1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 真逆のことを考えてみる

真逆のことを考えてみる

真逆のことを考えてみる

真逆のことを考えてみる

こんにちは、須藤です。
今回のテーマは……メンタルなのでしょうか、技術論なのでしょうか、
分類が難しいですが【相場に対する視点】に関するものになると思います。

内容は、それほど難しくありません、題のとおりなんですね。
・トレードの戦術を練る
・エントリーの瞬間
・ホールドの間
・決済の時

いろいろな「時」がトレーダーにはありますが、およそアクションを起こす時には自分を後押しする何かが当然ありますね(無ければ起こしてはいけないはずですので)。

熟考が悩みとなってしまう

トレーダーは「自分が正しい」と思ってはいけないと思っています、せいぜい「幾らかの優位性が自分にはある」というのが行動の後押しになるわけですが、その程度に踏み止まらせるのは他ならぬ他の参加者の存在、とりわけ
「今この瞬間に自分と真逆のことを考えている人間が必ず居る」
という事実だと私は感じています。

クリックの瞬間、売買が成立すれば、まさにそのことを裏付けているわけです。
“私”が買いの瞬間、売り手が居なければ注文は通りません、売りの瞬間に買い手が居なければやはり注文は通らないはずです(店頭取引においては事情がやや込み入っているかもしれませんが)。

そう考えると、「何が正しいのか、わからなくなる」という段階がトレーダーには必ず訪れると思います。

それでも、相場には一方に傾きやすいタイミングというものが必ず存在するのも事実です。
・買うのが当たり前に見える局面
・売るのが当たり前に見える局面
・売りと買いの優勢がガラッと入れ替わりやすい局面

どこが一番利益になりやすいのか、トレードの時間規模や手法のスタイルによってさまざまだと思いますが、手法の構築には“一点集中”的に局面を絞るのが良いように感じています。
「自分は、どんな局面を得意として飛び込むのか」

あとは、自ら観察によって編み出すにせよ、人から学んで獲得するにせよ、手法は目的意識の上に成立していくので不明瞭さは断然少なくなると思っています。

参考にしていただければ幸いです^^

最後に

現在私は、クロスリテイリング株式会社さんのコンテンツである、The Secret FXというコンテンツで講師を勤めさせていただいています。
The Secret FXでは、インジケーターを使わず、シンプルな4つのローソク足のパターンのみで相場を攻略する手法をお伝えしております。

この手法は、相場の本質に立脚しているので、流行り廃りもなく、安定して、長期的に利益を上げられる手法です。
私の記事を見て興味を持たれた方は、ぜひこちらのThe Secret FX無料オンライン講座で学んでみてください。

The Secret FX無料オンライン講座

この記事を書いた人のプロフィール

sudoh

須藤一寿

相場の本質を徹底的に研究をし、インジケーターを一切使わず、ローソク足の4つのパターンだけで、驚くほどの利益を上げる伝説のトレーダー。約100年前のはるか昔から、現在、そして未来に向けて使い続けられる手法ということでその噂が広まり、彼のもとには教えを請うトレーダーが後を絶たない。

詳細プロフィールへ

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 真逆のことを考えてみる

PAGETOP