1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 北田夏己
  4. 変化し続ける直近相場を的確に見る、プロの視点

変化し続ける直近相場を的確に見る、プロの視点

変化し続ける直近相場を的確に見る、プロの視点

こんにちは、北田です。

令和になって早1ヵ月が過ぎましたね。
平成から令和になって、何か変わったことはありましたでしょうか?

さて、先週、特に週末は大きな下落相場となりました。

ドル円 5分足

ドル円 5分足

ユーロ円 5分足

ユーロ円 5分足

ポンド円 5分足

ポンド円 5分足

ユーロ円やポンド円なども大きく下落し、
利益を大きく取れた方も多かったのではないかと思います。

ファンダメンタルズ的に見ると、
米中貿易摩擦で、中国側が報復措置としてレアアースの禁輸を検討し、
さらに米国製品600億ドルに対し、追加関税を引き上げることを発表しました。

またアメリカはメキシコに対しても、
不法移民の流入が止まるまで段階的に関税を上げていくと発表したことで、
ドル売り、リスク回避の円買い動意が見られ、大きくドル円は下落しました。

ユーロに関しては、欧州議会選挙でEU懐疑派や極右政党が議席を伸ばし、
またイタリアの財政問題悪化、さらにはイタリアのサルビーニ副首相の発言などで、
EUとの対立が浮き彫りとなり、ユーロも売られました。

さらにイギリスでも、
メイ首相の辞任や、欧州議会選挙で「合意なき離脱」を望んでいる
ブレグジット党が圧勝し、
新首相が「合意なき離脱」に突き進む懸念により、
ポンドも大きく売られていました。

このようなファンダメンタルズ的な背景もあってか、
特に木曜、金曜の相場では非常にトレードしやすかったのではないかと思います。

それでは逆に週の前半は、どのような相場だったのか見てみたいと思います。

ドル円 5分足

ドル円 5分足2

あまりトレードしやすいとはいえないような相場でしたね汗

続いては、この1週間どのような相場の推移をしていたのか、
少し大きな時間足で確認してみることにしましょう。

ドル円 1時間足

ドル円 1時間足

やはり大きな時間足で見ると、
週の前半ではあまり方向感が無く、
逆に後半になると、レートが一方向に動いていることが分かるかと思います。

このように、相場というのは非常に変化しており、
その時期によって動き方や特徴が大きく異なります。

それでは、さらに大きな目線で相場を振り返ってみたいと思います。

ドル円 4時間足

ドル円 4時間足

4月の相場と5月の相場を比べても、
大きく違うことが分かるかと思います。

4月は全体的に見ても、あまり方向感の無いような相場でしたが、
5月に入ると一変し、大きく下落した相場となりました。

4月はファンダメンタルズ的に見て、
米中貿易協議がもう少しでまとまりそうな雰囲気です。

またFRBによる利上げ停止政策などで、
ドルを思い切って買ったり売ったりできるような相場状況では無かったことから、
全体的には揉み合い相場となっていました。

しかし、5月に入ると、5日のトランプ大統領のツイッターを発端に、
その後、米中貿易摩擦が激化していき、相場は大きく下落した1ヵ月となりました。

それではさらにもっと大きな目線で相場を見てみましょう。

ドル円 週足

ドル円 週足

このチャートを見てみると、
2012年後半、2013年前半、2014年後半、2016年は方向感のある相場で、
非常にトレードがしやすい年だったということが分かります。

一方、特に2017年2018年は、方向感が無く、
トレードは非常にし辛い相場だったということが分かります。

このように、小さな目線で見ても、大きな目線で見ても、
相場というのは全く異なる動きを形成しており、
その時期によって大きく相場の特徴や傾向は変わっていきます。

そしてこれは当然ドル円だけではなく、
他の通貨ペアも同様です。

これこそ、私が日ごろからお伝えしている、
相場は常に変化しているから継続学習が必要だ、という理由です。

揉み合い相場でいくら頑張ってトレンドフォロー手法を使っても、
当然なかなか利益を出すことはできません。

逆にトレンド相場で、逆張りばかりやっていても、
なかなか利益を出すことはできません。

さらにいえば、トレンド相場なら多少精度の低い、
それこそゴールデンクロス、デッドクロスなど、
古典的なロジックでも十分利益が出せたりします。

レンジ相場なら、
高値安値到達で逆張りをする方法でも、
いくらかは利益を出していくことは可能です。

相場で利益を出していくためには、ロジックどうのではなく、
現在の相場がどのような相場なのかを認識することのほうが、
数百倍も重要になってきます。

これは僕もそうだったのですが、
何かのロジックを手に入れても、なかなか勝てない時期があった時に、
ついロジックが悪いと決めつけてしまうことがあります。

しかしながら、そもそも現在の相場では、
今のロジックを使うべき相場なのかどうか、
今はどんな相場なのかを理解するようにすると、

ロジックの使い分けができるようになり、非常にトレードがしやすくなります。

例えば直近の相場で言うと、
僕自身は、4月に関しては、ドル円、特にニューヨークタイムでは
ほぼトレードはしませんでした。
それよりも、ユーロでのトレードが多かったです。

逆に5月に入ったら、
ドル円中心にトレードし、
さらにポンドでも大きくトレードを行いました。

このように現在はどのような相場なのかを把握し、
その上で、どの通貨ペア、どのロジック、
さらにはどの時間帯を選択してトレードをしていくかを決めてトレードしていくことで、
非常に効率良くトレードしていけるようになります。

6月に入り、5月とはまた違った相場になる可能性も十分にありますが、
その変化を楽しんで、6月もトレードをしていきましょう。

以上、何か参考になれば幸いです。

最後にあなたへのメッセージ

現在、私はアジアやアフリカの貧困解決のため、
社会起業家としても活動しており、
将来はこの貧困問題を解決したいという夢を持っています。

そのため、日本でも成功するトレーダーを輩出することで、
私と一緒に貧困問題を解決する仲間を増やしていけたら、という考えのもと、
こうしてクロスリテイリングさんに協力して、投資知識の発信をしています。

特に、私が常日頃からお伝えしていることですが、
相場というものは常に変化をしているので、
それにあわせてトレーダー自身も常に継続学習していく必要があります。

FXの基礎はもちろんですが、投資家として成長し続けるためにも
やはり日々の学習を積み重ねていくというのは欠かせないものになるのです。

こうした考えはFX-Jinさんをはじめ、クロスリテイリングさんでも
大切している理念であることを知り、そこに私自身も共感しました。

ぜひ皆さんも、トレーダーとして大切な継続学習について、
まずは私の記事を通じて参考にしていってもらえたらと思います。

さらに、私のとうし科!!でお届けする記事のほかに、
皆さんにオススメするマル秘プロジェクトがあります。

投資を通じて幸せを掴みたいと考えている方に
ぜひとも学んでもらいたい内容が詰まった自慢のプロジェクトです。

こちらの動画は、そのプロジェクトの中で私が紹介している手法を
実際に使用したトレード動画で、直接私から解説もさせてもらっています。

【北田夏己のトレード動画】

このマル秘プロジェクトは、FX初心者でも簡単に学べる内容です。
つまり、これから投資を始めたいと考えている人がスタートを切るのにも
適したプロジェクトであるといえます。

今なら、期間限定で「無料」にて受講することができてしまいます。
無料で私のロジックのノウハウを
学ぶことができるチャンスは、早々ありません。

すでに、実際にこのプロジェクトを通じて
資産を増やしている方はたくさんいます。

私のように、お金を稼いだ先に叶えたい夢をお持ちの方は、
ぜひともメールアドレスをご登録いただき、
無料のプロジェクトにご参加ください。

勝利の黄金シグナル

この記事を書いた人のプロフィール

kitada

北田夏己

トレンド・レンジの両方から利益を上げる「ダブルロジック」を開発し、あらゆる場面をお金に変える相場の魔術師。年間5000万円の利益を、安定的に上げ続け、トレーダー界では伝説的な存在として知られている。

詳細プロフィールへ

   

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 北田夏己
  4. 変化し続ける直近相場を的確に見る、プロの視点

PAGETOP