1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 「通い」と「走り」

「通い」と「走り」

「通い」と「走り」

こんにちは、須藤です。

今回は、日本古来の相場観についてお話したいと思います。

日頃、テクニカル的な視点からチャートを観ていますと、ついつい
「やっぱりこういった話は欧米発信の知識が多いなあ」などと思ってしまいます。

ただ、日本にも江戸時代から立派な米相場がありましたし、その値動きを体系的に研究なさった方が少なからずいらっしゃいますので、テクニカル的な概念は存在していました。

一例として挙げられるのが、題にも挙げました「通い」と「走り」です。

今や広く普及した相場の共通認識として、トレンドとレンジというのがありますよね。トレンドとノントレンドとか、言い方は幾らかあるかとは思いますが、要は「相場が縦方向に移動する時と、横這いに推移する時がある」、相場は大別してその2パターンの動きがあるという認識だと言えます。

昔の日本人もそのことには着目しており、
同じ価格帯を行ったり来たりする保合い、レンジ   ― 通い
一方へ勢い付いて動きが出ている状態、つまりトレンド― 走り
といった表現があったようです。

なかなか、イメージが沸きやすい、良い表現だなと思っています。

「通いが煮詰まると、いずれどちらかに走る」

相場には力学的な普遍原則があり、この概念と支持・抵抗線だけでも相場は随分すっきり見えます。

相場は海千山千の戦場ではあると思いますが、あまり人の裏をかこうとするよりも数少ない普遍原則を元に、素直に観た方が良いのかもしれないなと常々感じています。

日々、チャートを前にした時
「今が通いなのか、運びなのか」
それだけをまずシンプルに問うだけでも随分ムダなトレードが減ることを経験しています。

参考にしていただければ幸いです^^

最後に

現在私は、クロスリテイリング株式会社さんのコンテンツである、The Secret FXというコンテンツで講師を勤めさせていただいています。
The Secret FXでは、インジケーターを使わず、シンプルな4つのローソク足のパターンのみで相場を攻略する手法をお伝えしております。

この手法は、相場の本質に立脚しているので、流行り廃りもなく、安定して、長期的に利益を上げられる手法です。
私の記事を見て興味を持たれた方は、ぜひこちらのThe Secret FX無料オンライン講座で学んでみてください。

The Secret FX無料オンライン講座

この記事を書いた人のプロフィール

sudoh

須藤一寿

相場の本質を徹底的に研究をし、インジケーターを一切使わず、ローソク足の4つのパターンだけで、驚くほどの利益を上げる伝説のトレーダー。約100年前のはるか昔から、現在、そして未来に向けて使い続けられる手法ということでその噂が広まり、彼のもとには教えを請うトレーダーが後を絶たない。

詳細プロフィールへ

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 「通い」と「走り」

PAGETOP