1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 年初めこそ、トレードの心構えを見直しましょう

年初めこそ、トレードの心構えを見直しましょう

年初めこそ、トレードの心構えを見直しましょう

あけましておめでとうございます、奥谷です。

2020年最初の執筆になります。

今年は年明け早々、米国のイラン司令官殺害と報復攻撃に端を発する、中東の地政学的リスク増大から始まりましたね。
8日の、イランの米軍基地報復攻撃からトランプ大統領の声明発表あたりでは、ドル円も大きく動きました。

こちらは執筆時点のドル円チャートですが、下方の黄色い矢印部分が、該当する動きになります。

[USDJPY 1時間足]

USDJPY 1時間足

水色縦線から右側が先週です。

100pips近く急落した後、一転して反騰し全戻し。
現在は110円目前まで上げています。

このように大きく動くと、勝った人も負けた人も、どちらもたくさんいらっしゃると思いますが、今回は年の始めということで、あらためてトレードにおける心構えについて再考してもらえるようなお話をしたいと思います。

トレードで大切な心構え

今回のケースに限らず、トレードで数回負けてしまうとすぐに、「今の手法はダメだ」と言って手法を変えようとする人がよくいます。

負けない手法は存在しませんし、プロトレーダーでも勝率100%の人は存在しません。

FXは勝ったり負けたりしながら、トータルとして利益を残していくゲームです。
プロトレーダーは負け方が上手だから “プロ” なのです。

そもそも、優位性のあるロジックは長期的にはプラスになっていくはずです。
それを数回負けたからといってコロコロ変えていては、どんなに優れた手法であってもうまく使いこなせるようになりません。

負けたときは、まずは客観的に自身のトレードを振り返って反省するところから始めましょう。

エントリーはルール通りにできたか。
たとえば今回のケースであれば、イランの報復攻撃のニュースでチャートが急落するのを見てあわてて追っかけエントリーで売っていなかったか。

決済や損切りはルール通りできたか。
たとえば今回のケースであれば、急反騰するのを見て、あわてて損切りラインを上にズラして傷を広げなかったか。

資金管理は適切だったか。
この勢いなら絶対下げ続けるはずだ、と思っていつもより大きなロットで仕掛けていなかったか。

などなど、負けた原因を1トレードごとに振り返って反省し、改善し続けることが大切です。

一方、勝ったら勝ったで、「次はさっきよりももっと勝ってやろう」と思ってどんどんロットを上げてトレードする人がよくいます。

大きく勝てたということは、相場が大きく動いたということです。
大きく動いた後は、ポジションが整理されてしまうので、たいていあまり動かない相場がやってきます。

そんなタイミングでロットを大きくしてトレードしたら、大きく負ける確率が高くなります。

そして結果的に、勝てていたときの利益を全部失ってトータルマイナスになってしまいます。

「勝って兜の緒を締めよ」ということわざがあるように、勝ったからといって調子に乗らないで、やはりしっかり振り返って、ルール通りのトレードができて勝てたのかどうかを確認する必要があります。

もしそうでなければ、そのときの相場つきがたまたま良くて、運良く勝てただけかもしれないからです。

このように、勝ったときにも負けたときにも、自身のトレードを客観的に振り返ることが大切です。
そのためには、どのような場面でエントリーして決済したのかを、チャートのキャプチャを残しておく必要があります。

年の始めということで、今年からぜひ「トレードするごとに、その実践記録をつける」という習慣付けを始められることをオススメします。

[USDJPY 1時間足]

USDJPY 1時間足

最後に、先ほども見たチャートでの私の直近のトレードですが、昨年の12月から越えられなかった109.70円のライン(上図・赤色水平線)をブレイクしてきたので、短期足に切り替えて買いエントリーし、現在保有中です。

110円手前くらいでの動きを見ながら決済していこうと思っていますが、どうなりますかね。

それでは、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

最後にあなたへのメッセージ

現在、私はクロスリテイリングさんで提供している「FXスキャル・パーフェクトシグナル無料講座」というコンテンツで、講師を務めさせてもらっています。

こちらの講座では私が開発した、トレードのためのツールをご紹介しています。

私のツールを使っていただければ、1日わずか10分程度、まるでゲーム感覚で多くの利益を上げることが十分に可能です。
また、毎月300回ほどのエントリーチャンスがあるため、自分のライフスタイルに合わせたFXの取り組みでも、十分に稼げます。

「このツールを活用して、忙しいサラリーマンの方でも兼業トレーダーとして活躍し、ご自身の稼ぎを倍増させることで元気になってもらいたい」

私はこういった思いを込めて、今回のツールを開発しました。
その中身は決して難しいスキルを要求するものではありませんので、FX初心者が気軽にトレードするツールとしても最適でしょう。

そして「FXスキャル・パーフェクトシグナル無料講座」では、FX-Jinさんと共にこのツールについて詳しく解説しています。

FX-Jinさんは以前より、FXの継続学習の大切さを語っています。
また同時に、クロスリテイリングさんの掲げる理念のひとつでもありますね。

確かに、FXは知識や経験を積み重ねることによって、稼ぐ力が身につきます。
私もその考えに賛同しているため、この記事もみなさんにお届けしているのです。
私の記事からFXや投資の情報を吸収したり、デモトレードを積み重ねたりすることによって、あなたのFXの力は培われていくでしょう。

しかし同時に、学習し続けるというのは時間がかかるものです。
また、いざFXの学習を始めようと思ったときに、何から取り組んでいいかわからないという方も少なくありません。

そんな方々にこそ、私の「FXスキャル・パーフェクトシグナル無料講座」を活用していただきたいと思います。

エントリーも決済もサインが教えてくれる、手軽に稼げてしまう今回のツールについて、全4回の「FXスキャル・パーフェクトシグナル無料講座」をご覧になることで、理解を深めていただけるはずです。
これから投資の学習を進めていきたいFX初心者でも、十分に学び取ることができるでしょう。

そんな私のスキルを集結している講座を、無料で受講できるのは今だけです。
期間限定ですので、このチャンスを絶対に見逃さないでください。

1日10分という時短トレードを活用して、「本業以外でも稼ぎを手にしたい」と少しでも感じている方がいたら、ぜひ無料で学べるうちにメールアドレスをご登録ください。

FXスキャル・パーフェクトシグナル

この記事を書いた人のプロフィール

okutani

奥谷隆一

コンサルタント、エクセルのプロとしての経験から、緻密で正確な分析、改善には定評があり、その結果をシンプルなロジックやツールに落としこむスキルは、日本でもトップクラス。コンサルタントとしての顔を持ちながら、「兼業トレーダー」として毎月70万円、100万円と安定した利益を上げ続けている。日本で最も幸せに成功している兼業トレーダーとして、業界内でも有名。

詳細プロフィールへ

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 年初めこそ、トレードの心構えを見直しましょう

PAGETOP