1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 北田夏己
  4. コロナ相場に明るい兆し!? 次の一手を考える注目の材料とは

コロナ相場に明るい兆し!? 次の一手を考える注目の材料とは

コロナ相場に明るい兆し!? 次の一手を考える注目の材料とは

こんにちは、北田です。

先週も、新規感染者数が増加しており、
さらにそんな中、九州地方を中心とした豪雨で甚大な被害が出ているとのことで、
引き続き、お気をつけてお過ごしくださいませ。

ただ新規感染者数の増加に関しては西村経済再生担当大臣が言うように、
PCR検査の数が増えたことや、また重症化しているケースも少なく、
医療崩壊するような状況には至っていないということから、
4月のような状況とは異なり、あまり過度に悲観するようなものでもないように思います。

また週末近くには、
アメリカの製薬大手のギリアド・サイエンシズが、
コロナ治療薬であるレムデシビルを使用したところ、
死亡率を低下させることが分かったという発表をしました。

さらに、アメリカの製薬大手のファイザーも
ワクチンを年内に使用申請するという見方も示したこともあり、
良い材料も出てきておりますので、期待したいところです。

そんな中、相場の方では、
やはり東京の新規感染者数の増加の報道によって、
日経平均株価が下落、ドル円も下落する相場となる場面も見られましたので、
やはり相場に関わる以上、
この新規感染者数の動向には目を光らせておく必要もあります。

そしてアメリカでも、新規感染者数が大幅に増加しており、
特にフロリダやテキサス、アリゾナ州では、
経済の成長見通しが引き下げられ、
やはり今後の経済回復は、ウイルス次第となりそうな面もあります。

ただ経済指標としては、先週の新規失業保険申請件数、
失業保険継続受給者数ともに予想よりも良好な数字が出ており、
住宅価格関連指数も良い数字が続いていることから、
米政府の財政政策、金融政策が効果を表しているとも言えます。

そして11月に控えている米大統領選挙に関しては、
バイデン氏が、トランプ氏に対して20ポイントもリードをしています。

そのバイデン氏の政策として、法人税の引き上げや、
金融の規制強化等を主張していることからも、
今後は景気回復の遅れや、金融政策の後退等が見られるリスクもあるため、
楽観視はできない状況でもあります。

そして今後の相場に関してですが、
アメリカの新規感染者数の増加によって再度の経済制限等となった場合は、
米国株の下落、米国債や金や円等の安全資産への買いが入り、
その結果、現在安全資産と位置付けられているドルにも買いが入る可能性があります。

ただこの場合は、ゼロ金利政策は維持されると考えられますので、
同時にドル売り動意となり、
その結果円買い圧力によって、
ドル円は下落していくことが考えられます。

逆に、このまま経済優先とし、米国株が上昇していけば債券や円等が売られ、
リスク資産のドルも売られることが考えられ、同時に円も売られる状態になり、
そして債券利回りは上昇することで、ドル買い動意も入り、
結果的にはドル円は上昇していくことが考えられます。

これらのことから、現在は、米国株が上昇したからドル円の上昇、
米国株が下落したからドル円は下落すると考えるのではなく、
ドルが買われるのかどうか、そして債券はどう扱われるのかなどを考えていくことで、
今後ドル円という通貨ペアがどのように動いていくかが分かるようになってきます。

案の定、先週末の相場では、
ウイルスに対する治療約やワクチンに対しての良好な材料が出たことで、
米国株は大きく上昇、そしてリスクオンのドル売り動意となり、
ドル円は大きく下落しました。

これらの動向をトレード前に確認していくことで、
ドル円の方向性を予め決めながらポジションメイクしていくと、
より効率の良いトレードができるようになっていきます。

そして今週は、日銀、ECB、カナダ中銀で金融政策の発表があります。

日銀に関しては、現状維持が予想されており、
ECBに関しても、政策金利は据え置きの予想ですが、
やはり緊急国債購入プログラムがどうなるのかには注目する必要があります。

また同時にユーロ圏ではEUサミットも控えており、
欧州復興基金で合意されるかどうかが、
今週のユーロの最大のテーマになってきます。

もし合意に至らなければ、
大きなユーロ売りの相場となる可能性もあるため、
ユーロ絡みの通貨ペアを扱う時は注意が必要です。

また週末アメリカが、
フランス製品に対して25%の関税を発動するとの報道も入り、
フランスによる報復等の内容によっても、
またユーロが大きく売買される可能性もあります。

ポンドに関しては、イギリス政府がパンデミック復興政策を発表したことで、
ポンド買いが見られていましたが、
やはりEUとの協議では、難航していることが改めて浮き彫りとなったことで、
週末はポンド売りも見られました。

引き続き、EU間との交渉によって、
ポンドの方向性が変わってくると考えられます。

これらのことから、
現在の相場では様々なファンダメンタルズ要因が重なって複雑に動いていますが、
一つ一つ紐解いて見ていけば、おのずと今自分は何をするべきか、
どうにしたら自分に効率の良いトレードができるかが分かってくるようになります。

その為には、日々のニュースと相場の関連性を常にチェックしながら見ていくことで、
相場勘が養われていくようになり、
自然と良い成績が残せるようになっていきます。

以上、何か参考になれば幸いです。

最後にあなたへのメッセージ

現在、私はアジアやアフリカの貧困解決のため、
社会起業家としても活動しており、
将来はこの貧困問題を解決したいという夢を持っています。

そのため、日本でも成功するトレーダーを輩出することで、
私と一緒に貧困問題を解決する仲間を増やしていけたら、という考えのもと、
こうしてクロスリテイリングさんに協力して、投資知識の発信をしています。

特に、私が常日頃からお伝えしていることですが、
相場というものは常に変化をしているので、
それにあわせてトレーダー自身も常に継続学習していく必要があります。

FXの基礎はもちろんですが、投資家として成長し続けるためにも
やはり日々の学習を積み重ねていくというのは欠かせないものになるのです。

こうした考えはFX-Jinさんをはじめ、クロスリテイリングさんでも
大切している理念であることを知り、そこに私自身も共感しました。

ぜひ皆さんも、トレーダーとして大切な継続学習について、
まずは私の記事を通じて参考にしていってもらえたらと思います。

さらに、私のとうし科!!でお届けする記事のほかに、
皆さんにオススメするマル秘プロジェクトがあります。

投資を通じて幸せを掴みたいと考えている方に
ぜひとも学んでもらいたい内容が詰まった自慢のプロジェクトです。

こちらの動画は、そのプロジェクトの中で私が紹介している手法を
実際に使用したトレード動画で、直接私から解説もさせてもらっています。

【北田夏己のトレード動画】

このマル秘プロジェクトは、FX初心者でも簡単に学べる内容です。
つまり、これから投資を始めたいと考えている人がスタートを切るのにも
適したプロジェクトであるといえます。

今なら、期間限定で「無料」にて受講することができてしまいます。
無料で私のロジックのノウハウを
学ぶことができるチャンスは、早々ありません。

すでに、実際にこのプロジェクトを通じて
資産を増やしている方はたくさんいます。

私のように、お金を稼いだ先に叶えたい夢をお持ちの方は、
ぜひともメールアドレスをご登録いただき、
無料のプロジェクトにご参加ください。

勝利の黄金シグナル

この記事を書いた人のプロフィール

kitada

北田夏己

トレンド・レンジの両方から利益を上げる「ダブルロジック」を開発し、あらゆる場面をお金に変える相場の魔術師。年間5000万円の利益を、安定的に上げ続け、トレーダー界では伝説的な存在として知られている。

詳細プロフィールへ

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 北田夏己
  4. コロナ相場に明るい兆し!? 次の一手を考える注目の材料とは

PAGETOP