1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 通貨の勢いを見て決済タイミングを判断する

通貨の勢いを見て決済タイミングを判断する

通貨の勢いを見て決済タイミングを判断する

こんにちは!

関野です。

それでは今回は、先週の

2017年1月23日~1月27日の相場を振り返っていきたいと思います。

いつも通り、

3つの通貨ペアも確認して通貨の強弱を確認していきます。

まずはUSDJPYから確認していきます。

USDJPY 4時間足

USDJPY4時間足チャート

先週は縦ラインの所からスタートしています。

週の初めはダウントレンドでした。

日足での調整相場の動きです。

そして、

矢印の場所で高値を更新し、

アップトレンドとなりました。

日足もアップトレンドですので、

トレンド継続する可能性が高いと判断しました。

この動きにより、

週の前半は

USDが弱く、

JPYが強い相場と判断し、

矢印の場所から

USDが強く

JPYが弱い通貨と判断しています。

続いては、

EURGBP 4時間足

EURGBP4時間足チャート

先週は縦ラインの所からスタートしています。

ダウントレンド継続です。

日足もダウントレンドと判断しておりますし、

特にダイバージェンスも発生しておりませんので、

今後も継続する可能性が高いと判断しております。

この動きにより、

EURが弱く

GBPが強い相場と判断しました。

最後に

AUDNZD 4時間足

AUDNZD4時間足チャート

先週は縦ラインの所からスタートしています。

矢印の場所で安値更新し、

ダウントレンドへトレンド転換しました。

しかし、日足の方向感がいまいち安定しておらず

今後の方向感がちょっと自分では判断できません。

4時間足ではダウントレンドとなったため、

この動きにより、

AUDが弱く

NZDが強い通貨と判断しました。

ただし、

日足の方向感がよくわからないので

この勢いがどこまで継続するか不明確です。

デイトレより短い期間のトレードでしたら使いやすいとは思いますが、

スイングには使いづらい通貨だなぁと判断しました。

3つの通貨ペアを確認し、

はっきりしていたのは、

GBPが強くて

EURが弱いこと。

そして、USDJPYは、

週の前半は、

USDが弱くて

JPYが強いということ。

矢印の場所から

USDが強くなって

JPYが弱くなったこと。

一時的かもしれないけど、

NZDが強くなって

AUDが弱くなったこと。

通貨の中で目立っていたのはGBPが強く買われていたことでした。

ですのでGBPの買いをメインに考えていました。

実際に狙った通貨ペアは、

強いGBP週の前半弱かったUSDの組み合わせで

GBPUSDのロング狙いです。

GBPUSD 4時間足

GBPUSD4時間足チャート

先週は縦ラインの所からスタートしています。

きれいにアップトレンドとなっていました。

日足は相当ひどいレンジ相場で

日足の安値から上昇しているタイミングでした。

明らかに長期保有する通貨ペアではないので、

上昇の勢いが継続している間だけ取引しようと判断しました。

GBPUSD 1時間足

GBPUSD1時間足チャート

先週は縦ラインの所からスタートしています。

黄色のラインに支えられ、

下ひげがない陽線で、包み足となったため

矢印の場所でエントリーしました。

早期撤退を前提でのエントリーでしたので、

早めのエントリーです。

エントリー直後にダイバージェンスが発生し、

USDJPYのトレンド転換したタイミングでUSDが強くなり始めた途端

大きな陰線が2本発生し、危険と判断し決済しました。

150pipsの利益となりました。

日足がレンジ相場ですので、

早く逃げることは当然のことだとは思います。

ただし、

USDの勢いの変化がわかっていなければ

決済の判断がもう少し遅れていたかと思います。

通貨の勢いを確認することが

非常に重要だなぁと改めて感じたトレードとなりました。

それでは今回はこれで以上です。

ぜひ参考にしてみてくださいね!!

関野式トレンドフォロー・ステップアップ講座

この記事を書いた人のプロフィール

sekino

関野典良

年間利率12,000%をマークしたことのあるFXのプロトレーダー。達観した相場読解力と巧みな資金管理術で、非常に高い勝率をキープしている実力者。 現在では、代表山口との対談講演や、FX教材のメルマガなどにも参加し、FX活動の幅を広げている。

詳細プロフィールへ

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 通貨の勢いを見て決済タイミングを判断する

PAGETOP