1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. インディケーター配置変更のすすめ

インディケーター配置変更のすすめ

インディケーター配置変更のすすめ

こんにちは、奥谷です。

この一週間もイベントがもりだくさんですね。

国内は衆院選でドタバタ、6日には米国雇用統計、10日には朝鮮労働党創建70周年で北朝鮮が何かやらかしそうな地政学的リスクもあって、ガッツリとトレードできる状況ではありませんね。

様子見をしているトレーダーも多いと思いますので、なかなか大きなトレンドは出にくくなっています。

ということで、今日はトレードそのものというより、MT4の裏技をひとつご紹介しようと思います。

インディケーターの表示変更

次の図は、チャートに一目均衡表と 黄色の移動平均線(MA)を適用した図です。

一目均衡表と移動平均線(通常表示)

一目均衡表_移動平均線

雲のうしろにローソク足が隠れてしまって見にくい色になったり、MAも黄色にしたいのに、雲のうしろになったときは青っぽい色になってしまったりで、「表示順序を変更したい」と思ったことはありませんか。

このチャートは、MAを適用してからその次に一目均衡表を適用したため、このような状態になっています。
修正するには、一目を適用した後に MAを適用すれば良かったということです。

このように、2-3個のインジケーターなら、全部削除してしまって 最初から順序を考えて適用し直してもそんなに大変ではありませんが、もっと多くなってくるとそんなことはしていられませんよね。

そんなときに、簡単にインジケーターの表示順序を変更する裏技をご紹介します。

まず、ローソク足を一番前に表示しましょう。
これは簡単です。
MT4のチャート上で、右クリック→[プロパティ]から、[全般]タブの [チャートを前面に表示]のチェックボックスにチェックを入れて[OK]ボタンを押してください。

チャートを前面表示

ローソク足_最前表示

これで、常にローソク足が一番前に表示されるようになるので、雲のうしろに隠れてヘンな色で表示されることはなくなりました。

では、次に インジケーターどうしの順番を変更しましょう。
現在のチャートパターンを、[チャートの定型の設定]ボタンから[定型として保存]を選択して保存してください。

定型として保存

チャート_定型保存

名称は何でもかまいませんが、ここでは 「template_ICHI_MA」 とします。

これで現在のチャートパターンが定型チャートとして保存されたので、今度は同様に、[チャートの定型の設定]ボタンから[読み込み]とします。

「template_ICHI_MA」 を選択して 右クリックし、[プログラムから開く]として、メモ帳で開いてください。

プログラムから開く

インジケーター_テンプレート_プロパティ

すると、次の図のように、「template_ICHI_MA」 の中身のプログラムが見えるようになります。

この中で、<indicator> と、</indicator> とで挟まれた部分がインジケーターの設定を表す部分になります。
選択した部分(青色)は、「name=Moving Average」とあるので、MAの設定を表した部分です。
こちらを図のように選択して、右クリック→[切り取り] として、

切り取り

インジケーター_ソース_テンプレート_切り取り

一目均衡表の部分の下(次の図の黄色のラインの下)に [貼り付け] とすれば、MAと一目の順序が入れ替わります。

貼り付け

インジケーター_ソース_テンプレート_貼り付け

この状態でメモ帳を保存します。
次の図のように、[ファイル]→[上書き保存]としてください。

上書き保存

インジケーター_ソース_テンプレート_上書き保存

これで、インジケーターの順序が入れ替わった定型チャートが保存されたので、これを開くと、次の図のように、一目の上にMAが通るスッキリした配置になります。

一目均衡表と移動平均線(表示変更後)

一目均衡表_移動平均線_整理

雲のうしろをMAが通って、その部分だけ青くなる、ということはなくなりましたね。

インジケーターの表示順序は、チャート上で、右クリック→[表示中のインディケータ]とすれば確認できます。
次の図のように、一目の次にMAがあることがわかります。

表示中のインディケーター

表示中のインディケータ

このように、定型チャートのプログラムを直接イジれば、多くのインジケーターの配置を見やすく変更することができます。

プログラムというと、それだけで難しく感じる方もおられますが、今日お伝えしたように、全部の意味がわからなくても、一部だけを簡単に変更して便利に使うこともできますので、ぜひチャレンジしてみてください。

さて、国内でのFXの証拠金倍率が、早ければ来年にも25倍から10倍に引き下げられるそうです。
(検討中とのことですが、そういう規制強化は結局実施されるのでしょう。)

まあいろいろと変化の激しい業界ですが、これからは他の多くの分野においても倍々のスピードで変化していく世の中です。
変化の波に飲み込まれないよう、しっかりとしたトレードスキルを身に着けて、楽しく波乗りして過ごしていきましょう。

最後にあなたへのメッセージ

現在、私はクロスリテイリングさんで提供している「FXスキャル・パーフェクトシグナル無料講座」というコンテンツで、講師を務めさせてもらっています。

こちらの講座では私が開発した、トレードのためのツールをご紹介しています。

私のツールを使っていただければ、1日わずか10分程度、まるでゲーム感覚で多くの利益を上げることが十分に可能です。
また、毎月300回ほどのエントリーチャンスがあるため、自分のライフスタイルに合わせたFXの取り組みでも、十分に稼げます。

「このツールを活用して、忙しいサラリーマンの方でも兼業トレーダーとして活躍し、ご自身の稼ぎを倍増させることで元気になってもらいたい」

私はこういった思いを込めて、今回のツールを開発しました。
その中身は決して難しいスキルを要求するものではありませんので、FX初心者が気軽にトレードするツールとしても最適でしょう。

そして「FXスキャル・パーフェクトシグナル無料講座」では、FX-Jinさんと共にこのツールについて詳しく解説しています。

FX-Jinさんは以前より、FXの継続学習の大切さを語っています。
また同時に、クロスリテイリングさんの掲げる理念のひとつでもありますね。

確かに、FXは知識や経験を積み重ねることによって、稼ぐ力が身につきます。
私もその考えに賛同しているため、この記事もみなさんにお届けしているのです。
私の記事からFXや投資の情報を吸収したり、デモトレードを積み重ねたりすることによって、あなたのFXの力は培われていくでしょう。

しかし同時に、学習し続けるというのは時間がかかるものです。
また、いざFXの学習を始めようと思ったときに、何から取り組んでいいかわからないという方も少なくありません。

そんな方々にこそ、私の「FXスキャル・パーフェクトシグナル無料講座」を活用していただきたいと思います。

エントリーも決済もサインが教えてくれる、手軽に稼げてしまう今回のツールについて、全4回の「FXスキャル・パーフェクトシグナル無料講座」をご覧になることで、理解を深めていただけるはずです。
これから投資の学習を進めていきたいFX初心者でも、十分に学び取ることができるでしょう。

そんな私のスキルを集結している講座を、無料で受講できるのは今だけです。
期間限定ですので、このチャンスを絶対に見逃さないでください。

1日10分という時短トレードを活用して、「本業以外でも稼ぎを手にしたい」と少しでも感じている方がいたら、ぜひ無料で学べるうちにメールアドレスをご登録ください。

FXスキャル・パーフェクトシグナル

この記事を書いた人のプロフィール

okutani

奥谷隆一

コンサルタント、エクセルのプロとしての経験から、緻密で正確な分析、改善には定評があり、その結果をシンプルなロジックやツールに落としこむスキルは、日本でもトップクラス。コンサルタントとしての顔を持ちながら、「兼業トレーダー」として毎月70万円、100万円と安定した利益を上げ続けている。日本で最も幸せに成功している兼業トレーダーとして、業界内でも有名。

詳細プロフィールへ

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. インディケーター配置変更のすすめ

PAGETOP