1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 上位足の方向性も考慮しましょう

上位足の方向性も考慮しましょう

上位足の方向性も考慮しましょう

こんにちは!

関野です。

それでは今回は、先週の

2017年1月9日~1月13日の相場を振り返っていきたいと思います。

今回は、

前回の記事から保有となっていた、

GBPAUDがどうなっているのかから始めていきたいと思います。

GBPAUD 1時間足

GBPAUD1時間足チャート

先週は縦ラインの所からスタートしています。

1時間足でタイミングを合わせて矢印の場所でエントリーでエントリーしましたが、

結局この1週間、保有し続けることとなりました。

ダイバージェンスは発生しているものの、高値を更新してくることもなくそのまま継続していたため、

保有を継続しました。

現在670pips程の含み益となっております。

今後も高値更新するまでは保有を続ける予定です。

ポジションを持ち続けているので、

先週は特にエントリーすることもありませんでしたが、

いつも通り、

3つの通貨ペアも確認して通貨の強弱を確認していきます。

まずはUSDJPYから確認していきます。

USDJPY 4時間足

USDJPY4時間足チャート

先週は縦ラインの所からスタートしています。

前回の記事より、

ダウントレンドということをお伝えしましたが、

下落の勢いが強くなってきました。

確かにダウントレンドですので、

この動きにより、

USDが弱く

JPYが強い通貨と判断しています。

ただし、

日足でのアップトレンドはまだまだ変わっていません。

さらに、

4時間足のダウントレンドは、深めに戻していることもあり、

日足の調整相場の可能性は高いと思われます。

円高傾向の動きは今後も動く可能性はありますが、

日足の逆方向の動きということも背景に考えて、

深追いはせずに、気を付ける必要があると考えます。

続いては、

EURGBP 4時間足

EURGBP4時間足チャート

先週は縦ラインの所からスタートしています。

完全にアップトレンドとなっています。

日足もアップトレンドと考えていますので

今後もトレンド継続の可能性は高いと判断しました。

ただし、

気を付けなければいけないのが、

直近の高値更新の場所でダイバージェンスが発生しております。

上昇の勢いが弱まる可能性がありますので注目する必要があります。

4時間足の安値を更新するかしないかが今後の確認する必要がある場所かと思います。

今のところ、

この動きにより、

EURが強く

GBPが弱くなる可能性が高いと判断しました。

最後に

AUDNZD 4時間足

AUDNZD4時間足チャート

先週は縦ラインの所からスタートしています。

前回の記事で上昇の勢いが出始めたとお伝えしましたが、

先週も絶好調のアップトレンドとなりました。

日足の動きは正直なんとも言えないところもありますので、

どこまで上昇するかは読めない部分もありますが、

少なくても4時間足でのアップトレンドで

ダイバージェンスも特に発生していないので、

今のところトレンド継続で見ております。

この動きにより、

AUDが強く

NZDが弱い通貨と判断しました。

3つの通貨ペアを確認し、

前回の記事での通貨の勢いと

ほぼ変わりなしです。

違っている場面は、

USDとJPYのトレンドがはっきりでたことです。

強い通貨は、

EURとAUDとJPY

弱い通貨は、

GBPとNZDとUSD

と判断しました。

勢いから見ても、

GBPAUDは先週もちゃんとトレンドがはっきり出やすいペアだったことがわかります。

あと選択肢としては、

USDJPYやGBPJPYのショート狙いというのも

とってもいい感じでトレンド発生する通貨ペアでしたが、

GBPAUDとGBPJPYを比べるために、

AUDJPYを確認したり、

USDJPYとGBPJPYを比べるために、

GBPUSDを確認したり、

比べる作業をやっておりましたが、

通貨ペアを変更してまでエントリーするほどの

勢いは出そうにない形でしたので、

結果として、

GBPAUDを持ち続けるという選択となりました。

全体的に一方方向に動き続ける動きとなったため、

利益が出やすい週だったのではないかなと思います。

それでは今回はこれで以上です。

ぜひ参考にしてみてくださいね!!

関野式トレンドフォロー・ステップアップ講座

この記事を書いた人のプロフィール

sekino

関野典良

年間利率12,000%をマークしたことのあるFXのプロトレーダー。達観した相場読解力と巧みな資金管理術で、非常に高い勝率をキープしている実力者。 現在では、代表山口との対談講演や、FX教材のメルマガなどにも参加し、FX活動の幅を広げている。

詳細プロフィールへ

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 上位足の方向性も考慮しましょう

PAGETOP