1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. MAを使いやすくするとっておきの裏技

MAを使いやすくするとっておきの裏技

MAを使いやすくするとっておきの裏技

こんにちは、奥谷です。

先週は、EURUSDがまた注目の1.1200のポイントに絡んだ動きをしたので、こちらをピックアップしたいと思います。
こちらが、執筆時点のEURUSDチャートです。

[EURUSD 1時間足]

EURUSD 1時間足

水色縦線から右側が先週です。
四角マークを付けましたが、赤色水平線1.1200をはさんで、転換の典型的なチャートパターン、「ヘッドアンドショルダーズボトム」の形が表れました。

白色のネックラインを上抜けて上昇していくピンク色の波の部分は「買い」で取りやすいところです。

私は、21本の単純移動平均線(以下「MA」)もよく使っていますが、MAにキレイに支えられながら上昇している点からもわかりやすいと思います(下図参照)。

[EURUSD 1時間足拡大 21SMA太さ5]

EURUSD 1時間足拡大 21SMA太さ5

ところで、MAをチャート上に表示する方法はみなさんご存知ですね?

チャートを選択し、[ナビゲーター]ウィンドウから「インディケータ」内の「Custom Moving Averages」をダブルクリックしてください。

[パラメーターの入力]タブ内、「Period」の数字をダブルクリックして「21」に変更し、[OK]ボタンをクリックすると、21SMAがチャート上に表示されます。
(他の方法もありますが、今回はこの手順でお願いします)

パラメーター入力

そして、今日はこのMAを使って、久しぶりにMT4の裏技をひとつご紹介したいと思います。

先ほど表示したMAは太さ「5」のMAで、[色の設定]タブの「幅」項目を見ても、この太さが設定可能な最も太い線となっています。

幅の変更

しかし、重要なMAはもっと太くしっかりした線で表示したいと思われたことはありませんでしょうか。

私は複数のMAを表示することが多いため、もっと太いMAを表示したいと思うことがよくあります。
そんなときは、直接プログラムをイジってしまいます。簡単なので、今回一緒にやってみましょう。

まずは、先ほどの[ナビゲーター]ウィンドウ内の「Custom Moving Averages」を選択して、右クリック→[修正]としてください。

メタエディタ修正

「メタエディター」という、プログラムを編集するメモ帳のようなものが開くので、42行目に、

【 SetIndexStyle(0,DRAW_LINE); 】

と書いてあることを確認してください。

実は、「SetIndexStyle」という関数の4つ目のパラメータで「線の太さ」を指定できるルールになっており、「5」よりも大きい値を指定することができます。
このインジケーターのプログラムでは、42行目にこの関数が使われているのですが、線の太さを指定する部分が省略されているので、追記して太さを「20」に設定してみましょう。

【修正前】 SetIndexStyle(0,DRAW_LINE);
→ 【修正後】 SetIndexStyle(0,DRAW_LINE,EMPTY,20);

修正画面

カッコの中に、「カンマEMPTYカンマ20」と追記しただけです。
修正できたらツールバーにある、[コンパイル]というボタンを押してください(これは わかりやすくいうと“保存”みたいなものです)。

コンパイル

これで完成です。
MT4のチャートに戻って確認していただくと、MAの太さがスゴいことになってますね。

[EURUSD 1時間足拡大 21SMA太さ20]

EURUSD 1時間足拡大 21SMA太さ20

今回はサンプルとして極端に太くしてみましたが、この方法で「20」の部分をご自身のちょうど見やすい太さに調整して、実践にご活用いただければと思います。

プログラムというと、それだけで難しく感じる方もいますが、全部の意味がわからなくても、一部だけを簡単に変更して便利に使うこともできます。
ぜひチャレンジしてみてくださいね。

最後にあなたへのメッセージ

現在、私はクロスリテイリングさんで提供している「FXスキャル・パーフェクトシグナル無料講座」というコンテンツで、講師を務めさせてもらっています。

こちらの講座では私が開発した、トレードのためのツールをご紹介しています。

私のツールを使っていただければ、1日わずか10分程度、まるでゲーム感覚で多くの利益を上げることが十分に可能です。
また、毎月300回ほどのエントリーチャンスがあるため、自分のライフスタイルに合わせたFXの取り組みでも、十分に稼げます。

「このツールを活用して、忙しいサラリーマンの方でも兼業トレーダーとして活躍し、ご自身の稼ぎを倍増させることで元気になってもらいたい」

私はこういった思いを込めて、今回のツールを開発しました。
その中身は決して難しいスキルを要求するものではありませんので、FX初心者が気軽にトレードするツールとしても最適でしょう。

そして「FXスキャル・パーフェクトシグナル無料講座」では、FX-Jinさんと共にこのツールについて詳しく解説しています。

FX-Jinさんは以前より、FXの継続学習の大切さを語っています。
また同時に、クロスリテイリングさんの掲げる理念のひとつでもありますね。

確かに、FXは知識や経験を積み重ねることによって、稼ぐ力が身につきます。
私もその考えに賛同しているため、この記事もみなさんにお届けしているのです。
私の記事からFXや投資の情報を吸収したり、デモトレードを積み重ねたりすることによって、あなたのFXの力は培われていくでしょう。

しかし同時に、学習し続けるというのは時間がかかるものです。
また、いざFXの学習を始めようと思ったときに、何から取り組んでいいかわからないという方も少なくありません。

そんな方々にこそ、私の「FXスキャル・パーフェクトシグナル無料講座」を活用していただきたいと思います。

エントリーも決済もサインが教えてくれる、手軽に稼げてしまう今回のツールについて、全4回の「FXスキャル・パーフェクトシグナル無料講座」をご覧になることで、理解を深めていただけるはずです。
これから投資の学習を進めていきたいFX初心者でも、十分に学び取ることができるでしょう。

そんな私のスキルを集結している講座を、無料で受講できるのは今だけです。
期間限定ですので、このチャンスを絶対に見逃さないでください。

1日10分という時短トレードを活用して、「本業以外でも稼ぎを手にしたい」と少しでも感じている方がいたら、ぜひ無料で学べるうちにメールアドレスをご登録ください。

FXスキャル・パーフェクトシグナル

この記事を書いた人のプロフィール

okutani

奥谷隆一

コンサルタント、エクセルのプロとしての経験から、緻密で正確な分析、改善には定評があり、その結果をシンプルなロジックやツールに落としこむスキルは、日本でもトップクラス。コンサルタントとしての顔を持ちながら、「兼業トレーダー」として毎月70万円、100万円と安定した利益を上げ続けている。日本で最も幸せに成功している兼業トレーダーとして、業界内でも有名。

詳細プロフィールへ

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. MAを使いやすくするとっておきの裏技

PAGETOP