1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 「損切り」について考えてみましょう

「損切り」について考えてみましょう

「損切り」について考えてみましょう

皆様、こんにちは、北田です。

本日は「損切り」について書かせて頂きます。

「損切り」と聞くと、多くの人が、

・嫌なもの
・できれば避けたいもの
・負け
・騙しに遭った
・失敗トレード

などのように悪いイメージがあるかと思います。

そしていざ「損切り」に遭うと、落ち込んだり、トレードしたことを後悔したり、あるいは自分を責めたりしてしまいます。

そうなると、マイナス思考に陥り、今使っている手法は使えないんだ、自分はトレードには向いていないかも、もしトレードをしていなければあれが買えたのに、等のような考えが出てきてしまいます。

あるいは、なんとかこのマイナス思考を取っ払って、もっともっと勉強してからトレードに再チャレンジしよう、だからもっと良い手法を見つけるんだ!と誓って、学び直す人もいらっしゃるかと思います。

「損切り」とは悪いもの?

ただ、残念ながらこの思考の状態でいくら勉強してトレードしても、上手くいくことはありません。

なぜなら、そもそも「損切り」とは悪いものでは無いからです。
「損切り」はトレードをするに当たって必要なことです。

非常にランダムに近い状態で動いている相場を前に、百発百中させようとしても無理な話です。

いくらテクニカルで分析しても、テロや自然災害、要人発言、大企業の急な破綻等でも為替相場が反応し、大きく動くことがしばしばあります。

「損切り」とは何なのか?

サイコロ

それでは、「損切り」とは何なのか?

「損切り」とは利益を得る為の必要経費であり、また自分の資金を守る為の防護服のようなものです。

エントリーをしなければ、当然ですが利益を得ることはできません。

そしてエントリーをすれば、トレード数の何割かは必ず損切りになります。

「損切り」の数以上に利益を確定することによって資金を増やすことができます。

またエントリーして逆行しても、「損切り」をしなければ、資金はいくらでも減っていってしまいます。

ですので、そもそも「損切り」するということは、悪いことでは無いのです。

ゲームに例えてみましょう

サイコロ

例えば、サイコロ振りで、

1、2、3、4が出たらあなたの勝ち、
5、6が出たらあなたの負け、
というゲームがあったとします。

勝てば掛け金の倍受け取ることができ、負ければ賭け金は失います。

仮に1000円を賭けて勝てば、
倍の2000円を受け取ることができ、
1000円の儲けです。

負ければ掛け金の1000円を失います。

そしてゲームはあなたの好きなだけ参加できます。
1000回でも2000回でも時間の許す限り何度でも参加可能です。

さて、こういうゲームがあったとしたら、あなたはこのゲームに参加しますか?

恐らく誰もが喜んで参加すると思います。

参加するどころか参加しまくると思います。

このゲームは大数の法則によって、ゲームをすればする程、あなたの勝ち数が負け数に比べ増えていき、お金をどんどん増やすことができます。

このゲームをしている際中に、次の振りで5や6が出ないか心配したり、あるいは5や6が出た時にマイナス思考に陥ったりしますでしょうか?

恐らく、マイナス思考に陥っている暇があれば、どんどんゲームの数をこなし、できるだけ大数の法則を使って、勝ち数を増やしていくことに専念するのではないでしょうか。

このゲームはとにかく数をこなせばこなす程、多くのお金を儲けられるゲームだということは容易に想像が付くかと思います。

「損切り」捉え方を変えてみましょう

ひらめき

実はトレードも同じで、優位性のある手法ならば、とにかく数をこなしていけば、資金は自然と増えていくものなのです。

そしてたまた運悪く負けが連続で発生してしまっても、破産せずトレードをし続けていくことができるよう、資金管理にさえ気をつけておけば、あとはいかに多くのトレードをこなしていくかで、資金の増加具合が変わってきます。

もちろんトレードやその使っている手法に慣れてきましたら、裁量入れてより精度の高いトレードを目指したり、あるいは勝ち幅を広げたりといったことをしていくことも重要です。

しかしながら、まずはトータルで利益を出していけるようになる為には、「損切り」とは悪いことではなく、あくまでもトータルで利益を出す為の、必要経費にしか過ぎない。

そして、いくら途中で損切りが発生したトレードがあったとしても、振り返った時にトータルで利益が出ていれば、それはトレードには勝っているということなのである、

という考えでトレードをして頂きますと、「損切り」に対する考えが変わり、そしてトレードに対しての見方もまた変わってくるのではないかと思います。

もし「損切り」をすることによってマイナス思考になってしまい、その後のトレードに影響してしまうような方は、ぜひ今回の考え方を参考にしてみて下さい。

最後にあなたへのメッセージ

現在、私はアジアやアフリカの貧困解決のため、
社会起業家としても活動しており、
将来はこの貧困問題を解決したいという夢を持っています。

そのため、日本でも成功するトレーダーを輩出することで、
私と一緒に貧困問題を解決する仲間を増やしていけたら、という考えのもと、
こうしてクロスリテイリングさんに協力して、投資知識の発信をしています。

特に、私が常日頃からお伝えしていることですが、
相場というものは常に変化をしているので、
それにあわせてトレーダー自身も常に継続学習していく必要があります。

FXの基礎はもちろんですが、投資家として成長し続けるためにも
やはり日々の学習を積み重ねていくというのは欠かせないものになるのです。

こうした考えはFX-Jinさんをはじめ、クロスリテイリングさんでも
大切している理念であることを知り、そこに私自身も共感しました。

ぜひ皆さんも、トレーダーとして大切な継続学習について、
まずは私の記事を通じて参考にしていってもらえたらと思います。

さらに、私のとうし科!!でお届けする記事のほかに、
皆さんにオススメするマル秘プロジェクトがあります。

投資を通じて幸せを掴みたいと考えている方に
ぜひとも学んでもらいたい内容が詰まった自慢のプロジェクトです。

こちらの動画は、そのプロジェクトの中で私が紹介している手法を
実際に使用したトレード動画で、直接私から解説もさせてもらっています。

【北田夏己のトレード動画】

このマル秘プロジェクトは、FX初心者でも簡単に学べる内容です。
つまり、これから投資を始めたいと考えている人がスタートを切るのにも
適したプロジェクトであるといえます。

今なら、期間限定で「無料」にて受講することができてしまいます。
無料で私のロジックのノウハウを
学ぶことができるチャンスは、早々ありません。

すでに、実際にこのプロジェクトを通じて
資産を増やしている方はたくさんいます。

私のように、お金を稼いだ先に叶えたい夢をお持ちの方は、
ぜひともメールアドレスをご登録いただき、
無料のプロジェクトにご参加ください。

勝利の黄金シグナル

この記事を書いた人のプロフィール

kitada

北田夏己

トレンド・レンジの両方から利益を上げる「ダブルロジック」を開発し、あらゆる場面をお金に変える相場の魔術師。年間5000万円の利益を、安定的に上げ続け、トレーダー界では伝説的な存在として知られている。

詳細プロフィールへ

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 「損切り」について考えてみましょう

PAGETOP