1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 第14回 DMI ~その1~

第14回 DMI ~その1~

第14回 DMI ~その1~

前回まで、ストキャスティクスについてじっくりとお伝えしてきましたが、今号からはまた異なるテクニカル指標を取り上げ、基礎から応用、実践的な活用方法に至るまでみっちり解説してまいります。

今回テーマに挙げるのは、DMIです。
日本ではあまり馴染みのない指標ではありますが、これ1つでいくつもの役割を担ってくれる優秀な指標ですので、ぜひこの機会に理解を深めていただければと思います。

優秀なインジケーター「DMI」とは

DMIは、Directional Movement Indexの略称で、その意味合いは方向性指数となります。

考案者は、RSIやパラボリック、ピポット、ATRといった数々の有名なテクニカル指標を考案したJ.Wワイルダー氏です。
彼は多くのインジケーターを開発し、テクニカル業界に大きく貢献した一人ですが、元々は機械工学出身で、その後不動産業で成功したという面白い経歴の持ち主です。

ワイルダー氏いわく、『DMIは、私が生涯で最も魅力を感じた研究である。この概念を数値化できたことは、私の人生において最大の成果だ』とのこと。

またこのDMIは、オシレーター系指標の代表格とも言えるRSIを生み出してきた彼が、オシレーター系の弱点を補うという観点から作られたとも言われています。
分類こそオシレーター系ではありますが、方向性指数というだけあって、トレンドの有無を教えてくれるという、トレンド系指標の顔も兼ね備えています。
そういった側面から見ても、DMIは万能選手だと言えるのかもしれません。

これほどの定評があり、海外では人気が高いDMI。
日本ではあまり人気がない原因は、活用に至るまでのプロセスがやや難解だからではないでしょうか。

なにせ、DMIの使い方に入る前に、まずは計算式にある、+DM-DMTRおよびADX
まずこの正体からはっきりさせなければなりません。

図1

DMIの計算式

いかがでしょう。
この計算式を見ただけで、滅入ってしまう方も少なくないことと思います。

今回は、まずそこから紐解いていきましょう。

まず下記の図2にある①が表す、前日と当日を比較して高値が切り上がった部分、すなわち“上昇力”を示すのが+DMです。
その一方で②にある、前日と当日を比較して、値が切り下がった部分、すなわち“下落力”を示すのが-DMとなります。

図2

DMIの読み解く図

しかし、日々の価格の推移を見れば周知のとおり、高値か安値のどちらかにだけ差がある日だけではありません。
その為、高値安値どちらにも差が生じる場合は、値幅が大きい方を採用していきます。
具体的には③は高値の差の方が大きいため+DM、④は安値の差が大きいため-DMというようにです。

そして、⑤のように前日の値幅以内に当日の値幅が収まった、いわゆる孕み足の場合はゼロとしてカウントします。

続いてTR(トゥルーレンジ)です。
これは先程の+DM−DMが上昇力および下落力を捉えているのに対して、変動幅を捉えているのがTRになります。※オレンジ色の矢印部分

そして、TRは「当日の高値ー当日の安値」、「当日の高値ー前日の終値」、「前日の終値ー当日の安値」という3つの変動幅のうち、最も大きいものの値を採用します。

こうして成り立った+DM−DMとTRから算出されるのがADXだということが分かって、初めてDMIの計算式(図1)に入ります。
今回ごく一般的なパラメーターの14日を採用しましたが、他の指標と同様にあなたの意向によって変更は可能です。

この複雑な計算式のDMIをチャートに落とすと、下記の図3にある通り、3本の線が市場の行方を示すことがわかります。
繰り返しになりますが、赤い線の+DIは価格の上昇力を表しています。これが上昇している場合、買い方が強いということになります。

図3

EURJPY M30 と見るDMI

そして、青い線の-DIは市場の下落力を表していて、これが上昇している場合、売り方が強いということになりますが、ラインの上昇が下落を表すという点は、少々珍しいかもしれませんね。

そして緑色のADXは、上昇下落に関わらずトレンドの強さを表すものです。
ADXが上昇すると、現在のトレンドは強いと見ることができ、下降していればトレンドは弱いと見ます。
+DIと−DI、どちらもローソク足から算出される訳ですが、見ているのは高値と安値です。
終値を採用する指標が多いですが、こちらは違います。

3本のラインでトレンドの有無と強さを表しているということですから、基本的な活用方法としては、それぞれの線がクロスしたタイミング、つまりトレンドの転換でのエントリーとなります。
図③内の赤い円と青い円がそれに相当します。

緑の円は、トレンドの強さを表すADXがピークを迎えているということで、トレンドの強さが上限に達していることを表しているため、赤い円の上昇トレンドの確認でエントリーしていたとすれば、このポイントでの手仕舞いも一つの戦略として有効ですね。

+DIとADXが上昇し、-DIが下落していれば上昇トレンド。
-DIとADXが上昇し、+DIが下落していれば下落トレンド。

この様に、いつでも分かりやすく表れてくれれば良いのですが、実際そうは行かないのが実情です。
そういった、明確に方向性を示さない時の判断については、次号にて解説したいと思います。

最後に

今回の内容はいかがでしょうか。

投資で成功するためには、日々の継続学習が重要であることはいうまでもありません。
継続して学習することによって、投資家としての視野が広がり、あなたの確かなトレードスキルも確立されていくのです。

この点は、クロスリテイリングさんでもこれまでお伝えしていることですね。
私自身、そうしたクロスリテイリングさんの掲げる理念や目標と共感していると感じたからこそ、こうして記事を掲載させてもらっています。

ぜひ日頃のFXの学習を積み重ねるひとつとして、私の記事もあなたの糧となれば幸いです。

さらに私は現在「1秒スキャルFX 無料オンラインレッスン」というコンテンツでも、講師を務めさせていただいています。

この講座の特徴は、たった2色を見分けて相場を読み解ける点にあります。
色を見分けるだけでエントリー&決済を行うため、FX初心者でも「わずか1秒」の判断でトレードが実現できてしまうのです。
非常にシンプルかつ瞬時に判断できる内容ですので、FXをこれから学習しようという方はもちろん、毎日忙しくされている方が空いた時間にトレードをするのにも適しているでしょう。

私の持つノウハウを凝縮した「1秒スキャルFX 無料オンラインレッスン」ですが、なんと今だけ期間限定で、無料でご覧いただくことができます。

簡単なFXの手法で今すぐ利益を上げたいとお考えの方なら、このチャンスを逃す手はありません。
FX初心者にもわかりやすくお伝えするように心がけた自慢の無料講座ですので、この機会にぜひとも受講してみてください。

デイトレMAX無料講座

この記事を書いた人のプロフィール

maxiwamoto

マックス岩本

日本屈指の安定した成績を誇るトレーダー。また、FXのトレーダーとしてだけではなく、王道のデイトレードを教えるFXのプロコーチとしても活躍中。再現性が高く、初心者でもスムーズに取り組める「王道のデイトレロジック」を教えられる数少ない教育者。

詳細プロフィールへ

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 第14回 DMI ~その1~

PAGETOP