1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 北田夏己
  4. ファンダメンタルズ要因から、注目すべき通貨を導き出す

ファンダメンタルズ要因から、注目すべき通貨を導き出す

ファンダメンタルズ要因から、注目すべき通貨を導き出す

こんにちは、北田です。

日本では今年も大災害の爪痕を残した梅雨の後、
次は猛暑日が続いているようで、
熱中症等には十分にお気をつけてお過ごし下さいませ。

アメリカの近況

さて先週の米雇用統計では、
非農業部門雇用者数、失業率ともに予想よりも良好な数字が出ましたね。

雇用統計発表の2日前に、
民間企業が統計しているADP雇用統計では、
予想よりも悪い数字が出たため、
また新規失業保険申請件数もここ2週間程は増加傾向にあったことから、
今回の雇用統計は悪い数字が出てくる予想が多い状況でした。

そんな中での予想を上回る良好な数字だったことで、
ポジティブサプライズとなり、ドル買い動意の相場となりました。

ただ依然として、新型コロナウイルスの拡大は止まらず、
米議会での追加経済対策に関する協議も難航しており、
さらに米中関係も悪化していること等から、
長期的に見てドルを思い切って買っていけるような状況ではないと考えています。

既にアメリカでは、失業給付金や家賃補助に関する給付等が停止しており、
これらに対しての暫定措置を打ち出すための
大統領令を発動することも示唆されており、
ますます与野党の協議が長引くことを示しています。

またトランプ政権は、TikTokを運営している中国企業のバイトダンス、
WeChatのテンセントに対して売却を求めており、

応じない場合は、アメリカでの運営を禁止するという大統領令に署名し、
さらに香港の林鄭月娥行政長官に対する制裁も検討しているということで、
ますます米中対立が激化していっている状況です。

またアメリカのアレックス・アザー保健福祉長官が
台湾に訪問するとも発表しており、
当然中国は猛反発しているわけですが、
これに関しても、ひと悶着ありそうです。

そしてそんな中、今月15日に米中間で、
第1段階の貿易協定の進捗状況の確認を行う予定になっております。

もしそこで何か問題が発生し、
第1段階貿易協定が解消された等のようなことになれば、
ますます米中関係悪化、そして経済悪化に繋がっていく可能性もある為、
日米ともに急な株価下落やドル売り動意となることも想定しながら
今後もトレードをしていく必要がありそうです。

ユーロに影響を与える中国とイタリアの関係性

その反面、ユーロはここ最近は大きく買われてきています。

現在米中関係が悪化している中、
中国はイタリアに接近しようとしています。

元々イタリアはコロナ発生前から財政悪化が続いており、
EUから是正するように指摘され続けてきていたこともあり、
医療費を大幅に削減してきていました。

そしてそのような状況の中で今回のコロナにより、
ICU不足となり、医療崩壊が発生し、
多くの方がお亡くなりになるという事態になりました。

そんな中、一足先にウイルスが収束した中国が、
イタリアに医療チームを送り込む等し、支援をしました。

もちろんイタリアで感染拡大した原因が、
イタリアはEU圏内で唯一、中国の一帯一路構想に加盟しており、
また中国からの投資を積極的に受け入れる等してきて、
多くの中国人が行き来していたということもあります。

2019年のイタリアの通貨危機の際もEU各国はイタリアを助けることをせず、
財政健全化を求めるだけしかしてこなかった背景もあり、
イタリアがEUから離れ、中国と蜜月の関係になるのも無理はありません。

またイタリア国民の約半数が、EU離脱を支持しており、
イタリアのEU離脱も時間の問題となっているような状況です。

このような背景の中で、
EUとしては、ファーウェイ排除の動きを決めたように、
EUから中国を追い出したい考えがあります。

そして先日合意された欧州復興基金設立に関してですが、
その後の中身を見てみますと、
総額7500億ユーロ規模のうち、
イタリアに対しては約2090億ユーロを配分することになっています。

またパンデミック緊急購入プログラム(PEPP)でも、
イタリア国債購入額は全体の21.6%になっており、
公的部門証券買い入れプログラム(PSPP)でも、
全体の債券額の4分の1近くをイタリア債が占めており、
EUとしては、イタリアを経済的に助け、
中国から引き離し合いという思惑が見え隠れします。

世界的にユーロに人気が集中する?

さてそんな中で、
現在アメリカは中国共産党幹部や党員含めて、
金融制裁を行っています。

現在中国は大量のアメリカ国債とドルを保有しているわけですが、
これが調達できなくなったり、ロックされたりしてしまう恐れがあります。

これは共産党幹部だけではなく、中国の富裕層も同様ですが、
中国にとっては、トランプ政権の金融制裁によって、
ドルは安心して持っていられる通貨では無くなってきています。

そこで、次に安心して世界的に信頼されている通貨である、
円やユーロに通貨を変える動きが出てきています。

ただ円になりますと、日本はやはりアメリカ側に付くこともあり、
また日中関係も悪化していることから、
中国にとってはリスクが高くなりますので、
やはりユーロが選択されていくことになります。

このような背景があり、
現在中国は、イタリア等EUから離れたい国を利用し、
EUに積極的に近づき、
そして通貨もドルを売って、ユーロを買うという動きになっています。

そしてこの動きは、中国以外でも、
トランプ政権が金融制裁をしている国や個人も
同様の動きをすることが予想されます。

今後アメリカの大統領選挙に向けて、
トランプ大統領の支持率が回復し、
トランプ大統領が再選可能性が高まっていけば、
ますますドルを売って、ユーロを買うという動きは
顕著になっていくでしょう。

このような背景があり、
現在はよりドルが売られ、
そしてユーロが選択されて買われているのではないかと見ています。

イギリスの近況

次にポンドに関してですが、先週は政策金利発表があり、
金利、資産購入プロブラム規模、共に据え置きとなりました。

またベイリー総裁が、
マイナス金利は当面実施する段階ではないと発言し、
またその後発表された7月建設業PMIでは、58.1と予想を上回る数値が出ており、
イギリス経済が回復傾向にあることが示されたこと等で、
ポンドが買われた相場となっていました。

そして個人的に注目していた日英協定も、
今月末までに大筋合意する見通しとなっています。

イギリスはEUを離脱したことによって、
各国と自由に貿易協定を結ぶことができるようになりました。

これは言わば、国が主権を取り戻したと同じくらい重要なことで、
イギリスにとっては非常にプラスに働きます。

またさらにイギリスはTPP参加も積極的に検討しており、
イギリス経済にとっても非常にメリットになります。

ちなみに私が住んでいるタイも、
TPP参加に意欲を示しています。

関税が無くなるか、ないしは低くなれば、
タイで日本製品が安く手に入るようになるかもしれないので、
個人的にも楽しみです。

イギリスに関して、このようなことが予想できた為、
私は長期的に見たらポンドは買われていくだろうと
これまで発信し続けてきましたが、
やはり今回の日英協定の大筋合意に関しても、
ポンド買い有利に動くと考えることができます。

以上、様々なファンダメンタルズ要因によって解説させて頂きましたが、
これからお盆に入っていくと、
通常以上に難しい相場になることが予想されます。

逆に9月以降は、
例年、1年を通して非常に大きく動くことの多い相場ともなります。

休む時はしっかりと休み、
分かりやすい相場だけを狙ってしっかりと利益を変えていくことで、
利益を積み増していきやすくなっていきます。

これから日本ではお盆に入っていき、コロナの影響等もあり、
例年とは違った休暇になるとは思いますが、
しっかりと休み、そして今年は大統領選挙を控えている年でもありますので、
大相場でもしっかりと利益を狙っていけるように、
それまで準備をすることで、
今年後半の成績も変わってくると思います。

それでは、良いお盆をお過ごし下さいませ。

以上、何か参考になれば幸いです。

最後にあなたへのメッセージ

現在、私はアジアやアフリカの貧困解決のため、
社会起業家としても活動しており、
将来はこの貧困問題を解決したいという夢を持っています。

そのため、日本でも成功するトレーダーを輩出することで、
私と一緒に貧困問題を解決する仲間を増やしていけたら、という考えのもと、
こうしてクロスリテイリングさんに協力して、投資知識の発信をしています。

特に、私が常日頃からお伝えしていることですが、
相場というものは常に変化をしているので、
それにあわせてトレーダー自身も常に継続学習していく必要があります。

FXの基礎はもちろんですが、投資家として成長し続けるためにも
やはり日々の学習を積み重ねていくというのは欠かせないものになるのです。

こうした考えはFX-Jinさんをはじめ、クロスリテイリングさんでも
大切している理念であることを知り、そこに私自身も共感しました。

ぜひ皆さんも、トレーダーとして大切な継続学習について、
まずは私の記事を通じて参考にしていってもらえたらと思います。

さらに、私のとうし科!!でお届けする記事のほかに、
皆さんにオススメするマル秘プロジェクトがあります。

投資を通じて幸せを掴みたいと考えている方に
ぜひとも学んでもらいたい内容が詰まった自慢のプロジェクトです。

こちらの動画は、そのプロジェクトの中で私が紹介している手法を
実際に使用したトレード動画で、直接私から解説もさせてもらっています。

【北田夏己のトレード動画】

このマル秘プロジェクトは、FX初心者でも簡単に学べる内容です。
つまり、これから投資を始めたいと考えている人がスタートを切るのにも
適したプロジェクトであるといえます。

今なら、期間限定で「無料」にて受講することができてしまいます。
無料で私のロジックのノウハウを
学ぶことができるチャンスは、早々ありません。

すでに、実際にこのプロジェクトを通じて
資産を増やしている方はたくさんいます。

私のように、お金を稼いだ先に叶えたい夢をお持ちの方は、
ぜひともメールアドレスをご登録いただき、
無料のプロジェクトにご参加ください。

勝利の黄金シグナル

この記事を書いた人のプロフィール

kitada

北田夏己

トレンド・レンジの両方から利益を上げる「ダブルロジック」を開発し、あらゆる場面をお金に変える相場の魔術師。年間5000万円の利益を、安定的に上げ続け、トレーダー界では伝説的な存在として知られている。

詳細プロフィールへ

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 北田夏己
  4. ファンダメンタルズ要因から、注目すべき通貨を導き出す

PAGETOP