1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 北田夏己
  4. 固執しないで変化を受け入れること

固執しないで変化を受け入れること

固執しないで変化を受け入れること

こんにちは、北田です。

先週の相場は、これまでのリスクオフ相場から
一転した相場となった一週間となりました。

ドル円 1時間足

ドル円 1時間足

ユーロ円 1時間足

ユーロ円 1時間足

ポンド円 1時間足

ポンド円 1時間足

ユーロドル 1時間足

ユーロドル 1時間足

ポンドドル 1時間足

ポンドドル 1時間足

要因としては3つあります。

まず1つ目は、米中間で通商協議を
10月に開催することで合意した
という発表です。

先々週末に、アメリカは中国に対して第4弾となる関税を発動しました。

中国もアメリカに対して追加関税を発動していた中でのこの発表でしたので、
相場は急展開する形となりました。
これにより、リスク回避の円買い動意が大きく後退することとなりました。

そして2つ目は、イギリス議会で、合意無き離脱を阻止する法案が成立。

さらにジョンソン首相の10月15日の早期総選挙の提案も否決されたことで、
大きくポンドが買われることとなりました。

3つ目は、香港デモに関して、
香港行政長官が逃亡犯条例を正式に撤回したことで、
香港株の大幅な上昇により、円売り動意が見られました。

これらのことが先週に行われたことで、
相場は一転することとなりました。

さすがにこれを予想できた人は少なかったと思いますが、
この予想もできないようなことが起きてしまうのが、相場の世界です。

先々週末までは、リスクオフ相場が続くと見て、
売り目線で見ていました。

実際には相場が大きく反転して、
上昇に転じてしまうという形になりましたが、
こういったことは、トレードをしているとよくあることです。

重要なのは、この時の対応の仕方です。

よくトレードや投資では、
先を予想することが重要だと思ってしまいがちになりますが、
先週の相場を見てもお分かりの通り、
相場を予想することなどは不可能に近いです。

それよりも、相場が変わった時に、
いかにうまく対処するかで、トレード成績が大きく変わってきます。

具体的に言いますと、
先週の相場では、売り目線で見ていたところ、
相場が大きく反転して上昇に転じたことが確認できたタイミングで、
既にショートポジションを持っていたら、適切に損切りをする。

そして次は逆に買い目線で、ロングを狙って
できれば損切りで被った金額以上の利益を取っていき、
トータルでプラスの収益にしていくという考え方
トレードをすることが非常に重要になります。

間違っても、相場が反転して大きく上昇しているのにも関わらず、
いつまでも売り目線に固執して、損切りもせずに、
ショートポジションを保有していてはいけません。

このようなトレードをしていると、
たった一回のトレードで、
全投資資金を失ってしまうことも十分にあります。

大事なのは、すぐに目線を切り替えて、
自分が間違えて取ったポジションは潔く損切りする。

そして戦略を立て直し、ポジションメイクをし直していくことです。

そうすることによって、トータルでは、利益を残していきやすい状況を
作り出すことができるようになってきます。

そんな中で、今週の相場ですが、
先週のような相場がいつまでも続くと考えてはいけません。

先週の雇用統計では、
8月非農業部門雇用者数は予想を下回ったことで、
ドル売りとなり週を終えました。

来週発表されるFOMCでは、0.25%の利下げが有力視されていますが、
今週発表される、米8月消費者物価指数や小売売上高の数字によっては、
0.5%の利下げになる可能性も十分にあります。

そうなってきますと、
先週の雇用統計でドル売りが見られたように、
指標発表の数値によっては、
また再度リスクオフ相場となることも念頭に入れておく必要があります。

またポンドに関しても、
ジョンソン首相がどのような発言をしてくるか、
どのような次の手を打ってくるか分かりませんので、
それによってまたポンドの動きも変わってくるでしょう。

香港に関しても、急に逃亡犯条例を撤回したのは、
実は今週一帯一路サミットが香港で行われる予定になっており、
それを配慮してデモを抑えるために発表したに過ぎないという考え方が大半で、
決して市民のことを思っての対応ではないことがうかがえます。

以上のことから、またいつ相場が急展開するか分からない状態ですので、
常に目線を臨機応変に切り替え、
間違ったポジションメイクに関しては、しっかりと損切りをする。

そして戦略を立て直し、新たなポジションメイクによって、
トータルで利益を残していけるようにトレードをしていくという姿勢が
非常に重要になってきます。

また今月9月に関しては、ニューヨーク株式市場では
「魔の月」と呼ばれることが多く、
過去の歴史から見ても、大きく暴落することが非常に多い月になっています。

ポジションメイクを間違えてそれに固執していたら、
大きく損失を被ってしまう可能性が非常に高い月でもあり、
逆に、上手く対処していくことができれば、
大きく利益を狙っていける月とも言えます。

自分の考えや予想に従ってトレードするのではなく、
常に相場と対話しながらトレードすることで、
大きな利益を狙っていけるようになります。

以上、何か参考になれば幸いです。

最後にあなたへのメッセージ

現在、私はアジアやアフリカの貧困解決のため、
社会起業家としても活動しており、
将来はこの貧困問題を解決したいという夢を持っています。

そのため、日本でも成功するトレーダーを輩出することで、
私と一緒に貧困問題を解決する仲間を増やしていけたら、という考えのもと、
こうしてクロスリテイリングさんに協力して、投資知識の発信をしています。

特に、私が常日頃からお伝えしていることですが、
相場というものは常に変化をしているので、
それにあわせてトレーダー自身も常に継続学習していく必要があります。

FXの基礎はもちろんですが、投資家として成長し続けるためにも
やはり日々の学習を積み重ねていくというのは欠かせないものになるのです。

こうした考えはFX-Jinさんをはじめ、クロスリテイリングさんでも
大切している理念であることを知り、そこに私自身も共感しました。

ぜひ皆さんも、トレーダーとして大切な継続学習について、
まずは私の記事を通じて参考にしていってもらえたらと思います。

さらに、私のとうし科!!でお届けする記事のほかに、
皆さんにオススメするマル秘プロジェクトがあります。

投資を通じて幸せを掴みたいと考えている方に
ぜひとも学んでもらいたい内容が詰まった自慢のプロジェクトです。

こちらの動画は、そのプロジェクトの中で私が紹介している手法を
実際に使用したトレード動画で、直接私から解説もさせてもらっています。

【北田夏己のトレード動画】

このマル秘プロジェクトは、FX初心者でも簡単に学べる内容です。
つまり、これから投資を始めたいと考えている人がスタートを切るのにも
適したプロジェクトであるといえます。

今なら、期間限定で「無料」にて受講することができてしまいます。
無料で私のロジックのノウハウを
学ぶことができるチャンスは、早々ありません。

すでに、実際にこのプロジェクトを通じて
資産を増やしている方はたくさんいます。

私のように、お金を稼いだ先に叶えたい夢をお持ちの方は、
ぜひともメールアドレスをご登録いただき、
無料のプロジェクトにご参加ください。

勝利の黄金シグナル

この記事を書いた人のプロフィール

kitada

北田夏己

トレンド・レンジの両方から利益を上げる「ダブルロジック」を開発し、あらゆる場面をお金に変える相場の魔術師。年間5000万円の利益を、安定的に上げ続け、トレーダー界では伝説的な存在として知られている。

詳細プロフィールへ

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 北田夏己
  4. 固執しないで変化を受け入れること

PAGETOP