1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 相場観を培っていきましょう

相場観を培っていきましょう

相場観を培っていきましょう

こんにちは、奥谷です。

あっという間に2020年も半分が過ぎてしまいましたね。

今年はコロナの影響で、ステイホームとかテレワークとか、今までの日常と違う日々が続きバタバタしているうちに半分が終わってしまいました。

今年の夏は例年より暑くなりそうとの予報が出ているので、在宅ワークをしているうちに家の中で熱中症にならないように気をつけましょう。

さて、先週の相場は全体的にあまり動きませんでしたね。
動かなかったというよりは、方向感なく動いてトレードしづらい週だったように思います。

こういう相場つきのときには無理にトレードする必要はありません。
各国の経済活動再開に伴う景気回復期待と、コロナ第2波への警戒感とが交錯して、他のトレーダーも買ってよいものか売ってよいものか迷っている “気迷い相場” ともいえる展開だったのではないでしょうか。

特に、英国では上記に加え、EUとの自由貿易協定(FTA)交渉の問題も抱えています。
6月末がブレグジット移行期間の延長を判断する期限になっていますが、ジョンソン首相は延長しないと言っているものの、FTA交渉には進展が見られず、先行き不透明感からポンドの上値が重くなっています。

こちらは執筆時点のポンドドルの1時間足チャートです。

[GBPUSD 1時間足]

GBPUSD 1時間足

水色縦線から右側が先週です。

先週は私もほとんどトレードしませんでしたが、金曜日に前日安値(赤色水平線)割れを20pipsほど獲得しました(マゼンタ色の波の一部)。
本日は、このチャートから私がどのように「振り返り」を行ったかをお話しして、少しでも皆さんのチャート分析の際の参考にしていただければと思います。

まず、緩やかに右肩下がりの水色点線を引いていますが、こちらは4時間足で見たときのチャネルラインになります。

4時間足では比較的きれいな下降トレンドになっていたので、目安としてザックリ引きました。
水曜日に黄色水平線を下にブレイクして、1時間足でも下目線に転換しました。

いったんプルバックで戻しますが、前の高値を超えられずに再び下げてきた青い波の部分は、見ていれば売りで取れたかな、と考えられるポイントです。

その後、レンジに入りますが、オレンジの波のように高値切り上げと安値切り下げが同時に起こる拡散タイプのもみ合いで、しばらくやりづらい展開になりそうです。

木曜日からは動かず、金曜日の夜にようやく前日安値をブレイクしながら下降トレンドを継続してきたため、ここで売りエントリーした、という流れです。

このようなイメージで、土曜日か日曜日に、止まっているチャートで前の一週間を振り返る習慣を付けることをオススメします。

高値・安値を追いながら、「ここはブレイクアウトで取れていたな」とか、「ここは損切りになっていたかもしれないな」とか、「ここは判断が難しかったな」など、簡単な感想を理由付きで言えればそれだけで結構です。

止まっている過去チャートを見ていろいろ考えても利益になるわけでもなく、意味が無いじゃないか、と思う方もいらっしゃるようですが、これを続けていると相場観が養われていきます。

同じようなパターンが繰り返されていることにも気付けるので、リアルタイムで動いているチャートを見たときに、「ここは伸びそうだな」とか、「そろそろレンジに入るかな」という “感じがする” ようになって、実際(まあまあいい確率で)その通りになるようになってきます。

この “相場観” は、なんとなく上がりそうだな、というような「勘」ではなく、じっくり観察し分析する訓練の継続によって生まれる判断、という意味の「観」です。

慣れれば10分程度でできますので、今年の後半からは、週に一度の習慣としてチャートの振り返りをぜひ継続してみてくださいね。

最後にあなたへのメッセージ

現在、私はクロスリテイリングさんで提供している「FXスキャル・パーフェクトシグナル無料講座」というコンテンツで、講師を務めさせてもらっています。

こちらの講座では私が開発した、トレードのためのツールをご紹介しています。

私のツールを使っていただければ、1日わずか10分程度、まるでゲーム感覚で多くの利益を上げることが十分に可能です。
また、毎月300回ほどのエントリーチャンスがあるため、自分のライフスタイルに合わせたFXの取り組みでも、十分に稼げます。

「このツールを活用して、忙しいサラリーマンの方でも兼業トレーダーとして活躍し、ご自身の稼ぎを倍増させることで元気になってもらいたい」

私はこういった思いを込めて、今回のツールを開発しました。
その中身は決して難しいスキルを要求するものではありませんので、FX初心者が気軽にトレードするツールとしても最適でしょう。

そして「FXスキャル・パーフェクトシグナル無料講座」では、FX-Jinさんと共にこのツールについて詳しく解説しています。

FX-Jinさんは以前より、FXの継続学習の大切さを語っています。
また同時に、クロスリテイリングさんの掲げる理念のひとつでもありますね。

確かに、FXは知識や経験を積み重ねることによって、稼ぐ力が身につきます。
私もその考えに賛同しているため、この記事もみなさんにお届けしているのです。
私の記事からFXや投資の情報を吸収したり、デモトレードを積み重ねたりすることによって、あなたのFXの力は培われていくでしょう。

しかし同時に、学習し続けるというのは時間がかかるものです。
また、いざFXの学習を始めようと思ったときに、何から取り組んでいいかわからないという方も少なくありません。

そんな方々にこそ、私の「FXスキャル・パーフェクトシグナル無料講座」を活用していただきたいと思います。

エントリーも決済もサインが教えてくれる、手軽に稼げてしまう今回のツールについて、全4回の「FXスキャル・パーフェクトシグナル無料講座」をご覧になることで、理解を深めていただけるはずです。
これから投資の学習を進めていきたいFX初心者でも、十分に学び取ることができるでしょう。

そんな私のスキルを集結している講座を、無料で受講できるのは今だけです。
期間限定ですので、このチャンスを絶対に見逃さないでください。

1日10分という時短トレードを活用して、「本業以外でも稼ぎを手にしたい」と少しでも感じている方がいたら、ぜひ無料で学べるうちにメールアドレスをご登録ください。

FXスキャル・パーフェクトシグナル

この記事を書いた人のプロフィール

okutani

奥谷隆一

コンサルタント、エクセルのプロとしての経験から、緻密で正確な分析、改善には定評があり、その結果をシンプルなロジックやツールに落としこむスキルは、日本でもトップクラス。コンサルタントとしての顔を持ちながら、「兼業トレーダー」として毎月70万円、100万円と安定した利益を上げ続けている。日本で最も幸せに成功している兼業トレーダーとして、業界内でも有名。

詳細プロフィールへ

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 相場観を培っていきましょう

PAGETOP