1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 優位性のあるエントリーポイントを図る

優位性のあるエントリーポイントを図る

優位性のあるエントリーポイントを図る

こんにちは、奥谷です。

早いもので、とうし科への投稿も 今回でもう5回目になりました。
今回は、今までの内容も復習しながら進めていこうと思います。

まず、

1.「重要な抵抗をチェックしましょう」

という話をしましたね。
https://toushika.jp/pro_traders/okutani_0929

現在 旬のUSDJPYで、再度 確認してみましょう。

こちらは、この原稿執筆時点のUSDJPYの週足チャートです。
この長期足で私が意識しているラインは、

111.5円(過去のロール・リバーサルのライン)
114.0円(過去何度も止められたライン)
116.0円(過去数年間にわたって何度も止められたライン)

になります。

USDJPY 週足

USDJPY週足チャート

もし、今このようなラインの付近で「買い」サインが出たとしてもエントリーしません。
跳ね返される可能性が高いから、しっかり抜いてくるまではエントリーしない、ということですね。
逆に、抜いてきたら「大きく伸びそうだ」という判断をします。

次に、

2.「資金管理が大切」

という話をしました。
https://toushika.jp/pro_traders/1422

トレンドを把握することも大切ですが、それよりもっと大切なのは資金管理です。

「まず生き残れ。儲けるのはそれからだ。」

これは、ジョージ・ソロスの名言です。
あなたのトレードは生き残ることができるトレードなのかどうか、月に一度は振り返ってみましょう。

次に、

3.「明確にトレンドが出ているときにその方向にトレードしましょう」

という話をしました。
https://toushika.jp/pro_traders/1680

高値と安値の位置関係を追いかけることによって、上昇トレンドなのか下落トレンドなのか、あるいは どちらでもないレンジ相場なのか、現在の相場状況を把握することができます。

エントリーしようとしている時間軸より、少し長い時間軸でトレンドの方向を確認しておくと良いでしょう。

そして、本日は、いよいよ
4.タイミングを計ってエントリーするフェーズです。

タイミングの計り方は 実は無数に存在するのですが、
もっとも有名なのは、「ゴールデンクロス(GC)」「デッドクロス(DC)」ではないでしょうか。

すでにご存知の方も多いのではないかと思いますが、GCというのは、短期の移動平均線が、長期の移動平均線を下から上に突き抜けながら交差する状態のことをいい、「買い」のサインとされます。

DCはその逆で、短期の移動平均線が、長期の移動平均線を上から下に突き抜けながら交差する状態のことをいい、「売り」のサインとされます。

有名ではありますが、このルールだけに従って売買していても勝てません。
そこで、上記1から3を合わせて活用していきましょう。

次のチャートは、USDJPYの15分足に、5MA13MAを表示したものです。(移動平均線のことを「Moving Average」というので、「MA」と表現します。)

USDJPY 15分足

USDJPY週足チャート

白い線が「5MA」、黄色い線が「13MA」です。

(少しでも早くGCとDCの兆候をとらえられるように、反応が早い「EMA」という種類のMAを使っています。また、5と13はフィボナッチの数字で一番しっくり来たので使いましたが、このあたりの説明はまた別の機会にしたいと思います。)

青い矢印が「GC」のポイント、赤い矢印が「DC」のポイントになります。

長期足で上昇トレンドが明確なときにだけ、青い矢印サインで「買い」エントリーして、赤い矢印サインで決済すれば、なかなか良さそうだと思いませんか?

1~3をしっかり守れば、4ではシンプルなルールでも優位性のあるトレードができるようになります。

この矢印サインを出すインジケーターですが、「EMA_CROSS」という無料のインジケーターを使っています。
2本のEMAがGCやDCの状態になったときに、矢印でその位置を表示してくれるインジケーターです。

念のため、パラメーター設定も載せておきますね。

USDJPY週足チャート

検索するとダウンロードできるサイトがたくさん出てきますので、一度試してみてもおもしろいのではないかと思います。

最後に

現在、私はクロスリテイリングさんで提供している「FXスキャル・パーフェクトシグナル無料講座」というコンテンツで、講師を務めさせてもらっています。

こちらの講座では私が開発した、トレードのためのツールをご紹介しています。

私のツールを使っていただければ、1日わずか10分程度、まるでゲーム感覚で多くの利益を上げることが十分に可能です。
また、毎月300回ほどのエントリーチャンスがあるため、自分のライフスタイルに合わせたFXの取り組みでも、十分に稼げます。

「このツールを活用して、忙しいサラリーマンの方でも兼業トレーダーとして活躍し、ご自身の稼ぎを倍増させることで元気になってもらいたい」

私はこういった思いを込めて、今回のツールを開発しました。
その中身は決して難しいスキルを要求するものではありませんので、FX初心者が気軽にトレードするツールとしても最適でしょう。

そして「FXスキャル・パーフェクトシグナル無料講座」では、FX-Jinさんと共にこのツールについて詳しく解説しています。

FX-Jinさんは以前より、FXの継続学習の大切さを語っています。
また同時に、クロスリテイリングさんの掲げる理念のひとつでもありますね。

確かに、FXは知識や経験を積み重ねることによって、稼ぐ力が身につきます。
私もその考えに賛同しているため、この記事もみなさんにお届けしているのです。
私の記事からFXや投資の情報を吸収したり、デモトレードを積み重ねたりすることによって、あなたのFXの力は培われていくでしょう。

しかし同時に、学習し続けるというのは時間がかかるものです。
また、いざFXの学習を始めようと思ったときに、何から取り組んでいいかわからないという方も少なくありません。

そんな方々にこそ、私の「FXスキャル・パーフェクトシグナル無料講座」を活用していただきたいと思います。

エントリーも決済もサインが教えてくれる、手軽に稼げてしまう今回のツールについて、全4回の「FXスキャル・パーフェクトシグナル無料講座」をご覧になることで、理解を深めていただけるはずです。
これから投資の学習を進めていきたいFX初心者でも、十分に学び取ることができるでしょう。

そんな私のスキルを集結している講座を、無料で受講できるのは今だけです。
期間限定ですので、このチャンスを絶対に見逃さないでください。

1日10分という時短トレードを活用して、「本業以外でも稼ぎを手にしたい」と少しでも感じている方がいたら、ぜひ無料で学べるうちにメールアドレスをご登録ください。

FXスキャル・パーフェクトシグナル

この記事を書いた人のプロフィール

okutani

奥谷隆一

コンサルタント、エクセルのプロとしての経験から、緻密で正確な分析、改善には定評があり、その結果をシンプルなロジックやツールに落としこむスキルは、日本でもトップクラス。コンサルタントとしての顔を持ちながら、「兼業トレーダー」として毎月70万円、100万円と安定した利益を上げ続けている。日本で最も幸せに成功している兼業トレーダーとして、業界内でも有名。

詳細プロフィールへ

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 優位性のあるエントリーポイントを図る

PAGETOP