1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 通貨の強弱を見て、素直に相場の動きに沿ったトレードをする

通貨の強弱を見て、素直に相場の動きに沿ったトレードをする

通貨の強弱を見て、素直に相場の動きに沿ったトレードをする

こんにちは!

関野です。

それでは今回は、先週の

2018年12月31日~2019年1月4日の相場を振り返っていきたいと思います。

それではいつも通り、

3つの通貨ペアも確認して通貨の強弱を確認していきます。

まずはUSDJPYから確認していきます。

USDJPY 4時間足

USDJPYのチャート画面

先週は縦ラインの所からスタートしています。

日足はダウントレンドとなっております。

4時間足は、非常にきれいなダウントレンドとなっております。

この動きにより、

USDが弱く、

JPYが強い通貨と判断しました。

続いては、

EURGBP 4時間足

EURGBPのチャート画面

先週は縦ラインの所からスタートしています。

日足はアップトレンドとなっております。

4時間足は、完全にレンジ状態となっております。

高値と安値共に広がりつつ、レンジが継続しております。

どちらに動くか全くわかりませんが、

日足がアップトレンドですし、

4時間足もアップトレンドからレンジに突入しているため、

上にブレイクする確率がちょっと高いかもな、と判断しております。

この動きにより、

方向感ありませんが、

アップトレンドからのレンジということもあり、

EURが強く、

GBPが弱い通貨と判断しました。

最後に

AUDNZD 4時間足

AUDNZDのチャート画面

先週は縦ラインの所からスタートしています。

日足はダウントレンドとなっております。

4時間足は、週明けはダウントレンドとなっておりました。

矢印の場所で高値更新したため、アップトレンドトレンド転換しました。

日足もダイバージェンスが発生しておりますので、

上昇する可能性が高くなってきました。

この動きにより、

週明けは、

AUDが弱く、

NZDが強い通貨と判断し、

矢印の場所以降、

AUDが強く、

NZDが弱い通貨と判断しました。

3つの通貨ペアを確認し、

AUDNZDの矢印の場所での相場で、

強い通貨は

JPYとEURとAUD

弱い通貨は

USDとGBPとNZD

と判断しました。

先週の相場は、

年をまたぐ週となっておりますので、

トレードしている方は少ないかなと思います。

また、1月3日の早朝に大きく相場が動きました。

大きく買われた通貨はJPYとなっており、

USDJPYクロス円が非常に大きく下落しました。

逆に、売られた通貨は、非常に大きく売られた展開でした。

年明け過ぎてやられている方は少ないかと思いますが、

もしエントリーしていれば、

トレンドフォローのトレーダーならば

大きな利益となっていたかと思います。

自分は全く見ていなかったので

何もできませんでした。

1月3日のクロス円の下落以降、大きく戻す動きとなり、

再び下落することがあれば1時間足で

AUDJPYやNZDJPYで戻り売りを狙おうと思っておりましたが、

一向に戻すことなく、ゆっくり上昇しております。

今回は、

1月3日以降、ほとんどの通貨ペアが

長期足の調整相場となっていたため

いつものようなスイングトレードできる

通貨ペアはありませんでした。

自分自身はAUDNZDの4時間足のトレンド転換確認後に

AUDJPYでデイトレをしておりましたので紹介します。

AUDJPY 4時間足

AUDJPY H4 のチャート画面

先週は縦ラインの所からスタートしています。

日足はダウントレンドとなっております。

赤矢印の場所は、AUDNZDトレンド転換した場所です。

4時間足は、ダウントレンドとなっております。

ダイバージェンスも特になく、

下落の勢いも強いため今後も下落する可能性があります。

AUDJPY 1時間足

AUDJPYの H1 チャート画面

先週は縦ラインの所からスタートしています。

赤矢印の場所は、AUDNZDがトレンド転換した場所です。

1時間足はアップトレンドとなっております。

長期足はダウントレンドとなっておりますので、

1時間足も再びダウントレンドトレンド転換する可能性があり、

トレンド転換すれば、勢いよく下落する可能性が高いです。

しかし、

トレンド方向へ非常に大きく下落しているため、

調整相場もそれなりに長くなっておりました。

1時間足のアップトレンドの間だけ

短期的にロング狙いを仕掛けます。

AUDJPY 15分足

AUDJPYの M15 チャート画面

赤矢印の場所は、AUDNZDがトレンド転換した場所です。

赤矢印付近で、

15分足にてダウントレンドからアップトレンド

トレンド転換しました。

1時間足と同じ方向にトレンド転換し、

直近高値に支えられて再び上昇してきたので、

白矢印の場所でロングエントリーしました。

思惑通り非常にきれいに上昇してくれました。

週末ですので、×の場所で決済することにしました。

102pipsの利益となりました。

それでは今回はこれで以上です。

ぜひ参考にしてみてくださいね!!

関野式トレンドフォロー・ステップアップ講座

この記事を書いた人のプロフィール

sekino

関野典良

年間利率12,000%をマークしたことのあるFXのプロトレーダー。達観した相場読解力と巧みな資金管理術で、非常に高い勝率をキープしている実力者。 現在では、代表山口との対談講演や、FX教材のメルマガなどにも参加し、FX活動の幅を広げている。

詳細プロフィールへ

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 通貨の強弱を見て、素直に相場の動きに沿ったトレードをする

PAGETOP