1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. チャートパターン「三角保ち合い」を意識したトレード

チャートパターン「三角保ち合い」を意識したトレード

チャートパターン「三角保ち合い」を意識したトレード

こんにちは、奥谷です。

「安倍一強」といわれる国会の会期が終わりましたが、強引な手法がパターン化してしまいましたね。
とりあえず最初になんだかんだと時間をかせいでおいて、最後は数の力で一気に法案を通す、あるいは問題の幕引きをはかる、というパターンです。

このパターンは困ったものですが、FXの世界にも「鉄板」といわれるチャートのパターンが存在し、こちらは歓迎できるものです。

「ダブルトップ」「ヘッドアンドショルダー」などがその一例ですが、今日は、私が特に意識しているチャートパターンをご紹介します。
それは、「三角保ち合い」です。

こちらは、執筆時点のUSDJPYの1時間足です。

USDJPY H1

USDJPY1H

高値が切り下がって(青色の丸印)、同時に安値が切り上がって(紫色の丸印)いますね。
その流れを赤いラインで示すと、このように三角形になります。

これは、キレイな三角形でなくてもかまいません。
ポイントは、高値切り下げと安値切り上げがしっかり同時に発生しているかどうかという点です。

この三角保ち合いが発生すると、高い確率でブレイクした方向にしばらくレートが動きます。

実際は、赤いラインはザックリ引いているので、これをブレイクしたからといってすぐにエントリーするわけではありません。
少し長めの時間足で三角形のブレイクが確認できたら、短期の時間足に切り替えてタイミングを計り、動いた方向について行きます。

「買い」で入ろうとしているときは、安値が切り上がっているか、「売り」で入ろうとしているときは高値が切り下がっているか、ということだけでも常に意識しておくとかなり勝率が上がると思います。

間違っても、その手前のレンジ相場で待ちきれなくなってエントリーしてしまうことがないようにしましょう。

 
今回、三角形形成のきっかけは、主要経済指標の発表です。

チャートのまん中にある大きな陰線は、米国の消費者物価指数と前月比小売売上高が発表され、予想より落ち込んだことによる下げです。
その後、イエレンFRB議長の定例記者会見で米国の2回目の利上げが発表され、大きく戻しました。

その前は、結果待ちで様子見するトレーダーが多いのでレンジになっていますね。
そして、結果が出たら大きく動く、という主要経済指標発表時の典型的なパターンになっています。

このように、大きな経済指標が発表された後に、特徴的なチャートパターンが出てきたり、それまで強固だったサポレジを一気に突破してトレンドが発生したりと、わかりやすい動きになることが多いです。

ですので、多くのトレーダーが様子見をしていてレンジ相場になっているところで焦ってエントリーするのではなく、動いた後に、わかりやすいところで相場に参加するようにしてくださいね。

きちんとトレンドが発生したことを確認してから、順張りエントリーでついて行くのが、一番かしこいトレードです。

最後に

現在私はクロスリテイリングさんで提供している、
「FXスキャル・パーフェクトシグナル無料講座」というコンテンツで講師を務めさせていただいています。

こちらの講座では、私が開発した、トレードのためのツールをご紹介しております。
忙しいサラリーマンの方でも、兼業トレーダーとして活躍し、稼ぎを倍増して元気になってもらいたいという思いで、ツールを開発させていただきました。

このツールを使えば、忙しいサラリーマンの方でも、1日10分程度のトレードで、多くの利益を上げることが十分に可能です。

「FXスキャル・パーフェクトシグナル無料講座」では、FX-Jinさんと共に、このツールについて解説しています。

初心者の方でも十分に学ぶことができる内容になっているので、
本業以外でも稼ぎを得たいと、少しでも思っている方がいらっしゃいましたら、ぜひともこの講座で学んでみてください。
(ありがたいことに、この私の講座で学び、成功を掴まれた方が多くいらっしゃいます!)

FXスキャル・パーフェクトシグナル

この記事を書いた人のプロフィール

okutani

奥谷隆一

コンサルタント、エクセルのプロとしての経験から、緻密で正確な分析、改善には定評があり、その結果をシンプルなロジックやツールに落としこむスキルは、日本でもトップクラス。コンサルタントとしての顔を持ちながら、「兼業トレーダー」として毎月70万円、100万円と安定した利益を上げ続けている。日本で最も幸せに成功している兼業トレーダーとして、業界内でも有名。

詳細プロフィールへ

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. チャートパターン「三角保ち合い」を意識したトレード

PAGETOP