1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 自分中心の考え方で相場に接していませんか?

自分中心の考え方で相場に接していませんか?

自分中心の考え方で相場に接していませんか?

こんにちは、奥谷です。

先日、FX初心者の方の集まりがあり、少し話をする機会をいただいたので、話してきました。
皆さん、非常に勉強熱心な方ばかりで、私も刺激になりました。

質問もたくさん出て盛況だったのですが、その会の中で、ちょっと気になったことがありましたので、この場をお借りして共有したいと思います。

それは、自分中心の考え方で相場に接している方が意外と多いということです。

たとえば、「今日はこれから2時間ほど時間が取れるから、FXをやって20pips獲得を目標にトレードしよう」というような目標設定です。

20pips獲得するためには、せめてその倍の40pips程度の
ボラティリティが無いと難しい
ですよね。

その2時間でそれだけ動くと考える根拠があるのならまだわかりますが、
どうもそうではないようでした。

「自分は早寝早起きなので、出社前の朝の1時間、毎日FXをやって20pipsずつ稼いでいきたい」という方もおられました。

あなたがトレード可能な時間に合わせて、相場がうまく動いてくれるとは限りません。

相場があなたを勝たせようとして動いてくれることがないことは、
もちろん、皆さん理解されています。

相場は自分の都合に合わせてくれないので、相場の都合に自分を合わせるしかありません。
ロンドンタイムやNYタイムを狙ってトレードしましょう、というのは、その時間帯に動きが出やすいからですよね。

夜中の3:00とか4:00によく動いた月もありましたが、そういうときには、本当はその時間帯に合わせてトレードするのがもっとも効率的です。
動いているところでトレードしないと大きく稼げないからです。

しかし、頭ではわかっていても、実際の行動は、
自分の都合に相場を合わせようとしてしまいがちなんですね。

これは、FXを始めてすぐの初心者の方ばかりとは限りません。
たとえば、次のように考えたことはありませんか?

「あと10pips上がれば、今日のトータル利益が5万円ちょうどになるから、もう少し利確しないで待っておこう。」

「含み損がもう10万円を超えている。さすがにそろそろ反転してくるに違いないから、損切りしないで様子を見ておこう。」

「そろそろ寝ないと睡眠不足になって明日の仕事に差し支えそうだな。サポレジのブレイク前だけれども、きっとブレイクするに違いないからエントリーしておいて寝よう。」

などなど。

私も昔はよくやっていましたが、これらはすべて、自分中心の考え方です。

個人のトータル利益や含み損、睡眠時間などは、
相場の動きとはまったく何の関係もありませんから。

チャートをパッと開いて、長い陽線ができてくるのを見て飛びつき買いをするのも、
その典型例です。

自分がチャートを開いたタイミングでは「買い」エントリーのチャンスに見えたとしても、もし、もう少し前に別の時間足のチャートを見ていたら、もっと前にエントリーしていて、今見えている長い陽線は利確のポイントとして見えたかもしれないですね。

長い陽線は、大口トレーダーにとってはそのように見えていることが多いので、飛びつき買いをしたら、その直後にシュルシュルと逆方向に持って行かれることの方が多くなります。

ふだんの仕事や人間関係においてもそうですが、自己中心的に行動するとうまくいきません。
FXもそれと同じなんですね。

客観的に、冷静に判断してトレードすることを心がけましょう。

細かい目標設定をしない

冒頭の初心者の方の集まりでも話したのですが、私は、最初のうちは細かい目標を持たないことをオススメしています。

たとえば、「1日1万円」という目標を持って毎日トレードしていたとしましょう。
夜中の2:00頃、今日の利益は8,000円まで来ていました。あと2,000円で目標達成ですが、そろそろ寝ないと明日の仕事に差し支えます。

そんな状況のとき、あと1トレードを、きちんとルール通りできますか?
…ということです。

おそらくですが この人は、時間的な焦りから、「あと2,000円くらいならこのあたりで入っても取れるはずだ」と思って、いつもより甘いポイントでエントリーしてしまうと思います。
そして、その結果、せっかく積み上げてきた8,000円を失ってしまいます。

最初のうちは、「1日1万円」というような細かい目標は持たないで、「月トータルでプラス」を目標にしていただきたいと思います。

このような目標であれば、先ほど例にあげたような状況になったとしても、その日はトレードをやめて、翌日からまた冷静にルール通りのトレードを続けることが可能です。

月トータルでプラスを維持できれば、後はロットのコントロール次第で、稼げる金額もコントロールできるようになります。
1万通貨で練習していて、月トータルで1万円稼げるようになったとしたら、10万通貨でトレードすれば、月10万円とれることになります。

このような考え方で、あくまで 自分目線ではなく、相場目線の客観的なトレードを繰り返すことを心がけましょう。

最後に

現在私はクロスリテイリングさんで提供している、
「FXスキャル・パーフェクトシグナル無料講座」というコンテンツで講師を務めさせていただいています。

こちらの講座では、私が開発した、トレードのためのツールをご紹介しております。
忙しいサラリーマンの方でも、兼業トレーダーとして活躍し、稼ぎを倍増して元気になってもらいたいという思いで、ツールを開発させていただきました。

このツールを使えば、忙しいサラリーマンの方でも、1日10分程度のトレードで、多くの利益を上げることが十分に可能です。

「FXスキャル・パーフェクトシグナル無料講座」では、FX-Jinさんと共に、このツールについて解説しています。

初心者の方でも十分に学ぶことができる内容になっているので、
本業以外でも稼ぎを得たいと、少しでも思っている方がいらっしゃいましたら、ぜひともこの講座で学んでみてください。
(ありがたいことに、この私の講座で学び、成功を掴まれた方が多くいらっしゃいます!)

FXスキャル・パーフェクトシグナル

この記事を書いた人のプロフィール

okutani

奥谷隆一

コンサルタント、エクセルのプロとしての経験から、緻密で正確な分析、改善には定評があり、その結果をシンプルなロジックやツールに落としこむスキルは、日本でもトップクラス。コンサルタントとしての顔を持ちながら、「兼業トレーダー」として毎月70万円、100万円と安定した利益を上げ続けている。日本で最も幸せに成功している兼業トレーダーとして、業界内でも有名。

詳細プロフィールへ

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 自分中心の考え方で相場に接していませんか?

PAGETOP