1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. ボラティリティが低い通貨ペアでも利益に繋がる

ボラティリティが低い通貨ペアでも利益に繋がる

ボラティリティが低い通貨ペアでも利益に繋がる

こんにちは!

関野です。

それでは今回は、先週の

2017年5月15日~5月19日の相場を振り返っていきたいと思います。

それではいつも通り、

3つの通貨ペアも確認して通貨の強弱を確認していきます。

まずはUSDJPYから確認していきます。

USDJPY 4時間足

USDJPY4時間足チャート

先週は縦ラインの所からスタートしています。

日足はダウントレンドです。

4時間足は前回の記事で書いた通り、

トレンド転換したようでダウントレンドとなりました。

前回までは上昇の勢いが非常に強かったため

上昇が始まったら使おうと思っていた通貨でしたが、

矢印の場所で安値更新し、大きな陰線が出るようになり、

下落方向の勢いが非常に強くなりました。

この動きにより

USDが弱く

JPYが強い通貨と判断しました。

日足と同方向の動きでもあるため

しばらくこの動きが続く可能性があると判断しています。

続いては、

EURGBP 4時間足

EURGBP4時間足チャート

先週は縦ラインの所からスタートしています。

日足は前回まではダウントレンドと判断しておりましたが、

今回から主要な高値を更新したため、またよくわからない状況になりました。

今のところ日足はレンジと判断しております。

4時間足は高値更新し、アップトレンドとなりました。

日足が非常に読みにくいため今後、トレンドがどこまで続くかは

全くわかりませんが、勢いだけはしっかりあったため、

この勢いが続く限りアップトレンドと判断しようと思います。

この動きにより、

EURが強く

GBPが弱い通貨と判断しました。

最後に

AUDNZD 4時間足

AUDNZD4時間足チャート

先週は縦ラインの所からスタートしています。

日足はダウントレンドと判断しております。

4時間足は前回の記事で書いた通り、

大きく上昇してはいますが、

高値更新しているわけではないので、

ダウントレンドと判断しておりました。

そして、下落方向に動き始めたら使い始めようと思っていました。

今現状を見ると、一時的に下落はしたものの、

価格は元通りになり、単なるレンジ相場となりました。

ただし、リアルタイムでは、矢印の場所で下落しはじめたため

再び下落方向に動き始める可能性が高いと判断しておりました。

この動きにより、

現状はレンジ相場で使い物にならない通貨となっておりますが、

少なくても矢印の場所で

AUDが弱く

NZDが強い通貨と判断しておりました。

3つの通貨ペアを確認し、

強い通貨は

JPYとEUR

弱い通貨は

USDとGBPでした。

そして、

AUDNZDの矢印の場所に関しては

AUDは弱く

NZDが強いと判断しました。

今回意識していたのは、

USDJPYの下落でした。

USDJPYの下落のタイミングで、

ほかのクロス円全体が大きく下落を始めたため、

JPYが買われているということ判断しました。

では、あとは弱い通貨を探すだけです。

この時たまたま一番弱かった通貨がAUDでした。

ですので、AUDJPYのショート狙いに決定です。

AUDJPY 4時間足

AUDJPY4時間足チャート

先週は縦ラインの所からスタートしています。

日足は完全にダウントレンドでした。

4時間足は、正直まだまだ下落しそうな環境ではありませんでした。

白矢印の場所はUSDJPYが安値更新した時間です。

USDJPYが下落を始めた時はAUDJPYはまだまだ下落方向に動いておりませんでしたし、

AUDNZDは下落方向に動いているものの、まだレンジの安値を更新しておりませんでした。

しかし、AUDがほかの通貨より弱い状況は間違いないため、

エントリーチャンスを待つことにしました。

AUDJPY 1時間足

AUDJPY1時間足チャート

先週は縦ラインの所からスタートしています。

H1で引いたトレンドラインをブレイクしたためエントリーチャンスになりました。

赤矢印の場所でエントリーしました。

しかし正直今回は不安が残っておりました。

JPYが買われているのは間違いなく、

AUDが売られているのは間違いないのですが、

まだAUDNZDはレンジブレイクしているわけではありませんでした。

ですので、もしかしたら、AUDNZDのレンジの安値を更新できなければ、

NZDJPYに乗り換える可能性もあるということを前提に、

AUDJPYでエントリーです。

結果的に大きく下落してくれました。

その後、ダイバージェンス発生し、

ロウソク足が明けの明星パターンになってしまったので、

×の場所で決済となりました。

140pipsの利益です。

AUDJPYは比較的ボラティリティの低い通貨ですので、

値動きが少ないといわれていると思います。

しかし、通貨の強弱がはっきりしている場合、

そんなペアでも十分に利益につながることがはっきりしました。

やはり通貨ペアを選ぶことは重要だなぁと改めて確認できました。

それでは今回はこれで以上です。

ぜひ参考にしてみてくださいね!!

期間限定!総額7万円相当のスペシャル特典を、あなたにプレゼントします!

トレンドハンター FX

今回は、いつも「とうし科!」をご覧くださっているあなたに、特別なご案内があります。

僕の代表作でもあるトレンドフォロー手法をお伝えする、

『トレンドハンターFX ~関野式プロトレーダー育成プロジェクト~』
(通称トレハンFX)

こちらにご参加いただくと、なんと今だけ、総額7万円相当のスペシャル特典をプレゼントしているんです!

『トレンドハンター FX』へのご参加はこちらから!

【限定スペシャル5大特典】

▼特典1
『関野典良の限定オンラインセミナー参加権!』(3万円相当)

▼特典2(動画コンテンツ)
『1円でも損したくない人必見!
 関野流・長時間の保有で勝率80%を達成する秘訣!』
(1万円相当)

▼特典3(動画コンテンツ)
『小資金からFXをスタートする際の注意点』(1万円相当)

▼特典4(動画コンテンツ)
『相場を判断する際に気をつけていることとは』(1万円相当)

▼特典5(動画コンテンツ)
『スイングでポジションを持っている時の
 ファンダメンタルズの考え方』
(1万円相当)

これだけボリュームのある5つの特典をプレゼントしているのは、今回限り!

僕が実際に講師として解説するオンラインセミナーの参加権も
今回だけ、特別にプレゼントしており、
このセミナー限定で、稼ぐための極意などのシークレットなお話もする予定です。

質問も事前に受け付けますので、あなたのFXに関する疑問に、
リアルタイムでお答えできると思います!

そもそも、このトレハンFXは、
僕のトレンドフォローのトレードルールを分かりやすく解説したもので、

「トレンドが発生した時に、簡単に取れるところだけを狙ってごっそりと利益を獲得する」

という手法です。

危険なトレードは回避し、あえて「取りやすいところ」だけを狙うシンプルな手法のため、
FX初心者の方にも分かりやすく、安全に利益を増やしていただけるでしょう。

実際に僕もこのロジックでたった10万円しかなかった資金を、1年間で120倍(1,200万円)にまで増やすことに成功しています!

これまでご参加いただいた方の中にも、

・いきなり450pipsを稼いだ70代の男性
・500pipsを簡単にとれるようになった方
・1ヶ月で15万円稼いだ30代の女性

など、たくさんの成功者が!

2013年のリリース以降、6,000名以上という本当に多くの方に愛され、
今年の春で、ついに誕生4周年を迎えることができました。

資金を大きく増やしていきたい方や、
損失のリスクを出来る限り減らしたい方には
特にオススメのロジックですし、

今、期間限定でプレゼントしている
スペシャル5大特典と一緒に手に取っていただくことで、
さらなる桁違いの利益へと繋げることも可能だと思います。

総額7万円相当の特典が付くのは5月23日(火)25時59分までですので、

ぜひこの機会に、あなたもトレハンFXで、
1年間で資金を120倍にする極意を習得してみてください。

オンラインセミナーで、あなたにお会いできることを楽しみにしています!

トレンドハンター FX

この記事を書いた人のプロフィール

sekino

関野典良

年間利率12,000%をマークしたことのあるFXのプロトレーダー。達観した相場読解力と巧みな資金管理術で、非常に高い勝率をキープしている実力者。 現在では、代表山口との対談講演や、FX教材のメルマガなどにも参加し、FX活動の幅を広げている。

詳細プロフィールへ

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. ボラティリティが低い通貨ペアでも利益に繋がる

PAGETOP