1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 北田夏己
  4. 米国大統領選挙から見る為替相場の展望

米国大統領選挙から見る為替相場の展望

米国大統領選挙から見る為替相場の展望

こんにちは、北田です。

今週はいよいよ、イギリスとEUとのFTA交渉期限を迎えますね。

EU側としては、交渉を継続したい意向を示してはいますが、
イギリスのジョンソン首相は、15日までに合意できなければ、
交渉は打ち切ると断言しています。

そして先週末にフロストイギリス首席交渉官と協議をしていた、
バルニエEU首席交渉官が、協議の進展が無い状態で、
早々にブリュッセルに帰国した通り、
協議はいまだに難航している状態が続いています。

ただ過去の流れを見ても、
恐らく何らかの合意、ないしは、延期をするのではないかという期待感もあり、
また先週末から市場にもそのような流れが現れ始めてきたので、
ギリギリになってなんらかの進展があるかもしれません。

またイギリス国内では、
スナク財務相が従業員給与の最大3分の2の支援。

また6ヵ月間の雇用支援を発表したことで、
ポンド買いとなる場面も見られていましたが、
8月のGDPが+2.1%と予想以上に伸びが鈍化。

改めて新型コロナウイルスの再拡大による経済ダメージが証明されたことで、
ポンド売りの相場ともなっており、
乱高下した動きとなることの多い相場となっていました。

このような状況下の中で、今週交渉期限を迎えることになるので、
今週は特にポンド絡みの通貨ペアの扱いには注意が必要です。

そしてアメリカでは、
同じく10月15日に第2回大統領候補討論会が行われる予定になっています。

ただ今回はバーチャルで行われるということで、
トランプ大統領が参加を取りやめる意向を示すなど、
またひと悶着ありそうです。

相場の方に関してですが、
まず全体的な相場の雰囲気が、
9月30日に行われた米大統領選の第1回テレビ討論会から、
どうやら流れが変わってきたように思います。

元々、減税を訴えているトランプ大統領が勝利すれば、リスクオンで株高、
増税を訴えているバイデン氏が勝利すれば、リスクオフの株安
というのがコンセンサスでした。

しかしこの討論会後、バイデン氏が支持率を伸ばしており、
またトランプ大統領がウイルスに感染したことで、
ツイッターで連続投稿するなど、焦りが見られているからなのか、
支持率を下げているようにも見えます。

そして、そんな中で、
雰囲気的に、バイデン氏が勝利すれば、
リスクオンの株高になっていくような相場になってきました。

バイデン氏に有利な報道が出ると、
その日は株高で終えるなど、
どうやら、バイデン氏が勝利しても、
株高にいくような雰囲気となってきました。

バイデン氏の政策を良く見てみると、
確かに増税を訴えてはいますが、
それ以上に財政支出をする政策を掲げています。

増税に関しては4兆ドルを見込んでおり、
その反面、財政支出に関しては、7兆ドル規模を訴えています。

そしてこの7兆ドルの財政支出の内訳は、
医療、育児、教育、介護、社会保障、
またクリーンエネルギーなどを見込んでおります。

バイデン氏の政策は増税ばかりが目立っていますが、
実はそれ以上に財政支出をすることが分かり、
結果的に、それがアメリカ国民やまた金融界からも経済に
プラスに働くと見られているのではないかと思います。

トランプ大統領の減税政策は、アベノミクスと同様に、
大企業に対して減税をすることで、
それが波及して中小企業や個人にも恩恵がいく、
いわゆるトリクルダウン形式を取っています。

しかし、今回のコロナの影響を受けて、
中小企業や個人が大ダメージを受け、
あまり恩恵を受けることができていない状況になっています。

そんな中で、GAFAMなど、大手企業が大減税を受け、
莫大な利益を手にしている状況を見ていると、
大企業から税金を取って、多くの財政支出を打ち出す政策を掲げている、
バイデン氏に多くの国民が傾いていくのが分かります。

そして株価を見ても、
S&P500のうち、GAFAMを抜かした残り495社で見ると、
S&P500が年初来で10%以上の上昇を見せる中、
残りの495社で見ると、実はほとんど上昇を見せていません。

このように見ていくと、コロナ渦の相場で、
一見株価が大きく復活しているように見えても、
結局は、GAFAM等の大手企業が伸びているだけで、
それ以外の会社ではあまり復活していないことが分かります。

そうなると、やはりトランプ大統領の、
トリクルダウン政策で恩恵を受けていない人が圧倒的に多いと判断できます。

また大手企業に対して不満を持つ人たちが増え、
特にコロナ渦の中で、それが顕著になり、
そういった層がバイデン氏に傾いていっているのではないかと見ることができます。

そして仮にバイデン氏が勝利したとしても、
今のコロナ渦の中で、すぐに増税することは考えにくく、
まずは、財政支出を優先して行うことが考えられます。

そうなった時は、国民全体が生活面等で恩恵を受けることで、
結果的には株高になっていくのではないかというシナリオも考えることができます。

このように見ていくと、
元々バイデン氏勝利でリスクオフの株安になると見られていたところ、
増税以上に財政支出を行うことが期待視されていることもあり、
バイデン氏有利でも株高に触れるような相場となってきています。

また同時に、現在与野党で救済策が議論されていますが、
先週末、トランプ大統領が
航空会社支援、中小企業支援などを含む
修正経済対策案を承認することになりました。

ただ民主党側は、2.2兆ドル規模の救済策案を変更することは考えにくく、
大統領選挙前の合意は難しい状況になりつつあります。

これらの進展によっても、相場は大きく動いていくでしょう。

そんな中で、為替市場に視点を合わせると、
現在リスクオン時には、安全通貨のドルは売られることになり、
同時に円売りも見られ、
ドル円としては、やはり方向感の無い相場が続くのではないかと思います。

次にユーロに関しては、
先週のECB理事会の議事要旨で
ユーロが急激に上昇していることに関して、
油断してはならないとの考えで合意したことが明らかになり、
いわばユーロ高けん制となりました。

さらに12月に追加緩和策を実施する可能性も浮上してきております。

またフランスでは、1日の新規感染者数が18000人を超える等、
過去最大数を更新しており、
スペインでは、首都マドリードで緊急事態宣言が発令されることになったように、
EU圏内でコロナの再拡大が広がっています。

このような状況下の中で、
少なくとも、ユーロを買っていけるような相場ではなくなったと考えています。

ということで、特に今週はイギリスとEUとのFTAの交渉期限、
そしてアメリカ大統領選挙の第二回討論会が予定されており、
相場が急変動することも可能性としてはあります。

このような相場の時は、
資金管理に関していつも以上に気をつけることはもちろんのこと、
いくらトレンド方向にトレードしたとしても、
ファンダメンタルズ要因によって簡単に逆行してしまうことが考えられます。

長期でポジションを持つのではなく、
短期でトレードしていき、
10pips、20pipsを着実に取っていくスタイルの方が
上手くいくでしょう。

資金を守りつつも、利益を取るべき箇所ではしっかりと着実に取っていくことで、
このような相場も乗り越えていけるでしょう。

以上、何か参考になれば幸いです。

最後にあなたへのメッセージ

現在、私はアジアやアフリカの貧困解決のため、
社会起業家としても活動しており、
将来はこの貧困問題を解決したいという夢を持っています。

そのため、日本でも成功するトレーダーを輩出することで、
私と一緒に貧困問題を解決する仲間を増やしていけたら、という考えのもと、
こうしてクロスリテイリングさんに協力して、投資知識の発信をしています。

特に、私が常日頃からお伝えしていることですが、
相場というものは常に変化をしているので、
それにあわせてトレーダー自身も常に継続学習していく必要があります。

FXの基礎はもちろんですが、投資家として成長し続けるためにも
やはり日々の学習を積み重ねていくというのは欠かせないものになるのです。

こうした考えはFX-Jinさんをはじめ、クロスリテイリングさんでも
大切している理念であることを知り、そこに私自身も共感しました。

ぜひ皆さんも、トレーダーとして大切な継続学習について、
まずは私の記事を通じて参考にしていってもらえたらと思います。

さらに、私のとうし科!!でお届けする記事のほかに、
皆さんにオススメするマル秘プロジェクトがあります。

投資を通じて幸せを掴みたいと考えている方に
ぜひとも学んでもらいたい内容が詰まった自慢のプロジェクトです。

こちらの動画は、そのプロジェクトの中で私が紹介している手法を
実際に使用したトレード動画で、直接私から解説もさせてもらっています。

【北田夏己のトレード動画】

このマル秘プロジェクトは、FX初心者でも簡単に学べる内容です。
つまり、これから投資を始めたいと考えている人がスタートを切るのにも
適したプロジェクトであるといえます。

今なら、期間限定で「無料」にて受講することができてしまいます。
無料で私のロジックのノウハウを
学ぶことができるチャンスは、早々ありません。

すでに、実際にこのプロジェクトを通じて
資産を増やしている方はたくさんいます。

私のように、お金を稼いだ先に叶えたい夢をお持ちの方は、
ぜひともメールアドレスをご登録いただき、
無料のプロジェクトにご参加ください。

勝利の黄金シグナル

この記事を書いた人のプロフィール

kitada

北田夏己

トレンド・レンジの両方から利益を上げる「ダブルロジック」を開発し、あらゆる場面をお金に変える相場の魔術師。年間5000万円の利益を、安定的に上げ続け、トレーダー界では伝説的な存在として知られている。

詳細プロフィールへ

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 北田夏己
  4. 米国大統領選挙から見る為替相場の展望

PAGETOP