1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 時には引き返す勇気も必要です

時には引き返す勇気も必要です

時には引き返す勇気も必要です

こんにちは、須藤です。
改めまして、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

自分自身の状態を確認しましょう

return

さて、今年の相場はどうなって行くのか、気になるところですよね。

相場の世界に“古き良き時代”があったのかどうか、
須藤の経験程度では語ることができませんが、

ここ数年はデイトレードをしていても
相場の顔付きが違うような、そんな気がしています。
と、ついつい相場の動向ばかりが気になってしまいます。

もちろんそれは大切なことなんですけれども、
トレーダーというのは自分自身の状態についても
目敏くあるべきだと思っています。

どういうことかと申しますと、トレードというのは本来、
人間のメンタルにとって過酷な行為なので、
思った以上に心身はストレスを感じている、ということなんですね。

これは兼業、専業問わず、そうだと思っています。

特に、真面目であったり、几帳面、繊細であったり……
そんな人は用心に越したことは無いと思います。

ただでさえ、ストレスの多い社会人としての生活を送っていらっしゃる方が多いでしょうから、
そこへもってきてトレードでまたストレスや心身への負担を増やしてしまわないようにして
いただきたいなと思っています。

うまく表現するのが難しいですが、

「真面目に取り組むんだけれども、深刻に考えない」

というような感じでしょうか?

お読みくださっている方の中には、
須藤より遥かに人生経験が豊富な方もたくさんいらっしゃいます。

ですのでお分かりだと思いますが、
トレード以外にも人生、大切なことは数多くあります。

それで、今年一年も、仮に相場に荒波のような状況が訪れるとしても、
冷静さを保って元気にお過ごしいただければ幸いです。

船と一緒で、時には引き返す勇気も必要だと思います。
それでは、この一年もまた共に元気に励んで行きましょう!

お読みくださり、ありがとうございました^^

最後にあなたへのメッセージ

FXで稼ぎ続けるためには、日頃からコツコツと継続学習していくことが重要です。
私自身もこれまで徹底した検証を積み重ねてきたことで相場の本質を理解できるようになりましたが、こうした学習をせずに利益を安定して出し続けるというのは、やはり難しいものです。

実際に「継続学習」の重要性については、クロスリテイリングさんでもおっしゃっている内容ですよね。
私としても、そのような投資に関する重要な考え方に共感したため、こうした記事を公開させてもらっています。

何から学習して良いかわからない方は、まずは今回のコラム記事をきっかけにしてみてください。
そして、少しずつ投資の学習を続けていってもらいたいと須藤は思っています。

また私はコラム記事だけでなく、クロスリテイリングさんのコンテンツである「The Secret FX無料オンライン講座」でも、講師を務めさせてもらっています。

「The Secret FX無料オンライン講座」では、まさに「相場の本質」に基づいた内容をわかりやすくお伝えしています。
難しいインジケーターを一切使用せず、ローソク足で見るだけで判断できる、たった4つのパターンだけで相場を攻略する手法です。

ローソク足を見るだけなので、わずか3秒で相場状況を判断できてしまいます。ここでお伝えする4つのパターンを習得するだけで、どのような相場状況であっても、安定して長期的に利益を上げられるようになるでしょう。

できる限りシンプルに落とし込んだ手法なので、FX初心者が学ぶのにも最適といえます。
また、わずかな時間のトレードであっても安定して稼ぐことができるのも、「相場の本質」を捉えているからこそです。

ただし、この「The Secret FX無料オンライン講座」を今すぐ無料で受講できるのは、期間限定となります。「相場の本質」を無料で学べるこの機会は、絶対に見逃せないはずです。

今回の私のコラム記事を読んでFXの学習をさらに深めたいと感じた方は、ぜひこの機会に「The Secret FX無料オンライン講座」で学んでみてください。

The Secret FX無料オンライン講座

この記事を書いた人のプロフィール

sudoh

須藤一寿

相場の本質を徹底的に研究をし、インジケーターを一切使わず、ローソク足の4つのパターンだけで、驚くほどの利益を上げる伝説のトレーダー。約100年前のはるか昔から、現在、そして未来に向けて使い続けられる手法ということでその噂が広まり、彼のもとには教えを請うトレーダーが後を絶たない。

詳細プロフィールへ

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 時には引き返す勇気も必要です

PAGETOP