1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 北田夏己
  4. 迫る大統領選と、本当に注目するべき”ポイント”

迫る大統領選と、本当に注目するべき”ポイント”

迫る大統領選と、本当に注目するべき”ポイント”

こんにちは、北田です。

いよいよ来週はアメリカの大統領選挙ですね。

各世論調査で、激戦州はバイデン氏が優勢と報じられていますが、
2016年の大統領選挙の時のように、
大方の予想を覆しての結果になることも十分にありますので、
まだまだ結果がどうなるかは分からない状態です。

前回の大統領選挙では、ヒラリー氏が優勢とされていたところ、
私用メール疑惑が浮上したことや、
隠れトランプ支持者が思いの他居た等の要因で、
トランプ氏が逆転勝利という形になりました。

現在はバイデン氏のウクライナ疑惑が浮上してきており、
これは、バイデン氏とウクライナ企業の幹部は
会ったことが無いと言っていたところ、
次男のハンター・バイデン氏のパソコンから、
実際には会ったことがあるような内容のものが出てきており、
疑惑が広がっていることとなっています。

今回はこれがダメージとなって、
2016年の時のように、
やはりトランプ大統領が逆転勝利するのか、
それとも、このままバイデン氏が勝利するのかが注目されていますね。

ただ今回は特に女性の中で、トランプ離れが加速しており、
前回のようにはいかないのではないかという考えもあり、
まだまだ不透明な状況が続きそうです。

さてその上で、このような状況下の中で
相場をどのように見ていけばいいのかと言いますと、
現在の市場では、極端なことを言うと、
どちらが大統領になろうとも、
財政救済策が今後どれくらいの規模で継続されるかどうかの方が
注目されていると言えます。

民主党が2.2兆ドル規模の財政支出を示しているところ、
共和党としては2兆ドルを超える支出には反対しており、
それに対して株価はバイデン氏が優勢になることで株が買われる傾向にあります。

ただ、もし上院で共和党議員が勝利することになれば、
結局この財政支出案もスムーズに可決していかないことになりますので、
株価としては、これ以上の上昇は見込めなくなります。

逆にトランプ大統領が勝利し、
さらに、共和党が民主党案の財政支出に歩み寄りを見せ、
財政支出の規模が拡大となれば、
それはそれで株高になる傾向にあるでしょう。

現状トランプ大統領が勝利し、
さらに上下両院ともに共和党が勝利する、
いわゆるトリプルレッドになる可能性はほぼ無いに等しい状態です。

逆にバイデン氏が勝利し、
上下両院ともに民主党が勝利する、
いわゆるトリプルプルーになる可能性の方がまだ高いです。

そうなると、バイデン氏が勝利した方が、
財政支出がスムーズに進み、
また大規模になる可能性が高くなります。

ただ上下どちらかが共和党が制した場合は、
日本でいうと、ねじれ国会状態となり、
財政支出も思うように進まないことも考えられます。

そしてその鍵を握るのが、民主党のペロシ下院議長ではないでしょうか。

選挙戦のことを考えると、
選挙前までに彼女が共和党に歩み寄りを見せることはほぼ無いでしょうが、
共和党が歩み寄りを見せた場合に、
戦局が一気に変わり、相場も大きく変動するでしょう。

このように見ていくと、
市場としては、結局どちらが大統領になるか、というよりも、
財政支援策がスムーズに進むかどうか、
また規模がどれくらい大きいものが期待できるかどうかで、
動いている状態と言えます。

ですので、特に来週にかけての相場は、
どちらが大統領になるかよりも、
現在議論が難航している、財政救済策の行方に注目して相場を見ていくと、
自ずと自分がどのようなトレードをしていけばいいのかの手がかりが
見つかっていくようになります。

また今回の大統領選挙は、郵便投票による遅れによって、
大統領が決まる時期が遅れる可能性もありますので、注意が必要です。

一方欧州では、イタリアやフランスでは、
新型コロナウイルスの1日当たりの
新規感染者数が過去最大を更新するほど、感染が再拡大しています。

そんな中で、イギリスとEU間との通商交渉も
協議が再開されたとは言え難航しており、
これらによる報道等によって、ポンド、ユーロが大きく売買されています。

現在は漁業権問題を巡って議論がなされており、
これまで特にフランスのマクロン大統領が反対を示してきていましたが、
今後妥協する可能性も浮上してきており、
今後のイギリスとEU間との交渉はマクロン大統領がキーパーソンとなりそうです。

現状は年内には何らかの形で合意するだろうという思惑から、
ユーロやポンドは底堅い状況です。

一方でまずユーロに関しては、
ECBが12月にパンデミック資産購入プログラムの拡大の思惑が広がっています。

またポンドに関しても、
イギリスでもさらなる追加緩和策が浮上してきています。

これらの要因によってユーロ、ポンド共に
上値を抑えられる展開になることも考えられますので、
少なくとも、ユーロやポンドを積極的に買っていけるような場面には
当面ならないと考えています。

以上、直近の相場をまとめてみましたが、
現状ドルにしても、ユーロ、ポンドにしても、
ファンダメンタルズ要因1つで
大きく方向感が変わるような相場状況になっています。

こういった時は、ポジションを長期で持つのではなく、
短期で利益をこまめに取っていく戦略が有効でしょう。

またテクニカル分析を過信せず、
ファンダメンタルズ要素から、
現在どの通貨ペアのどの時間帯でトレードするのが効率的なのか、
逆にトレードすべきでない時間帯や通貨ペアの選定等をすることで、
より上手く利益を積み上げていくことが可能になっていきます。

さて、来週はいよいよ
今年1番の大イベントとも言ってもいい
大統領選挙が控えていますが、
利益を大きく取っていけるのか、
それとも大きな損失を被ってしまうのかは、
今からの準備次第とも言えます。

大イベントに備え、しっかりと戦略を立て、
利益が出せるようにしていきたいものです。

以上、何か参考になれば幸いです。

最後にあなたへのメッセージ

現在、私はアジアやアフリカの貧困解決のため、
社会起業家としても活動しており、
将来はこの貧困問題を解決したいという夢を持っています。

そのため、日本でも成功するトレーダーを輩出することで、
私と一緒に貧困問題を解決する仲間を増やしていけたら、という考えのもと、
こうしてクロスリテイリングさんに協力して、投資知識の発信をしています。

特に、私が常日頃からお伝えしていることですが、
相場というものは常に変化をしているので、
それにあわせてトレーダー自身も常に継続学習していく必要があります。

FXの基礎はもちろんですが、投資家として成長し続けるためにも
やはり日々の学習を積み重ねていくというのは欠かせないものになるのです。

こうした考えはFX-Jinさんをはじめ、クロスリテイリングさんでも
大切している理念であることを知り、そこに私自身も共感しました。

ぜひ皆さんも、トレーダーとして大切な継続学習について、
まずは私の記事を通じて参考にしていってもらえたらと思います。

さらに、私のとうし科!!でお届けする記事のほかに、
皆さんにオススメするマル秘プロジェクトがあります。

投資を通じて幸せを掴みたいと考えている方に
ぜひとも学んでもらいたい内容が詰まった自慢のプロジェクトです。

こちらの動画は、そのプロジェクトの中で私が紹介している手法を
実際に使用したトレード動画で、直接私から解説もさせてもらっています。

【北田夏己のトレード動画】

このマル秘プロジェクトは、FX初心者でも簡単に学べる内容です。
つまり、これから投資を始めたいと考えている人がスタートを切るのにも
適したプロジェクトであるといえます。

今なら、期間限定で「無料」にて受講することができてしまいます。
無料で私のロジックのノウハウを
学ぶことができるチャンスは、早々ありません。

すでに、実際にこのプロジェクトを通じて
資産を増やしている方はたくさんいます。

私のように、お金を稼いだ先に叶えたい夢をお持ちの方は、
ぜひともメールアドレスをご登録いただき、
無料のプロジェクトにご参加ください。

勝利の黄金シグナル

この記事を書いた人のプロフィール

kitada

北田夏己

トレンド・レンジの両方から利益を上げる「ダブルロジック」を開発し、あらゆる場面をお金に変える相場の魔術師。年間5000万円の利益を、安定的に上げ続け、トレーダー界では伝説的な存在として知られている。

詳細プロフィールへ

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 北田夏己
  4. 迫る大統領選と、本当に注目するべき”ポイント”

PAGETOP