う頃には、既に相場が変わってしまっており、
そのロジックが通用しないというようなことが頻繁に起きるようになりました。

そうすると、いくら過去の相場を研究し、
その上で過去に通用していたロジックを開発しても、
相場ではなかなか利益が出しにくくなってしまうということが起きています。

そういった中で、僕自身の最近のトレードでは、
過去相場よりも、目の前の相場を最重要視してトレードするようにしています。

過去の相場がどうであれ、
目の前の相場で起きていることを信じ、
そしてそれに応じて臨機応変に対応していくといったトレードスタイルです。

そのため当然、過去には見られなかったような相場の動きがあっても、
それに対して驚くことなく、
逆にその動きを信じて追従していく形になります。

過去の相場を信じることは、常に重要ですが、
それに加えて、過去の相場を否定する勇気も同時に非常に重要になります。

過去の相場を否定することは、人間の本能として中々できるものではありません。
過去に起きたことは、次回も起きるであろうと信じたくなるのが、
人間の性です。

しかし最近の相場では、残念ながらそうはなっておらず、
過去に起きたことがないような相場や動きが平気で発生します。

したがって、過去の相場も大事なのですが、
それよりも、目の前で起きていることを第一に考えてトレードすることが
今の相場ではより必要になってきます。

猛暑対策の考え方がトレードでも役立つ

猛暑対策の考え方

このことは、日常生活でも同じだと思います。

いつも夏場は、気温が上昇してもせいぜい33度くらいだと思って生活をしていても、
ある年では急に40度まで上昇し、
何の対策もせずに例年通りの過ごし方をしていると、
熱中症になって、下手したら命を落としてしまうことにも繋がってしまいます。

今までは学校でエアコンが無くても授業が成り立っていたとしても、
40度を超えるような暑さになれば、授業どころではなくなってしまいます。

甲子園に関しても、今までは夏場の炎天下の中で試合をしていて、
特に問題無かったとしても、
これからは熱中症など、下手したら命の危険にまで及ぶ可能性も十分に考えられます。

つまり、例年は問題無かったとしても、
ある年が急に異常な気温となったら、
それに対して上手く対応しないと、命を落とすことにまで繋がってしまいます。

相場でも、いつも通りのことが起きると思ってトレードをしていると、
異常な動き方をした時に、
上手く対応できずに大きな損失を被る結果となります。

これはリーマンショックが良い例ですが、
過去相場からリスク許容度などを調べて、
それを元に運用していた機関投資家やヘッジファンド、
あるいはトレーダーの多くは破綻してしまいました。

そして、この異常な相場というのが、
最近の相場では、頻繁に発生するようになりました。

そのため、過去の相場に捉われることなく、
常に目の前の相場を最重要視してトレードをしていなかないと、
なかなか利益が出せないどころか、
大損を被ってしまう危険性も十分にあります。

そういったことから僕自身は、特に最近の相場では、
過去相場よりもむしろ、目の前の相場の動きを意識して、
トレードするようにしています。

目の前で動いている相場を最重要視してトレードすることで、
常に臨機応変に対応し、利益に結びつけることができるようになります。

そこで、まずは本日のアメリカ中間選挙で、
過去の相場や予想に捉われるのではなく、
目の前で起きている相場を意識して見てみてください。

そうすれば、また今までとは違った相場の見方ができるのではないかと思います。

以上、何か参考になれば幸いです。

最後にあなたへのメッセージ

現在、私はアジアやアフリカの貧困解決のため、
社会起業家としても活動しており、
将来はこの貧困問題を解決したいという夢を持っています。

そのため、日本でも成功するトレーダーを輩出することで、
私と一緒に貧困問題を解決する仲間を増やしていけたら、という考えのもと、
こうしてクロスリテイリングさんに協力して、投資知識の発信をしています。

特に、私が常日頃からお伝えしていることですが、
相場というものは常に変化をしているので、
それにあわせてトレーダー自身も常に継続学習していく必要があります。

FXの基礎はもちろんですが、投資家として成長し続けるためにも
やはり日々の学習を積み重ねていくというのは欠かせないものになるのです。

こうした考えはFX-Jinさんをはじめ、クロスリテイリングさんでも
大切している理念であることを知り、そこに私自身も共感しました。

ぜひ皆さんも、トレーダーとして大切な継続学習について、
まずは私の記事を通じて参考にしていってもらえたらと思います。

さらに、私のとうし科!!でお届けする記事のほかに、
皆さんにオススメするマル秘プロジェクトがあります。

投資を通じて幸せを掴みたいと考えている方に
ぜひとも学んでもらいたい内容が詰まった自慢のプロジェクトです。

こちらの動画は、そのプロジェクトの中で私が紹介している手法を
実際に使用したトレード動画で、直接私から解説もさせてもらっています。

【北田夏己のトレード動画】

このマル秘プロジェクトは、FX初心者でも簡単に学べる内容です。
つまり、これから投資を始めたいと考えている人がスタートを切るのにも
適したプロジェクトであるといえます。

今なら、期間限定で「無料」にて受講することができてしまいます。
無料で私のロジックのノウハウを
学ぶことができるチャンスは、早々ありません。

すでに、実際にこのプロジェクトを通じて
資産を増やしている方はたくさんいます。

私のように、お金を稼いだ先に叶えたい夢をお持ちの方は、
ぜひともメールアドレスをご登録いただき、
無料のプロジェクトにご参加ください。

勝利の黄金シグナル

この記事を書いた人のプロフィール

kitada

北田夏己

トレンド・レンジの両方から利益を上げる「ダブルロジック」を開発し、あらゆる場面をお金に変える相場の魔術師。年間5000万円の利益を、安定的に上げ続け、トレーダー界では伝説的な存在として知られている。

詳細プロフィールへ

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 過去相場を否定する勇気を持つ

PAGETOP