1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 北田夏己
  4. 年末相場で勝つためには”ファンダメンタルズ分析”が不可欠

年末相場で勝つためには”ファンダメンタルズ分析”が不可欠

年末相場で勝つためには”ファンダメンタルズ分析”が不可欠

こんにちは、北田です。

先週は波乱万丈な相場となりましたね汗

まずは10月1日、
東証のアローヘッドでトラブルが発生し、
前代未聞の終日の株式売買停止となりました。

過去にもライブドアショックやジェイコム誤発注事件などで、
一時的に売買が停止されたことはありますが、
「終日」売買停止は初めてです。

ただ、大阪取引所の長期国債先物や株式先物は
取引が可能となっていたからなのか、
為替市場が大きく反応するようなことはありませんでした。

そして翌日2日の東京市場オープン時に、
なんとアメリカのトランプ大統領とメラニア夫人がともに、
新型コロナウイルスで陽性反応が出たというニュースも入ってきました。

これにより、日経平均株価、ダウ先物は大幅に下落し、
ドルも大きく売られることとなりました。

ただニューヨークタイムに入ると、
トランプ大統領の体調は良好だというニュースや、
現在アメリカの与野党で議論されている追加経済政策に関して、
合意期待が広がるようなニュースも入ったことで、
NYダウとしては、一時大きく下落したものの、その後は戻し、
ドル円市場でも下値を切り上げた相場となっていました。

そんな中で、雇用統計も発表され、
非農業部門雇用者数は予想を下回った数値が出てきましたが、
失業率に関しては、予想よりも低い数値が出たことで、
これによって市場が大きな反応を見せることはありませんでした。

そしてこれを執筆している週末に、
トランプ大統領が、高熱で入院したというニュースも入ってきており、
大統領選まで残り1ヵ月を切っている中で、
今後の大統領選に大きく影響を残しそうです。

今後の展望を考えるならば、
トランプ大統領が2週間の隔離期間を得て復活することで、
コロナに打ち勝った大統領、アメリカの医療は偉大だという印象を国民に与え、
逆に支持率がアップし、選挙戦に有利だという見方もできます。

ただ逆に、体調が悪化ということになれば、
大統領職を務めることができるのかや、
大統領選挙に大ダメージを与えることになり、
バイデン大統領の誕生となる可能性もあります。

4年前の選挙でもそうでしたが、
選挙結果と相場の予想が180度異なることになることも十分にあります。

4年前は、ヒラリー氏が優勢で、
もし万が一トランプ氏が勝利すれば、
株価は大きく下落すると見られていたところ、
トランプ氏が勝利し、株価は大きく上昇していきました。

今回もトランプ大統領が勝利すれば株価は上昇、
バイデン氏が勝利すれば、株価は下落すると見られており、
また大方トランプ大統領が再選されるのではないかと見られてはいますが、
これもやはり4年前と同様にどうなるか分かりません。

そしてこの鍵を握るのが、
トランプ大統領の体調次第ということになってきそうです。

今後はトランプ大統領の体調に関する報道や、
復帰時期などが敏感に反応して相場が動いていくのではないかと考えています。

そして気になるテレビ討論会の日程ですが、
予定としては、

・第2回目:10月15日(木)
・第3回目:10月22日(木)

となっています。

今のところ、遠隔で開催するか、
あるいは延期という話も出始めています。

この内容によっても、やはり相場を動かしそうなので、
注意して見ていく必要があります。

また今回、議論となっている郵便投票に関してですが、
選挙結果が遅れるのではないかという見方も広がっています。

選挙の投票日は11月3日(火)となっていますが、
結果が数日遅れる可能性も出始めてきています。

また逆に、激戦州のアリゾナ州、フロリダ州では、
投票日前から集計を開始する予定になっており、
早めに結果が分かる見通しです。

このようなことから、トレードをするにあたって、
大統領選挙の11月3日だけ気をつけていればいいわけではなく、
その前後の日も、非常に大きなボラティリティとなる可能性もありますので、注意が必要です。

一方、イギリスとEUとの通商交渉に関しては、
依然として難航が続いているものの、
ドイツのメルケル首相が、交渉に関して楽観的な姿勢を示し、
一時的にユーロやポンドが買われる場面も見られていました。

ですが、やはりEUのバルニエ首席交渉官やイギリスのフロスト対EU交渉担当者は、
悲観的な姿勢を改めて示したことで、
再度のユーロ売り、ポンド売りの相場となりました。

ユーロやポンドに関しても、重要な局面に差し掛かっていますので、
今後よりボラティリティの広がった相場となりそうです。

ということで、アメリカもユーロ圏もイギリスも、
特にこれから年末にかけて非常に重要な時期に入っていき、
それに伴って、相場も大きく動いていくことが予想されます。

テクニカル分析も重要ですが、
今の相場ではファンダメンタルズ分析無くして
勝つのは非常に難しい状況です。

ぜひどの手法を使っている方も、
今後はファンダメンタルズも意識してトレードしてみて下さい。

以上、何か参考になれば幸いです。

最後にあなたへのメッセージ

現在、私はアジアやアフリカの貧困解決のため、
社会起業家としても活動しており、
将来はこの貧困問題を解決したいという夢を持っています。

そのため、日本でも成功するトレーダーを輩出することで、
私と一緒に貧困問題を解決する仲間を増やしていけたら、という考えのもと、
こうしてクロスリテイリングさんに協力して、投資知識の発信をしています。

特に、私が常日頃からお伝えしていることですが、
相場というものは常に変化をしているので、
それにあわせてトレーダー自身も常に継続学習していく必要があります。

FXの基礎はもちろんですが、投資家として成長し続けるためにも
やはり日々の学習を積み重ねていくというのは欠かせないものになるのです。

こうした考えはFX-Jinさんをはじめ、クロスリテイリングさんでも
大切している理念であることを知り、そこに私自身も共感しました。

ぜひ皆さんも、トレーダーとして大切な継続学習について、
まずは私の記事を通じて参考にしていってもらえたらと思います。

さらに、私のとうし科!!でお届けする記事のほかに、
皆さんにオススメするマル秘プロジェクトがあります。

投資を通じて幸せを掴みたいと考えている方に
ぜひとも学んでもらいたい内容が詰まった自慢のプロジェクトです。

こちらの動画は、そのプロジェクトの中で私が紹介している手法を
実際に使用したトレード動画で、直接私から解説もさせてもらっています。

【北田夏己のトレード動画】

このマル秘プロジェクトは、FX初心者でも簡単に学べる内容です。
つまり、これから投資を始めたいと考えている人がスタートを切るのにも
適したプロジェクトであるといえます。

今なら、期間限定で「無料」にて受講することができてしまいます。
無料で私のロジックのノウハウを
学ぶことができるチャンスは、早々ありません。

すでに、実際にこのプロジェクトを通じて
資産を増やしている方はたくさんいます。

私のように、お金を稼いだ先に叶えたい夢をお持ちの方は、
ぜひともメールアドレスをご登録いただき、
無料のプロジェクトにご参加ください。

勝利の黄金シグナル

この記事を書いた人のプロフィール

kitada

北田夏己

トレンド・レンジの両方から利益を上げる「ダブルロジック」を開発し、あらゆる場面をお金に変える相場の魔術師。年間5000万円の利益を、安定的に上げ続け、トレーダー界では伝説的な存在として知られている。

詳細プロフィールへ

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 北田夏己
  4. 年末相場で勝つためには”ファンダメンタルズ分析”が不可欠

PAGETOP