1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 今回は大満足なトレードができました

今回は大満足なトレードができました

今回は大満足なトレードができました

こんにちは!

関野です。

それでは今回は、先週の

2017年1月16日~1月20日の相場を振り返っていきたいと思います。

今回は、

前回の記事から保有となっていた、

GBPAUDがどうなっているのかから始めていきたいと思います。

GBPAUD 1時間足

GBPAUD1時間足チャート

先週は縦ラインの所からスタートしています。

ずっと保有していたGBPAUDですが、

ようやく高値更新したため決済となりました。

720pipsの利益となりました。

スイングトレードは

今回のように、大きなトレンドが発生すると、

大きなボーナスがもらえるのが醍醐味ですね!

大満足なトレードができました。

それではいつも通り、

3つの通貨ペアも確認して通貨の強弱を確認していきます。

まずはUSDJPYから確認していきます。

USDJPY 4時間足

USDJPY4時間足チャート

先週は縦ラインの所からスタートしています。

ダウントレンドです。

ただし、

日足ではアップトレンドですので、

今のところ、

日足の調整相場と判断しています。

ですので、

長期的にダウントレンドが続く可能性は低いものの

現状は下落ですので、

この動きにより、

USDが弱く

JPYが強い通貨と判断しています。

続いては、

EURGBP 4時間足

EURGBP4時間足チャート

先週は縦ラインの所からスタートしています。

週明けは、完全にアップトレンドの相場です。

ただし、

前回の記事でも書いた通りダイバージェンス発生しています。

そして、

矢印の場所で安値を更新しました。

これにより、

トレンド転換したと判断しました。

日足はダウントレンドとなっていることもあり、

下落方向に動きやすい相場と判断しました。

週の前半は、

EURが強く、

GBPが弱い相場と判断し、

週の後半は、

EURが弱く、

GBPが強い相場と判断しました。

最後に

AUDNZD 4時間足

AUDNZD4時間足チャート

先週は縦ラインの所からスタートしています。

前回同様アップトレンドです。

日足のトレンドラインブレイクから、

いい感じにトレンドが発生しています。

ダイバージェンスも特に発生している様子もないため、

トレンド継続と判断しています。

この動きにより、

AUDが強く、

NZDが弱い通貨と判断しました。

3つの通貨ペアを確認し、

強い通貨は、AUDとJPY

弱い通貨は、NZDとUSD

と判断しました。

EURとGBPは週の前半後半で、

強さが変化します。

継続して保有していたGBPAUD

決済になった場所が、

まさにEURとGBPの勢いが変わった場所でした。

今回、GBPAUDを決裁した後、

どれに注目したかというと・・・・

すいません。

その後、エントリーを控えてしまいました。

1月になってからとってもやりやすかった相場が、

EURとGBPの転換により、

ちょっとだけ複雑になりました。

大きな利益が出たし休憩でいーやと思い、

チャートは見ていたものの、

エントリーせずに終了しちゃいました^^;

今確認してみると、

スイングでは利益の出せない相場になっていました。

スキャルの人なら稼げるかなってところでしょうか。。。

もしやるとしたら、

EURAUDのショート狙いでもやっていたかなぁと思います。

自分のよくあることですが、

大勝ちした後に

調子に乗っていっぱい負けるということが、

非常によくありました。

多分これがトラウマになっていると思うのですが、

自分は、負けた時以上に勝ちまくった後のほうが、

エントリーするに恐怖で手が震えちゃったります。 笑

そんな弱いところを何度も経験したので、

やらない方がいいと思って遊んじゃいます!!

それでは今回はこれで以上です。

ぜひ参考にしてみてくださいね!!

関野式トレンドフォロー・ステップアップ講座

この記事を書いた人のプロフィール

sekino

関野典良

年間利率12,000%をマークしたことのあるFXのプロトレーダー。達観した相場読解力と巧みな資金管理術で、非常に高い勝率をキープしている実力者。 現在では、代表山口との対談講演や、FX教材のメルマガなどにも参加し、FX活動の幅を広げている。

詳細プロフィールへ

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 今回は大満足なトレードができました

PAGETOP