1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 「含み損が戻ってきた!」さてどうする?

「含み損が戻ってきた!」さてどうする?

「含み損が戻ってきた!」さてどうする?

こんにちは、須藤です。

相場に取り組んでいる人であれば大抵思い当たることが幾つかありますね。
前回はイヤな予感についてお話しました。

今回は、「含み損が戻ってきた時にどう判断するか」についてお話したいと思います。
これもおそらく多くの方が経験されているのではないかと感じています。

含み損は相場の常と言えます。
まず、スプレッド分がありますから、エントリーそのものが含み損から始まります。
利益で終わるトレードさえ、保有時間のいくらかは含み損の時間です。

一方的に気持ちよく含み益となり、そのまま伸び続けるトレードばかりではありません。
とはいえ、やはり含み損の時間というのは長くなればなるほどイヤなものですね。
特に、仕掛けてからほぼ一方的に逆行されると、不安な気持ちにさせられるものです。

さて、長かった含み損の時間に耐え――
(この際、塩漬け級に時間の長い含み損も想定します)

建値に戻ってきた場合、どうするか。

「せっかく戻ってきたのだから、これからは利益側へ向かうはずだ」と保有しますか?
それとも、
「やれやれ、建値に戻ったのでここは一旦決済」と判断するでしょうか。

これはやはり、精神論ではなく技術的に決めておかなければならない点だと思います。
おそらく多くの皆さんはそうしていらっしゃると思いますが、メンタルに左右されると感じられる部分もあるのではないでしょうか。

ひとつの目安があります。

上下が外れたことは別として、エントリーの位置そのものが妥当だった場合は、ある現象が起きます。
それは、「含み損がぎりぎりゼロに戻る辺りでレートが一旦停滞する」というものです。

たとえば、ショートしたのにレートが上昇して、再び下落してきたとします。
ほぼゼロ、つまり建値付近まで戻ってきて、そこで下落が止まるのです。

これは何が起きているかというと、もう簡単ですね。
そこがサポートとして意識されている状況だということです。
こういう場合は、それ以上欲張らずに微損でも手仕舞いしたほうが得策であることが多いです。
そもそも、戻ってきただけラッキーだったぐらいに考えておくほうが、怪我が少ないと感じています。

同じような悩み、課題は含み益の時にも生じ得ます。

「建値に戻ってきた時、どうするか」

これはトレーダーにとって自分のスタンスを決めておかなければならない、重要な項目のひとつだと思っています。

今回も最後までお読みくださり、ありがとうございました^^

最後にあなたへのメッセージ

FXで稼ぎ続けるためには、日頃からコツコツと継続学習していくことが重要です。
私自身もこれまで徹底した検証を積み重ねてきたことで相場の本質を理解できるようになりましたが、こうした学習をせずに利益を安定して出し続けるというのは、やはり難しいものです。

実際に「継続学習」の重要性については、クロスリテイリングさんでもおっしゃっている内容ですよね。
私としても、そのような投資に関する重要な考え方に共感したため、こうした記事を公開させてもらっています。

何から学習して良いかわからない方は、まずは今回のコラム記事をきっかけにしてみてください。
そして、少しずつ投資の学習を続けていってもらいたいと須藤は思っています。

また私はコラム記事だけでなく、クロスリテイリングさんのコンテンツである「The Secret FX無料オンライン講座」でも、講師を務めさせてもらっています。

「The Secret FX無料オンライン講座」では、まさに「相場の本質」に基づいた内容をわかりやすくお伝えしています。
難しいインジケーターを一切使用せず、ローソク足で見るだけで判断できる、たった4つのパターンだけで相場を攻略する手法です。

ローソク足を見るだけなので、わずか3秒で相場状況を判断できてしまいます。ここでお伝えする4つのパターンを習得するだけで、どのような相場状況であっても、安定して長期的に利益を上げられるようになるでしょう。

できる限りシンプルに落とし込んだ手法なので、FX初心者が学ぶのにも最適といえます。
また、わずかな時間のトレードであっても安定して稼ぐことができるのも、「相場の本質」を捉えているからこそです。

ただし、この「The Secret FX無料オンライン講座」を今すぐ無料で受講できるのは、期間限定となります。「相場の本質」を無料で学べるこの機会は、絶対に見逃せないはずです。

今回の私のコラム記事を読んでFXの学習をさらに深めたいと感じた方は、ぜひこの機会に「The Secret FX無料オンライン講座」で学んでみてください。

The Secret FX無料オンライン講座

この記事を書いた人のプロフィール

sudoh

須藤一寿

相場の本質を徹底的に研究をし、インジケーターを一切使わず、ローソク足の4つのパターンだけで、驚くほどの利益を上げる伝説のトレーダー。約100年前のはるか昔から、現在、そして未来に向けて使い続けられる手法ということでその噂が広まり、彼のもとには教えを請うトレーダーが後を絶たない。

詳細プロフィールへ

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 「含み損が戻ってきた!」さてどうする?

PAGETOP