1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 米国大統領選挙後はどうトレードする?

米国大統領選挙後はどうトレードする?

米国大統領選挙後はどうトレードする?

こんにちは!

関野です。

それでは今回は、先週の

2016年11月7日~11月11日の相場を振り返っていきたいと思います。

先週の目玉は、

やっぱり米国の大統領選挙だったのではないでしょうか。

自分もワクワクしながら

CNNの速報をチェックしつつ、

速報に対して為替はどんな動きをするのか傍観してました。

動きが起き始めたのは、

9日の午前中からでしたね。

チャートを見ながら確認していきます。

まずはUSDJPYから確認していきます。

USDJPY 4時間足

USDJPY4時間足チャート

先週は縦ラインの所からスタートしています。

トランプさん優勢の動きからなのか、

9日の午前中は大きく下落しました。

自分の周りの上手なトレーダーさんたちは、

この動きでCADJPYなどで大きな利益をだしてました。

うらやましいなぁと思いつつ、

一方自分は・・・

全く動けず、ただただ大統領選挙の速報を楽しんでました^^;

どうせトランプさんが大統領になるはずないから、

こんな下落は一時的で、

最終的にはクリントンさんが当選して、

一気にドルが買われて元通り!

って感じになるんじゃないのかなー。

なんて思いながら、

結果を見たらトランプさんが当選しちゃって、

トランプさんが当選するとドルがすごーい売られちゃうと思っていたら、

全く逆の動きを見せて強くドルが買われる動きになりました。

正直、

大統領選挙でお金儲け考えていたのですが・・・

あまりにも自分の思惑とかけ離れていて、

全くトレードできずの1日となりました。

トランプさんが当選して、ドル高に動くなんて考えていなかったので

びっくりしましたが、

結局、失望よりもトランプさんに対する期待の方が上回ったということなんでしょうね。

相場の難しさを痛感する1日となりました。

とっても前置きが長くなりましたが、

USDJPYのチャートを確認していきます。

選挙後、

高値更新し、

アップトレンドとなりました。

日足でもアップトレンドですので、

今後もこの流れが続く可能性が高いと考えます。

この動きにより、

USDが買われ

JPYが売られる通貨となりました。

続いては、

EURGBP 4時間足

GBPUSD時間足チャート

先週は縦ラインの所からスタートしています。

9日の夕方ごろから下落を始め、

安値更新し、

ダウントレンドとなりました。

日足でも安値を更新しているため、

トレンド転換しました。

この動きにより、

EURが売られ

GBPが買われる通貨となりました。

日足も下落のため、

今後もこの動きが継続する可能性があります。

最後に

AUDNZD 4時間足

AUDNZD時間足チャート

先週は縦ラインの所からスタートしています。

週の前半は下落を続けておりましたが、

ダイバージェンス発生し、

その後上昇し高値を更新しました。

この動きにより、

AUDが買われ

NZDが売られる通貨となりました。

ただし、

日足はまだいまいちトレンドの流れができていません。

再びトレンドに変化が起こる可能性もあり、

あまり触りたくないなと考えておりました。

3つの通貨ペアを確認し、

AUDNZDはちょっと不安定なのでトレードは考えず、

強い通貨は

USDとGBP

弱い通貨は

JPYEUR

この通貨でトレードすることにしました。

選んだのは、

強いUSD

弱いEURの組み合わせで、

EURUSDのショート狙いです。

さっそく確認していきます。

EURUSD 4時間足

EURUSD4時間足チャート

先週は縦ラインの所からスタートしています。

矢印の場所で安値更新し、

その後、大きく下落しています。

この、安値を更新した場面と、

EURGBPが安値更新したタイミングはほぼ同じです。

日足も一応ダウントレンドなのですが、

週足では1年以上レンジになっている通貨ペアなので

方向感はよくわかりません。

下落の勢いがなくなったら逃げる前提でトレードします。

EURUSD 1時間足

EURUSD1時間足チャート

先週は縦ラインの所からスタートしています。

実際のエントリーは1時間足で行いました。

矢印の場所から

戻り売りのロジックを使用してのエントリーです。

ダイバージェンスは発生しているものの、

現状下落の勢い継続中のため、

保有を続けています。

相場は、

ファンダメンタルズで動いていると思います。

ですので、

今回のイベントや、

指標発表の影響などで、

トレンドは作られていくと思います。

とっても優秀なトレーダーさんは、

激しい流れで利益を出すことができると思いますが、

自分も含め、普通のトレーダーは

ニュースの結果を見ても、

どちらに動き始めるか予想するのはなかなか難しいと思います。

難しいと感じるときは、

傍観し、ただただ相場が落ち着くのを待って、

わかりやすい動きになってからトレードをする。

それだけでいいのかなぁと感じました。

正直自分には、

トランプさんが当選した結果、

相場が今後どのような動きをするかなんてわかりません。

ただただ、

ドルが買われている間は、ドルを買い、

買われなくなったら、買うのをやめる。

深く考えず、

これだけ繰り返していけばいいのではないかと思います。

それでは今回はこれで以上です。

ぜひ参考にしてみてくださいね!!

関野式トレンドフォロー・ステップアップ講座

この記事を書いた人のプロフィール

sekino

関野典良

年間利率12,000%をマークしたことのあるFXのプロトレーダー。達観した相場読解力と巧みな資金管理術で、非常に高い勝率をキープしている実力者。 現在では、代表山口との対談講演や、FX教材のメルマガなどにも参加し、FX活動の幅を広げている。

詳細プロフィールへ

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 米国大統領選挙後はどうトレードする?

PAGETOP