1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 北田夏己
  4. 市場心理を読み解くのに欠かせないコンセンサス

市場心理を読み解くのに欠かせないコンセンサス

市場心理を読み解くのに欠かせないコンセンサス

こんにちは、北田です。

先週もファンダメンタルズで大きく動く場面が、
多く見られた週となりました。

まずは金曜日に発表された米雇用統計で事前に発表されていたADPと同様に、
伸びが予想外に10万人割れとなったことで、
FRBの利下げ観測も強まり、ドル円は大きく下落しました。

ドル円 5分足

ドル円 5分足

この動きは、多くの人が納得できるのではないでしょうか。

雇用統計の数字が悪かった、そのことにより利下げ確率が上がったとの繋がりで
ドルが売られた結果となったことは、よくあるパターンだからです。

さて、気になる動きをしたのが、ECB政策金利発表です。

政策金利据え置きは予想通りの結果でしたが、
金利据え置き期間が、前回、今年夏までだったところ2019年内までと変更され、
さらに今回の発表では、「2020年前半」まで延長する方針が示されました。

前回は、金利据え置き期間の延長により、
ハト派色となり、ユーロ売りが見られました。

しかし、今回も同様にさらに延長が示されたものの、
相場は一旦売られた場面も見られましたが、
その後大きくユーロ買いという結果になりました。

ユーロ円 5分足

ユーロ円 5分足

まさにこの動きが、以前にお伝えした、市場心理を読むことの大切さ、
現在の市場のコンセンサスを読んだ上でトレードをすることの重要性を表しています。

実は市場のコンセンサスでは、今回のECB政策金利発表において、
利下げの示唆が想定されていました。

現在各国が利下げの流れとなっており、
直近では、オーストラリアとインドが利下げを行いましたね。

またニュージーランドも利下げを検討、
アメリカでも利下げの時期が議論されるようになっていることで、
ECBも利下げの時期や必要性などが示唆されるのではないかと見られていました。

ところが蓋を開けてみると、利上げ時期が延長されましたが、
逆に言えば、利上げ時期先送りを示したことに留めた形になったことで、
ユーロが売られたわけではなく、逆に買われた結果となりました。

もちろんこのことだけではなく、
経済見通しについて楽観的な見方が示されたことなどによっても、
ユーロ買いの後押しとなりました。

しかし、前回と同様に利上げ時期の延長を示唆したにも関わらず、
ユーロ買いとなったことは、前回とは大きく違った動きとなりました。

相場というのは、結果だけで動いているわけではなく、
その前提となるコンセンサスがどうかで180度異なる動きをします。

今回、もしコンセンサスが、年内の利上げの有無などが焦点となっていれば、
利上げ時期の延長によってユーロが売られていた可能性が非常に高いです。

このように、発表内容で相場が動くというよりも、
事前のコンセンサスの内容や発表をきっかけに相場が動くことが多いです。

つい発表内容で相場が動くと思いトレードしてしまいがちですが、
事前のコンセンサスを把握しておくことで、
より市場心理に合ったトレードをしていくことができる
ようになります。

さてその上で、ドラギ総裁は、その後ECB理事会で利下げや
資産買い入れ再開の可能性に言及するメンバーがいたことを明らかにしています。

今後指標などで、景気が悪化した数値が出てきた場合などは、
利下げに踏み切る可能性もあるということが
コンセンサスの中に盛り込まれてきたことから、
それを前提に今後の指標や要人発言などを捉えていく必要があります。

そしてアメリカでは、雇用統計で悪い数字が出たことで、
既に利下げが織り込まれてきている状況になっています。

ですので、今後のアメリカの利下げの話題に関しては、
利下げが既にコンセンサスの中に盛り込まれつつある状況であるということを前提として、
各指標や、トランプ大統領、FRB関係者の発言などを捉えていく必要があります。

今回お話したように、つい何かの指標発表や、要人発言などでは、
その内容だけに集中してしまいがちですが、
内容が同じでも、その前提となるコンセンサスが違えば、
発表後の動きも大きく異なる
ことがよくあります。

指標発表の内容や要人発言の内容だけではなく、
その前の市場のコンセンサスも意識してトレードしてみると、
また今までとは違った相場の見え方ができるようになるのではないかと思います。

以上、何か参考になれば幸いです。

最後にあなたへのメッセージ

現在、私はアジアやアフリカの貧困解決のため、
社会起業家としても活動しており、
将来はこの貧困問題を解決したいという夢を持っています。

そのため、日本でも成功するトレーダーを輩出することで、
私と一緒に貧困問題を解決する仲間を増やしていけたら、という考えのもと、
こうしてクロスリテイリングさんに協力して、投資知識の発信をしています。

特に、私が常日頃からお伝えしていることですが、
相場というものは常に変化をしているので、
それにあわせてトレーダー自身も常に継続学習していく必要があります。

FXの基礎はもちろんですが、投資家として成長し続けるためにも
やはり日々の学習を積み重ねていくというのは欠かせないものになるのです。

こうした考えはFX-Jinさんをはじめ、クロスリテイリングさんでも
大切している理念であることを知り、そこに私自身も共感しました。

ぜひ皆さんも、トレーダーとして大切な継続学習について、
まずは私の記事を通じて参考にしていってもらえたらと思います。

さらに、私のとうし科!!でお届けする記事のほかに、
皆さんにオススメするマル秘プロジェクトがあります。

投資を通じて幸せを掴みたいと考えている方に
ぜひとも学んでもらいたい内容が詰まった自慢のプロジェクトです。

こちらの動画は、そのプロジェクトの中で私が紹介している手法を
実際に使用したトレード動画で、直接私から解説もさせてもらっています。

【北田夏己のトレード動画】

このマル秘プロジェクトは、FX初心者でも簡単に学べる内容です。
つまり、これから投資を始めたいと考えている人がスタートを切るのにも
適したプロジェクトであるといえます。

今なら、期間限定で「無料」にて受講することができてしまいます。
無料で私のロジックのノウハウを
学ぶことができるチャンスは、早々ありません。

すでに、実際にこのプロジェクトを通じて
資産を増やしている方はたくさんいます。

私のように、お金を稼いだ先に叶えたい夢をお持ちの方は、
ぜひともメールアドレスをご登録いただき、
無料のプロジェクトにご参加ください。

勝利の黄金シグナル

この記事を書いた人のプロフィール

kitada

北田夏己

トレンド・レンジの両方から利益を上げる「ダブルロジック」を開発し、あらゆる場面をお金に変える相場の魔術師。年間5000万円の利益を、安定的に上げ続け、トレーダー界では伝説的な存在として知られている。

詳細プロフィールへ

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 北田夏己
  4. 市場心理を読み解くのに欠かせないコンセンサス

PAGETOP