1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 相場をATMにするための心得!

相場をATMにするための心得!

相場をATMにするための心得!

どうもこんにちは!もってぃーです(●´ω`☆

一昨日はポンドがドーンと動きましたね(/・ω・)/
下チャートはポンド円です。

gbpjpy_m1

分かりづらいかもですが、レンジで推移していた上限を少し上抜けしてきました。

それに伴って、下位時間足ではトレンドフォローで獲りやすい相場だったはずです。

ポンド円

gbpjpy_m1

ポンドドル

gbpusd_m1

ユーロポンド

eurgbp_m1

ポンドオージー

gbpaud_m1

こういったときに積極的に攻めつつ利益を確保しておきたいですね。
そうすると動かない相場や、わかりにくい相場になったときは思い切り休んで
別のことに時間を使いやすくなるかもしれません。

ただ、どのタイミングでドーンと動き出すかは絶対的に把握できるわけではないので、
どんなときも、「こうなったらこうしよう」というパターンの中で、
淡々と売買を繰り返すのがわりと安定的な結果に繋がっていくと感じています。

大局の動きは期間が長いので、同じ状況が繰り返されたり、
同じパターンが再び出ることに期待するのは難しいと思いますが、

短期時間足では同じようなパターンが毎月、毎週、ときには毎日繰り返されたりするので、
そのパターン、状況をインプットしておくことで、
利益を狙える頻度は高めていけるとは思います。

逆に、わからないところで無理をして余計な損失を出さないためには、
徹底的に、利益が獲りやすいパターン、状況をインプットしておくことです。

インプットだけではもちろん微妙で、実際に過去チャートで検証をして、
過去3カ月間、このパターンでトレードしたらどのくらいの収益になるのか、
ダメなときは何でダメなのかを追求しつつ、実践もしていかないと
本当のインプットにはならないので、

パッとチャートパターンを覚えて闇雲にトレードすると、
上手くいくときもあるけど、結局上手くいかない、なんてことになりやすいので注意です。

そんな感じで、引き続き来週もトレードを楽しんでいきましょう♪

最後にあなたへのメッセージ♥

ここまでアタシの記事を読み進めてくれてありがとう♥

アタシもこれまで何年もかけて学びながら
ようやくFXで稼げるようになっていったんだけど、
やっぱりトレードって一長一短で勝てるものじゃないのよね……。

だからFXの経験を重ねたり、継続学習したりすることが
やっぱり勝利の近道だと思うわヽ(=´▽`=)ノ

実際にクロスリテイリングさんでも、
そんな投資学習の重要性をお伝えしているし、

アタシ自身もその点に共感したからこそ、
こうして『とうし科!!』で記事を連載することにしたのよ。

FXで稼げるようになりたいって真剣に考えている方は、
ぜひアタシの記事からポイントを学んで、
相場から利益をゲットする秘訣を手に入れてちょうだい(*‘ω‘ )

さ・ら・に!

ゲイトレーダーにちょっとでも興味を持ってくれた方、
アタシからもっと深い、トレードスキルを学びたいと思った方に
ぜひ、オススメしたい無料講座があるのよ!

才能も経歴も関係なし♪
【アタシ流の1分足スキャル】によって1日たった数分で、超シンプルに稼ぐ方法を、
特別に【完全無料】で紹介しているの(´艸`*)

この手法はローソク足すら使わない「驚くほど直感的なトレード」を実現したもので、
まさに「世界一ワガママなFX」といっても過言じゃないと思っているわ。

アタシが見つけた「新発想の1分足スキャルピング」
さらに魔法のツールを活用することで、
FX初心者でも月収800万円が目指すのは夢じゃない♥

ただ、アタシの講座を無料で受けられるのは期間限定だから、
相場をATMのようにしちゃうヒミツを知りたい、と少しでも思ったなら、
このチャンスを逃さないでね?

まずはメールアドレスを無料登録して
いますぐアタシのテクを学んでみてちょうだい(*‘∀‘)

ゲイスキャFX

この記事を書いた人のプロフィール

motty

もってぃー

いま、いろいろな意味で話題沸騰中なのが、ゲイトレーダー・もってぃー。発行部数7万部を超えるFX情報誌『FX攻略.com』での連載実績に加えて、各地で開催されるセミナーにも精力的に足を運び、トレードの魅力を全国各地、多くの人に伝えている。「世界一ワガママなFXの稼ぎ方」として1分足のスキャルピング手法を確立した『ゲイスキャFX』についても、FX初心者が800万円を目指せるというシンプルな内容が話題に。FX業界の常識を大きく変えると、大きな注目を集めた。

詳細プロフィールへ

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 相場をATMにするための心得!

PAGETOP