1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 決済時の理由付けを忘れないようにしましょう

決済時の理由付けを忘れないようにしましょう

決済時の理由付けを忘れないようにしましょう

こんにちは!

関野です。

それでは今回は、先週の

2017年5月1日~5月5日の相場を振り返っていきたいと思います。

それではいつも通り、

3つの通貨ペアも確認して通貨の強弱を確認していきます。

まずはUSDJPYから確認していきます。

USDJPY 4時間足

USDJPY4時間足チャート

先週は縦ラインの所からスタートしています。

日足はダウントレンド中です。

4時間足は前回の記事同様アップトレンドです。

ダイバージェンス発生しているので、勢いが弱くなっているかと思いますが、

結局週末までトレンドは変わりませんでした。

日足の調整相場と今のところは判断しており、

下落が始まったら大きく下落する可能性もあるので注意が必要です。

4時間足はアップトレンドですので、

この動きにより

USDが強く

JPYが弱い通貨と判断しました。

続いては、

EURGBP 4時間足

EURGBP4時間足チャート

先週は縦ラインの所からスタートしています。

日足は今のところダウントレンドと判断しています。

4時間足は正直判断に迷いました。

前回の記事では週末は下落と判断しており、

日足と同方向ですので下落の可能性が高いと思っておりましたが、

矢印の場所で高値更新し、トレンド転換しました。

その後、

じりじりと上昇を続けました。

この動きにより、

EURが強く

GBPが弱い通貨と判断しました。

日足と方向感が違うと判断しておりましたので、

いずれ下落の可能性があるとは思っており、

ゆっくり上がっていった先週の動きは調整方向に起こるパターンが多いので、

判断に迷いました。

最後に

AUDNZD 4時間足

AUDNZD4時間足チャート

先週は縦ラインの所からスタートしています。

4時間足は矢印の場所で安値更新し、ダウントレンドとなりました。

日足はアップトレンドだと判断した後だったので、

下落は調整だと思っておりましたが、

週末まで大きく下がる結果となりました。

判断が難しい相場は答えを出すのがとっても難しいと痛感しました。

現在は、日足はそのまま安値更新するようならダウントレンドと判断し、

安値更新することなく上昇するようならばアップトレンドと判断しようと思い、

今のところよくわからないとしようと思いました。

4時間足は矢印の場所からダウントレンドとなりましたので、

この動きにより、

AUDが弱く

NZDが強い通貨と判断しました。

3つの通貨ペアを確認し、

強い通貨は

USDとEURとNZD

弱い通貨は

JPYとGBPとAUDでした。

先週の特徴は、

欧州通貨のEURとGBPはどちらも強く

オセアニア通貨のAUDとNZDがどちらも弱くなっておりました。

USDJPY上昇の勢いが強いのですが、

ダイバージェンス発生でトレンド転換が不安で手を出すのをやめました。

今回注目した通貨ペアは、

強いEUR弱いAUDの組み合わせでEURAUDのロング狙いです。

EURAUD 4時間足

EURAUD4時間足チャート

先週は縦ラインの所からスタートしています。

日足はアップトレンドです。

4時間足もきれいなアップトレンドで、

サポレジラインもきれいに反応し、上昇し始めておりました。

ダイバージェンスもついていなくて、相場の形としてもいい感じです。

EURAUD 1時間足

EURAUD1時間足チャート

先週は縦ラインの所からスタートしています。

矢印の場所で押し目買いでエントリーしました。

エントリー後はきれいに上昇し、×の場所で決済となりました。

ダイバージェンスは発生しているものの、

安値更新しているわけではないので、

普段の自分でしたら、本来はそのまま週末持ち越しです。

雇用統計もEURAUDはそこまで影響することもないので特に気にしておりません。

デイトレードでしたら気にするとは思いますが。。。

今回の決済は、単純に週末はフランス大統領選挙ですので、

その前に決済しておきたかったので、

何か理由がほしくて、雇用統計前に決済しておこうかなと思っての決済でした。

フランス大統領選挙がなければそのまま保有を続けていると思います。

今回は300pipsほどの利益となりました。

それでは今回はこれで以上です。

ぜひ参考にしてみてくださいね!!

関野式トレンドフォロー・ステップアップ講座

この記事を書いた人のプロフィール

sekino

関野典良

年間利率12,000%をマークしたことのあるFXのプロトレーダー。達観した相場読解力と巧みな資金管理術で、非常に高い勝率をキープしている実力者。 現在では、代表山口との対談講演や、FX教材のメルマガなどにも参加し、FX活動の幅を広げている。

詳細プロフィールへ

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 決済時の理由付けを忘れないようにしましょう

PAGETOP