1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. マックス岩本
  4. 第30回 トレンドライン~その1~

第30回 トレンドライン~その1~

第30回 トレンドライン~その1~

今回のテーマは、トレンドラインです。
「いまさら?」とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんね。

トレンドラインと言えば、テクニカルの手法の中でも初歩的なもの。
テクニカル分析の教科書的なものでは、1番最初に出てくるような存在ですから、そう思われることも納得です。

私自身、トレンドラインについては皆さんが十分におわかりであろうと思っていましたので、今回まで一度も取り上げずにいました。

それなのに今回テーマに取り上げた理由は、トレンドラインを“知っている”というレベルではなく“理解している”というレベルにして、日々活用していただききたいと思ったためです。

ベテラントレーダーの方も初心に帰って、ぜひこの機会にトレンドラインを見直していただきたいと思います。

トレンドとは何か

今回はまず、トレンドとは何なのか考えてみてください。

初歩的な質問ではありますが、トレンドラインを活用する上でトレンドに関する理解は必要不可欠な要素ですよね。

言葉の意味は、流行や方向、情勢といったものになりますから、この言葉自体は相場でのみ使われる言葉ではないことはいうまでもありません。

相場の世界でいえば、上昇トレンドとか下落トレンドと言いますが、下げていることよりも上げていることのほうが多いのが上昇トレンド、上げていることよりも下げていることのほうが多いのが下落トレンドということになります。

また波動の形状としては、安値を切り下げることよりも高値を切り上げることのほうが多いのが上昇トレンドで、高値を切り上げるよりも安値の切り下げのほうが多いのが下落トレンドの特徴です。

トレンドは継続する

しかし、実はこれでは十分な理解とは言えません。

トレンドラインについて理解しておくべき大切なのは、一度トレンドが発生すると、トレンドが終了するまで継続するということです。

トレンドは一瞬の上昇や下落を指すものではなく、一定期間続くからこそトレンドなのだということは、一見当たり前のことですが重要なことです。

それでは、この図1から図3のうち、上昇トレンドの特徴を全てクリアしているのはどれでしょうか。

【図1】

図1

【図2】

図2

【図3】

図3

どれも最初と最後を比べると、最後の部分が上にありますが、上昇トレンドを表しているといえるのは図1だけです。

図2は、序盤に高値と安値を切り下げている場面があるのできれいな上昇トレンドを表しているとはいえません。

図3はというと、図2よりは良いのですが、一度安値を切り下げている場面があります。

図1にはそういった場面はなく、高値・安値ともに切り上げていますから、上昇トレンドの特徴をクリアしているといえます。

最終的な結果だけを見て、その一定期間が上昇トレンドであったかどうかを語ることは誰にだってできます。

しかし私たちが相対しているのは、事後に見るチャートではなく、今まさに動いているチャートです。

ダマシに遭うことなく、長く続く良いトレンドを捉えることが、私たちがするべきことです。
図2や図3はたとえ一時的であっても、トレンドの特徴に反することがあったということは、トレンドの継続性の部分で陰りが確認されたことを示しています。
トレードの最中には致命傷にもなる可能性がありますから、十分に気を付けましょう。

トレンドの見極め方

続いて、図4と図5はトレンドラインを引いたものになります。
トレンドラインの引き方自体はとてもシンプルで、2点以上の高値同士または安値同士を結んだラインが右肩上がりなら上昇トレンド、右肩下がりなら下落トレンドとして見ることができます。

【図4】

図4

【図5】

図5

2点以上ということではありますが、例えば3点目で下がった後に価格が戻ってくるということなら、図2のような状態となりますから、あまり好ましいトレンドであるとはいえません。

好ましいトレンドでいえば、2020年1月のポンド円相場(15分足)が非常にきれいな上昇トレンドを描きました(図6)。

【図6】

図6

高値も安値も順当に切り上げていましたから、ここでは比較的力まずに利益を獲得できたという方も少なくないのではないでしょうか。

どんな相場も多勢に傾きます。
トレンドを見極めるためには、図6のように誰もが認識できるほどの明確なトレンドを追いかけることが大切であることをお伝えし、今回はここまでにしたいと思います。

トレンドラインはシンプルさゆえに様々な手法が出回っていますが、今回はまずベーシックなものを取り上げました。
次回はもう少し具体的なトレンドラインの引き方についてお伝えしますので、ぜひお読みくださいね。

最後にあなたへのメッセージ

今回の内容はいかがでしょうか。

投資で成功するためには、日々の継続学習が重要であることはいうまでもありません。
継続して学習することによって、投資家としての視野が広がり、あなたの確かなトレードスキルも確立されていくのです。

この点は、クロスリテイリングさんでもこれまでお伝えしていることですね。
私自身、そうしたクロスリテイリングさんの掲げる理念や目標と共感していると感じたからこそ、こうして記事を掲載させてもらっています。

ぜひ日頃のFXの学習を積み重ねるひとつとして、私の記事もあなたの糧となれば幸いです。

さらに私は現在「1秒スキャルFX 無料オンラインレッスン」というコンテンツでも、講師を務めさせていただいています。

この講座の特徴は、たった2色を見分けて相場を読み解ける点にあります。
色を見分けるだけでエントリー&決済を行うため、FX初心者でも「わずか1秒」の判断でトレードが実現できてしまうのです。
非常にシンプルかつ瞬時に判断できる内容ですので、FXをこれから学習しようという方はもちろん、毎日忙しくされている方が空いた時間にトレードをするのにも適しているでしょう。

私の持つノウハウを凝縮した「1秒スキャルFX 無料オンラインレッスン」ですが、なんと今だけ期間限定で、無料でご覧いただくことができます。

簡単なFXの手法で今すぐ利益を上げたいとお考えの方なら、このチャンスを逃す手はありません。
FX初心者にもわかりやすくお伝えするように心がけた自慢の無料講座ですので、この機会にぜひとも受講してみてください。

1秒スキャルFX

この記事を書いた人のプロフィール

maxiwamoto

マックス岩本

日本屈指の安定した成績を誇るトレーダー。また、FXのトレーダーとしてだけではなく、王道のデイトレードを教えるFXのプロコーチとしても活躍中。再現性が高く、初心者でもスムーズに取り組める「王道のデイトレロジック」を教えられる数少ない教育者。

詳細プロフィールへ

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. マックス岩本
  4. 第30回 トレンドライン~その1~

PAGETOP