1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 「自分が仕掛けたら逆に行く」現象の真相とは?

「自分が仕掛けたら逆に行く」現象の真相とは?

「自分が仕掛けたら逆に行く」現象の真相とは?

こんにちは、須藤です。
今回は、多くのトレーダーが感じたことのある謎について、考えてみたいと思います。

仕掛けるとことごとく裏目に出る状態のことを、「曲がる」なんて言います。
芸術的に裏目に出る相場師、トレーダーは曲がり屋と呼ばれたりして、できれば避けたい不名誉な呼び名です(笑)

この現象は決して他人事ではなくて、トレーダーであれば誰しも身に覚えがあるものです。

特に調子が悪い時などは、「誰かに見張られているんじゃないか」と思うほど曲がります。もし逆であれば怖ろしいほどの的中率になるので、「曲がり屋に付け」といった相場の格言もあるほどです。

あの現象、そもそも、なぜそうなってしまうのでしょうか?
須藤なりの結論ですが、あれは実は「非常に惜しい状態」だと思うのです。

ひとつ前提があって、自分が仕掛けたら逆に行くという現象が、単なる自分の錯覚でなければという条件を満たしている必要があります。つまり、本当にそうだということです。

自分が仕掛けたら逆に行く、これは見方を変えると、

「仕掛けるポイント自体は良い線をいっている、正しい」

という状態なのではないかと思うのです。
つまり、問題は上下が逆になっていることなのです(笑)

ですので、修正ポイントは明確です。
なぜ上下が逆になるかという部分ですから、

・レンジとトレンドの見極めが合っているかどうか
・感覚的な逆張りに心地よさを感じていないか
・基本のダウ理論、つまり高値と安値の推移を正確に追うことができているか

こんなチェック項目に基づいて自己分析するなら、解決することが多いと思います。
大抵は上記3つのどれかを、焦ったり感覚に頼ったりすることによって見落としています。

少しでも参考にしていただければ幸いです。

今回も最後までお読みくださり、ありがとうございました^^

最後に

現在私は、クロスリテイリング株式会社さんのコンテンツである、The Secret FXというコンテンツで講師を勤めさせていただいています。
The Secret FXでは、インジケーターを使わず、シンプルな4つのローソク足のパターンのみで相場を攻略する手法をお伝えしております。

この手法は、相場の本質に立脚しているので、流行り廃りもなく、安定して、長期的に利益を上げられる手法です。
私の記事を見て興味を持たれた方は、ぜひこちらのThe Secret FX無料オンライン講座で学んでみてください。

The Secret FX無料オンライン講座

この記事を書いた人のプロフィール

sudoh

須藤一寿

相場の本質を徹底的に研究をし、インジケーターを一切使わず、ローソク足の4つのパターンだけで、驚くほどの利益を上げる伝説のトレーダー。約100年前のはるか昔から、現在、そして未来に向けて使い続けられる手法ということでその噂が広まり、彼のもとには教えを請うトレーダーが後を絶たない。

詳細プロフィールへ

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 「自分が仕掛けたら逆に行く」現象の真相とは?

PAGETOP