1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 北田夏己
  4. コロナウイルスの感染拡大は相場にどう影響するか

コロナウイルスの感染拡大は相場にどう影響するか

コロナウイルスの感染拡大は相場にどう影響するか

こんにちは、北田です。

先週は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、
リスクオフの相場となった1週間でした。

ドル円 1時間足

ドル円1時間足

これまでは、米中間の貿易協議で、
第一段階の合意により署名までされたこと、
また中東情勢悪化の懸念が一旦は落ち着いたことなどで、
ドル円はリスクオン相場となっていました。

しかし、突如として世界の話題の中心になった、
中国を発端とした新型コロナウイルスの蔓延が世界規模にまで拡大している件で、
相場にも影響を与えるようになってきました。

なぜウイルスの蔓延が相場に影響するのか?
と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、
これは2003年のSARSの影響を連想させるからだと考えられます。

SARSが蔓延した時は、
中国のGDPが2%近く引き下げられていました。

このときの記憶がよみがえってくるということに加えて、
当時の中国が輸出中心の経済体系だったのに対して現在は消費型に変わってきており、
さらに中国人が1年を通して最も消費する時期とされる
春節と時期が被っていることもあります。

2003年のSARS蔓延の一件よりも
さらにGDPが押し下げられてしまうのではないかというトレーダーの心理から、
相場にも影響を与えるようになっていきました。

またさらにアメリカでも感染した症例が出たことで、
米国株式市場でも下落が見られました。

そして週末にはフランスやオーストラリアなどでも感染した症例が見つかったとのことで、
世界的に同時株安となる可能性すら出てきています

また中国政府が発表しているデータがそもそも正しい情報なのかどうかも疑われており、
今後さらに悪材料が出る可能性もあることで、
その恐怖心から全体的にリスクオフ相場となっている状況です。

このように、やはり多くのトレーダー、投資家は、
過去の事例などを元に、
売買判断を下していくことが非常に多い
です。

逆に今回の新型コロナウイルスの感染拡大の影響によって、
それらに付随する医療器具メーカーやマスクを生産している企業などの株価は、
大きく上昇しています。

このように、全ての株価がリスクオフによって下落しているわけではなく、
同じ要因でも大きく上昇している相場も同時にあるということです。

このように、何か大きな出来事が発生した時に、
瞬時にどの相場では上昇するのか、
またどの相場では下落するのかを把握しておけば、
リスクを回避し、逆に大きく儲けるチャンスとなることが多いです。

今回の新型コロナウイルスによって死者も出ている以上、
これらを利用してお金儲けするのは非人道的だと思われてしまうかもしれませんが、
これが相場の世界です。

リーマンショックのような相場が来た時に、
株価が大きく下落してドル円相場が下落すれば、
輸出企業にとってマイナスとなります。

それによってさらに企業はリストラを決行したり、
内定取り消しなどをすると分かっていても、
やはり僕たちトレーダーは、
売って儲けていくことになります。

世界規模で重大な出来事があったときに取るべき行動は

また今回のように何か大きな出来事があった時に、
損失を出すのではなく、逆に利益を出していくためには、
やはり過去の事例をよく見ておく必要があります。

その時の相場がどうなったのか、
大衆はどう動いたのかなどを把握しておく
ことで、
利益に繋げていけるようになります。

過去を知ることで、未来を予想するわけです。

SARSが蔓延した時はマスクが飛ぶように売れたという過去を知っていれば、
今回の新柄コロナウイルスが蔓延しそうな時は、
マスクに関する銘柄が上昇すると予想できます。

また同じように、
上海株や香港株が大きく売られたという事実を知っていれば、
中国株を買うのを控えたり、
あるいは売ることを考えることができるようになります。

もちろんだからといって、
過去に起きたことが今後も同じような動きをするとは限りません。

SARSが発生した2003年当時と、
現在新型コロナウイルスが発生している2020年では、
やはり経済的背景や、世界のパワーバランス、
また医療技術そのものも当然違ってきます。

そのため、過去と同様のことが起きたからといって、
必ずしも同じ動きをするとは限りません。

しかし、少なくとも過去の事例を知っておくことで、
ある程度の予想を立てることも可能です。

そんな中でどうしていけばいいのかと言いますと、
過去の事例はあくまでもひとつの可能性として考えておき、
目の前の相場を注視することが非常に重要になってきます。

過去の事例を知らずして、目の前の相場に注目し、
予想も何も無い状態で相場を見てしまうと、
やはり対応が遅れてしまいます。

過去の事例を知っておくことで、
ある程度過去と比較しながらも、
目の前の相場を見ていくことで、
落ち着いて冷静に判断していける
ようになります。

だからこそ、僕自身は、
過去の事例をしっかりと調べておきながらも、
実際にトレードをする時は、
あくまでも目の前の相場を重要視しながらトレードをしています。

そのようなことから、FXにおいても、
過去検証はしっかりとしつつも、
あくまでも目の前で起きていることを
重要視してトレードしているわけです。

過去検証のデータのみに従ってトレードすると、
世の中のEAの大半が途中で使えなくなってしまうのと同様に、
上手くいきません。

逆に目の前の相場だけしか見ずにトレードをしてしまうと、
傾向も癖も何も分からないまま
何のデータにも基づかずにトレードすることになり、
ただの感情トレードになってしまいます。

過去検証をしつつも、そのデータに縛られるのではなく、
あくまでも参考事例として捉えて、
あくまでも目の前の相場を意識しながら
トレードをすることが非常に重要
になってきます。

さて今後は、新型コロナウイルス以外にも、
米欧間の貿易協議や、EU離脱後のイギリス経済など、
様々な要因が控えていますが、

常に過去の事例を元に、
目の前の相場を最重要視していくことで、
今後どのような相場になっても、
乗り越えていける
ようになっていきます。

以上、何か参考になれば幸いです。

最後にあなたへのメッセージ

現在、私はアジアやアフリカの貧困解決のため、
社会起業家としても活動しており、
将来はこの貧困問題を解決したいという夢を持っています。

そのため、日本でも成功するトレーダーを輩出することで、
私と一緒に貧困問題を解決する仲間を増やしていけたら、という考えのもと、
こうしてクロスリテイリングさんに協力して、投資知識の発信をしています。

特に、私が常日頃からお伝えしていることですが、
相場というものは常に変化をしているので、
それにあわせてトレーダー自身も常に継続学習していく必要があります。

FXの基礎はもちろんですが、投資家として成長し続けるためにも
やはり日々の学習を積み重ねていくというのは欠かせないものになるのです。

こうした考えはFX-Jinさんをはじめ、クロスリテイリングさんでも
大切している理念であることを知り、そこに私自身も共感しました。

ぜひ皆さんも、トレーダーとして大切な継続学習について、
まずは私の記事を通じて参考にしていってもらえたらと思います。

さらに、私のとうし科!!でお届けする記事のほかに、
皆さんにオススメするマル秘プロジェクトがあります。

投資を通じて幸せを掴みたいと考えている方に
ぜひとも学んでもらいたい内容が詰まった自慢のプロジェクトです。

こちらの動画は、そのプロジェクトの中で私が紹介している手法を
実際に使用したトレード動画で、直接私から解説もさせてもらっています。

【北田夏己のトレード動画】

このマル秘プロジェクトは、FX初心者でも簡単に学べる内容です。
つまり、これから投資を始めたいと考えている人がスタートを切るのにも
適したプロジェクトであるといえます。

今なら、期間限定で「無料」にて受講することができてしまいます。
無料で私のロジックのノウハウを
学ぶことができるチャンスは、早々ありません。

すでに、実際にこのプロジェクトを通じて
資産を増やしている方はたくさんいます。

私のように、お金を稼いだ先に叶えたい夢をお持ちの方は、
ぜひともメールアドレスをご登録いただき、
無料のプロジェクトにご参加ください。

勝利の黄金シグナル

この記事を書いた人のプロフィール

kitada

北田夏己

トレンド・レンジの両方から利益を上げる「ダブルロジック」を開発し、あらゆる場面をお金に変える相場の魔術師。年間5000万円の利益を、安定的に上げ続け、トレーダー界では伝説的な存在として知られている。

詳細プロフィールへ

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 北田夏己
  4. コロナウイルスの感染拡大は相場にどう影響するか

PAGETOP