1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 第7回 平均足

第7回 平均足

第7回 平均足

今回取り上げるのは、ごくごくシンプルなトレンド系指標の代表、平均足です。私自身は、相場のトレンドを予測するにあたり、移動平均線を多用すると多いですが、実はこの平均足もトレンド相場の予測時に重宝するインジケーターの一つです。そこで今回は、ベーシックでありながらもかなり使える平均足の魅力を、再認識して頂ける場に出来ればと思います。

トレンドを明瞭化する

表①

平均足_求め方

平均足は、ぱっと見ではローソク足と似ていますが、ローソク足が4本値をオンタイムに表示して行くのに対し、平均足の内容構成は表①の通りです。高値と安値は通常のローソク足と同じですが、それ以外は全く異なることがお分かりになると思います。特にユニークなのは、平均足の実体部分を通常のローソク足の4本値を使って平滑化している点で、これにより一目でトレンドが認識しやすくなっています。

図①

平均足_トレンドライン

具体的には図①をご覧ください。一定期間にわたってトレンドが発生すると陽線または陰線が連続して表示され、比較的安定的にトレンドを認識することが出来ます。何事においても、人は視覚的な要素に大きな影響を受けるため、平均足の様に簡易的にトレンドをつかんで行けるものは、FX初心者の方にも受け入れやすい指標だともいえます。

平均足の活用方法は、陽線は強気、陰線は弱気というトレンドを単純に判断するという基本的な使い方のほかにも以下の活用方法があります。まず、平均足の実体の長さ(値幅)でトレンドの強さを計る方法。平均足の場合、一つ前のローソク足の平均値や平均足の値が加味されているので、値動きが小さくなるにつれて足の実体は小さくなり逆に大きくなれば実体も大きくなります。その大きさでトレンドの強さを計ることができます。

トレンド転換を見極める

また、これとは逆に、一つ前の実体よりも小さい場合や単体で十字足が出たらトレンドの転換を示唆と捉える方法もあります。ポジション保有中にこの現象が発生すれば、トレンドの衰えと認識し手じまいを、ポジションを保有していなければ様子見とするものです。イメージ的には、投資判断に待ったをかける様な使い方と言えるでしょう。

図②

平均足_ひげ

ここまでは一つ前の平均足との比較による判断でしたが、続いてはその平均足単体の形状で判断する方法です。一つ目は、その足のひげの長さに注目していくものです。

①実体が陽線で、なおかつ長い上ひげがある場合は強い上昇トレンド。
②実体が陰線で、なおかつ長い下ひげがある場合は強い下降トレンド。
③実体が陽線でありながら、逆に長い下ひげが出たら、
 または実体が陰線でありながら、逆に長い上ひげが出たらトレンドの転換を示唆。

平均足のひげは、ローソク足の高値安値と同じであるため、実体との比率によって多くのことを教えてくれます。この様にトレンドの強さや転換を手軽に判断できるという点も、強い味方になってくれる一つの要素と言えるでしょう。

そしてもう一つ、陽線から陰線、陰線から陽線へ転換し、その後もその方向へ追随する動きが見られたら、強いトレンドに乗っていこうという活用方法があります。これは、ダウ理論の“トレンドは継続する”という根本的な発想を元にしているとも言え、トレンド系指標をよく活用される方には馴染みやすい方法とも言えそうです。

図③

平均足_トレンド

優位性が高く、活用の幅が広い平均足ではありますが、値動きに対して遅効性があり、突発的な動きに対応しにくいというトレンド系指標の弱点は、平均足も例外ではありません。例えば図③の緑枠の部分は、ローソク足では1つ前の足の安値を大きく割り込んでいて、下降トレンドへの転換が確認できますが、平均足で見ると、先ほどの活用方法でも触れた様に“転換かもしれない”という判断が出来る程度のローソク足に留まっています。結果論で言えば、この後陰線が引かれた時にエントリーしても、幸い利益確定が可能な範囲ではありますが、いつもそうなるとは限りません。

ここまでお話すれば、おそらくお察しのことかと思いますが、やはり保ち合い相場には弱いというトレンド系指標ならではの弱点は頭に入れておく必要があるでしょう。遅効性があるために値動きの乏しい時には上下に振られてしまうところがあるので、それを回避するために、複数の時間軸で平均足を見ておくことをお勧めします。トレンド系指標の定めとも言える弱点を克服し、指標を有効活用するために必要なことは、それについての理解を深めることと、思い込みや理想を抱きすぎないことが必要不可欠な要素です。その認識を新たにして、平均足に目を向けて頂けたら嬉しいです。

最後に

今回の内容はいかがでしょうか。

投資で成功するためには、日々の継続学習が重要であることはいうまでもありません。
継続して学習することによって、投資家としての視野が広がり、あなたの確かなトレードスキルも確立されていくのです。

この点は、クロスリテイリングさんでもこれまでお伝えしていることですね。
私自身、そうしたクロスリテイリングさんの掲げる理念や目標と共感していると感じたからこそ、こうして記事を掲載させてもらっています。

ぜひ日頃のFXの学習を積み重ねるひとつとして、私の記事もあなたの糧となれば幸いです。

さらに私は現在「1秒スキャルFX 無料オンラインレッスン」というコンテンツでも、講師を務めさせていただいています。

この講座の特徴は、たった2色を見分けて相場を読み解ける点にあります。
色を見分けるだけでエントリー&決済を行うため、FX初心者でも「わずか1秒」の判断でトレードが実現できてしまうのです。
非常にシンプルかつ瞬時に判断できる内容ですので、FXをこれから学習しようという方はもちろん、毎日忙しくされている方が空いた時間にトレードをするのにも適しているでしょう。

私の持つノウハウを凝縮した「1秒スキャルFX 無料オンラインレッスン」ですが、なんと今だけ期間限定で、無料でご覧いただくことができます。

簡単なFXの手法で今すぐ利益を上げたいとお考えの方なら、このチャンスを逃す手はありません。
FX初心者にもわかりやすくお伝えするように心がけた自慢の無料講座ですので、この機会にぜひとも受講してみてください。

デイトレMAX無料講座

この記事を書いた人のプロフィール

maxiwamoto

マックス岩本

日本屈指の安定した成績を誇るトレーダー。また、FXのトレーダーとしてだけではなく、王道のデイトレードを教えるFXのプロコーチとしても活躍中。再現性が高く、初心者でもスムーズに取り組める「王道のデイトレロジック」を教えられる数少ない教育者。

詳細プロフィールへ

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 第7回 平均足

PAGETOP