1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 北田夏己
  4. 勝つために必要な「意識」とはなにか

勝つために必要な「意識」とはなにか

勝つために必要な「意識」とはなにか

こんにちは、北田です。

先週は、はっきりとした値動きにはならずに、
特にドル円相場では、
トレードのし辛かった1週間となったのではないかと思います。

ドル円 1時間足

ドル円 1時間足

ファンダメンタルズ的に見ますと、
米中貿易協議の進展や後退が右往左往し、
それに振り回されつつも様子見、静観するトレーダーが
多いような相場となっていました。

こういった相場では、なかなか利益を上げられず、
もしかしたら1週間のトータルでは
マイナスになってしまうこともあります。

しかし、勝てるトレーダーと、なかなか上手く勝てないトレーダーの違いは、
こういった相場でも利益を上げられるかどうか、ではないのです。

トレーダーとしての差を生むものはなにか?

勝てているトレーダーでも、
当然、負ける時はあります。

しかしながら、その後の、良い相場に巡り合えた時に、
しっかりと利益を確保し、
そしてトータルで利益を出していくようにしています。

ですので、一時的には負けていても、
最終的には利益をしっかりと残していきます。

だから勝ちトレーダーになれるのです。

そしてなかなか上手く勝てないトレーダーというのは、
こういった相場で負けてしまった時に、
手法のせいにしたり、あるいは自分の技術力のせいにして、
ロジックを変えたり、あるいはルール変更したりしてしまいます。

そうしてしまうと、
今使っているロジックで有効な相場が出現してきても、
既にロジックを変えてしまったり、あるいはルールを変更したり、
さらには、負けたというトラウマからエントリーできません。

そして結局、本来利益になったであろう相場で利益を得られず、
トータルで負けてしまうことに繋がってしまいます。

これが、勝てているトレーダーと、
なかなか利益を上げられないトレーダーの違いです。

よく勝てているトレーダーは、
何かすごいロジックを使っているとか、
あるいはすごい裁量力があると思われがちですが、
使っているロジック自体は、さほどとびぬけたものではないことが多いです。

それよりも、自分で使っているロジックをいかに信じ切って、
仮に連敗が続いても、淡々とトレードをし続けることによって、
やがては良い相場と巡り合い、そしてトータルでは
利益を出していくようにしているだけなのです。

ですので、先週仮に負けてしまったとしても、慌ててはいけません。

すぐにロジックを変えたり、ルールを変更したり、
あるいは、負けたことでトラウマになって、
次のトレードができない、なんてことになってしまうのではなく、
淡々とトレードし続けてくことが非常に重要になってきます。

さてその上で、今後の相場を見ていきましょう。

目まぐるしい国際情勢の中で注意すべきこと

まず先週は、アメリカで「香港人権法案」が可決され、
トランプ大統領が署名するかどうかが注目されています。

ただこれに署名することで、中国側からの反発は必至で、
それにより米中貿易協議が頓挫する可能性が非常に高くなります。

そしてこのことにより、株価が暴落し、
アメリカの各経済指標も軒並み悪くなってしまうことも考えられます。

特にこれからのクリスマス商戦で、
消費を落ち込ませるわけにはいきません。

トランプ大統領としては、株価を上げ、消費を増やし、
そして景気を良くした
という実績を大統領選でアピールしたいため、
今このタイミングで米中貿易協議を後退させるわけにはいきません。

そうなると、なかなかすぐには
「香港人権法案」に署名とはいかなくなります。

逆に署名しなければ、
中国側にしり込みしたと、国民から判断される恐れもあるため、
トランプ大統領としては
非常に難しい選択肢を迫られている状況になっています。

そしてそんな中、本日の午前中に
パウエルFRB議長の講演が予定されております。

恐らくこのような状況下の中ですので、
中立的な発言がされるとは思いますが、
来月12月12日のFOMCに向けて、
やはり注目しておく必要はあるでしょう。

またユーロに関しては、先週のドイツ、ユーロ圏のサービス業PMI速報値が
共に予想を下回る数値が出たこと、またラガルド新総裁の発言により、
ユーロが大きく売られたことで、今週29日に予定されている、
ユーロ圏の失業率、消費者物価指数にも注意が必要です。

この数値によっては、さらなるユーロ売りになる可能性もあるため、
ポジションメイクなど、工夫が必要です。

そしてポンドに関してですが、現在はブレグジット党がジョンソン首相率いる保守党に
選挙協力するということで、保守党優位になっており、今後もそれが続けば、
ポンド買いの流れが続きそうだと考えることができます。

しかしながら、FXは単一の通貨だけで取引されているわけではなく、
2つの通貨が合成された「通貨ペア」でトレードされておりますので、
ポンド円、ポンドドルの通貨ペアで考えますと、
円やドルの動きも同時に考えていく必要があります。

今後の米中貿易協議の進展具合によって、ドルや円が売買されていくことで、
当然ポンド円、ポンドドルの通貨ペアにも影響してきますので、
イギリスの情勢だけ見てトレードするのではなく、
総合的に判断しながらトレードしていく必要があります。

以上、来週から12月に入り、日本では師走の時期になりますが、
昨年はクリスマス時期でも大きく動いた相場となったように、
例年の動きとは違った動きをすることが
非常に多く見られるようになってきました。

12月はあまり動かない、クリスマスはトレードに適していないなど、
教科書的な情報に従ってトレードするのではなく、
常に目の前の相場に従ってトレードすることで、
今自分が何をすべきなのかといったことがおのずと分かってくるようになります。

いよいよ来月は、今年最後の月ですが、
悔いの残らないような1ヵ月にしていきましょう。

以上、何か参考になれば幸いです。

最後にあなたへのメッセージ

現在、私はアジアやアフリカの貧困解決のため、
社会起業家としても活動しており、
将来はこの貧困問題を解決したいという夢を持っています。

そのため、日本でも成功するトレーダーを輩出することで、
私と一緒に貧困問題を解決する仲間を増やしていけたら、という考えのもと、
こうしてクロスリテイリングさんに協力して、投資知識の発信をしています。

特に、私が常日頃からお伝えしていることですが、
相場というものは常に変化をしているので、
それにあわせてトレーダー自身も常に継続学習していく必要があります。

FXの基礎はもちろんですが、投資家として成長し続けるためにも
やはり日々の学習を積み重ねていくというのは欠かせないものになるのです。

こうした考えはFX-Jinさんをはじめ、クロスリテイリングさんでも
大切している理念であることを知り、そこに私自身も共感しました。

ぜひ皆さんも、トレーダーとして大切な継続学習について、
まずは私の記事を通じて参考にしていってもらえたらと思います。

さらに、私のとうし科!!でお届けする記事のほかに、
皆さんにオススメするマル秘プロジェクトがあります。

投資を通じて幸せを掴みたいと考えている方に
ぜひとも学んでもらいたい内容が詰まった自慢のプロジェクトです。

こちらの動画は、そのプロジェクトの中で私が紹介している手法を
実際に使用したトレード動画で、直接私から解説もさせてもらっています。

【北田夏己のトレード動画】

このマル秘プロジェクトは、FX初心者でも簡単に学べる内容です。
つまり、これから投資を始めたいと考えている人がスタートを切るのにも
適したプロジェクトであるといえます。

今なら、期間限定で「無料」にて受講することができてしまいます。
無料で私のロジックのノウハウを
学ぶことができるチャンスは、早々ありません。

すでに、実際にこのプロジェクトを通じて
資産を増やしている方はたくさんいます。

私のように、お金を稼いだ先に叶えたい夢をお持ちの方は、
ぜひともメールアドレスをご登録いただき、
無料のプロジェクトにご参加ください。

勝利の黄金シグナル

この記事を書いた人のプロフィール

kitada

北田夏己

トレンド・レンジの両方から利益を上げる「ダブルロジック」を開発し、あらゆる場面をお金に変える相場の魔術師。年間5000万円の利益を、安定的に上げ続け、トレーダー界では伝説的な存在として知られている。

詳細プロフィールへ

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 北田夏己
  4. 勝つために必要な「意識」とはなにか

PAGETOP