1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 須藤一寿、2018年初のご挨拶

須藤一寿、2018年初のご挨拶

須藤一寿、2018年初のご挨拶

2018年初のご挨拶

こんにちは、須藤です。
少し遅くなりましたが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、いつもこの時期は年の初めということもあり、また季節柄もあり、トレーダーのメンタルについて考えることが多くなります。夜が長いからかもしれませんね(笑)

トレーダーに求められるメンタル

トレーダーに求められるメンタルとは実に興味深いもので、一見相反するような、矛盾するような要素を両立させなければならないところがあると思っています。

トレーダーは自分のトレードルールには自信を持っていなければならないと思います。
たとえば、エントリーの時に迷いがあるようではダメで、少なくともその時点では強い確信が無いといけません。
しかし同時に、相場ではいつ何時、どんなことでも起こり得るという心構えが必要とされていて、変化に対応するフットワークの軽さも求められると思います。

この「確信の強さ」と「フットワークの軽さ」というのが、ともすれば内面でケンカするわけで、喩えるなら腰の重い頑固さと軽さを両立させるには絶妙のバランスが必要だと思うのです。

一方の確信の方は、トレードルールの構築、過去検証、一定のフォワードテストによって獲得し、もう一方の軽さの方は実戦の場数を踏むことで「相場がいかに移り気で変わりやすいものか」という実感を噛みしめることによってのみ獲得できるのではないかと思っています。

そしてどちらかというと【変化に対応できる軽さ】を手に入れるほうが、人間のメンタルとしては高度なことではないだろうかと私は思っています。こればかりは個性も関係しているとは思いますが……。

単なる確信と強さだけでは勤まらないのがトレードという行為の難しさで、また面白さ・奥深さでもあると感じています。

ということで、他のこともそうですが相場も一生勉強だと思っています。
改めまして、今年もどうぞよろしくお願いいたします!^^

最後にあなたへのメッセージ

FXで稼ぎ続けるためには、日頃からコツコツと継続学習していくことが重要です。
私自身もこれまで徹底した検証を積み重ねてきたことで相場の本質を理解できるようになりましたが、こうした学習をせずに利益を安定して出し続けるというのは、やはり難しいものです。

実際に「継続学習」の重要性については、クロスリテイリングさんでもおっしゃっている内容ですよね。
私としても、そのような投資に関する重要な考え方に共感したため、こうした記事を公開させてもらっています。

何から学習して良いかわからない方は、まずは今回のコラム記事をきっかけにしてみてください。
そして、少しずつ投資の学習を続けていってもらいたいと須藤は思っています。

また私はコラム記事だけでなく、クロスリテイリングさんのコンテンツである「The Secret FX無料オンライン講座」でも、講師を務めさせてもらっています。

「The Secret FX無料オンライン講座」では、まさに「相場の本質」に基づいた内容をわかりやすくお伝えしています。
難しいインジケーターを一切使用せず、ローソク足で見るだけで判断できる、たった4つのパターンだけで相場を攻略する手法です。

ローソク足を見るだけなので、わずか3秒で相場状況を判断できてしまいます。ここでお伝えする4つのパターンを習得するだけで、どのような相場状況であっても、安定して長期的に利益を上げられるようになるでしょう。

できる限りシンプルに落とし込んだ手法なので、FX初心者が学ぶのにも最適といえます。
また、わずかな時間のトレードであっても安定して稼ぐことができるのも、「相場の本質」を捉えているからこそです。

ただし、この「The Secret FX無料オンライン講座」を今すぐ無料で受講できるのは、期間限定となります。「相場の本質」を無料で学べるこの機会は、絶対に見逃せないはずです。

今回の私のコラム記事を読んでFXの学習をさらに深めたいと感じた方は、ぜひこの機会に「The Secret FX無料オンライン講座」で学んでみてください。

The Secret FX無料オンライン講座

この記事を書いた人のプロフィール

sudoh

須藤一寿

相場の本質を徹底的に研究をし、インジケーターを一切使わず、ローソク足の4つのパターンだけで、驚くほどの利益を上げる伝説のトレーダー。約100年前のはるか昔から、現在、そして未来に向けて使い続けられる手法ということでその噂が広まり、彼のもとには教えを請うトレーダーが後を絶たない。

詳細プロフィールへ

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 須藤一寿、2018年初のご挨拶

PAGETOP