1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 「日柄(ひがら)」という言葉について考えてみる

「日柄(ひがら)」という言葉について考えてみる

「日柄(ひがら)」という言葉について考えてみる

こんにちは、須藤です。

相場の世界で古くから使われている言葉に、「日柄(ひがら)」というものがあります。

一般的には暦の上での吉凶を指しますが、市場では相場の状況について指す言葉です。

PCやインターネットが発達し、デイトレードやスキャルピング全盛の現在では縁遠い言葉に聞こえるかもしれませんね。

情報勝負のこの世界で、古いものは過去のものとして軽視されがちです。
特に和のモノ、感覚に重きを置いた知識や概念は曖昧だとして敬遠されることも多いのではないでしょうか。

相場の世界でも西洋科学的なアプローチが主流ですね、二言目には「ロジック、データ、証明、再現性、検証」といった言葉が並びます。そういったものが揃っている相場観や手法のほうが優れていると考えられることがほとんどだと思います。

しかし、察しの良い皆さまは既にお気付きのことと思いますが、アプローチが異なることと優劣とは直接の関係はありません
表現は異なっているとしても、非常に大事な部分では、日本古来の相場観も欧米の相場観も相通じるところがあるものだと思っています。

たとえば、今回取り上げる「日柄」という言葉にしても、具体的に何がどうという、言語化されていない部分が水面下にかなりあるゆえに、相場師の勘といったイメージが付き纏うかもしれません。
しかし、実際は「調整に要する時間、日数」を重視する概念が込められており――

「相場というのは、縦軸(価格)だけでなく、横軸(時間)もとても大事ですよ」

ということを表現するための言葉ではないでしょうか。

一例を挙げますと、或る相場で目立った上昇があり、一旦その上昇が落ち着くまでに10時間を要したとします。
今度は押し目を窺うわけですが、順当な押しであればすぐには終わりません。2、3時間待って”押しっぽく”見えても、大抵ハズレです。

3分の1押すのに同じ10時間か、倍の20時間近くかける、これが綺麗な上昇トレンドの絵だと思います。時間をかけるということはチャート上では角度が浅いということですね。

一方、本物の下げは角度がもっと急、つまり短時間で大きく縦軸を稼ぐということで、横軸というのは相場を読み解く上でとても大事な要素であることがわかります。

ちなみに、MT4をご利用の方であれば、横軸にもフィボナッチを適用できます。
※左上の「挿入」タブ→「フィボナッチ」→「タイムゾーン」から表示できます

よろしければ、遊びがてら、触ってみてください。

今回も最後までお読みくださり、ありがとうございました^^

最後にあなたへのメッセージ

FXで稼ぎ続けるためには、日頃からコツコツと継続学習していくことが重要です。
私自身もこれまで徹底した検証を積み重ねてきたことで相場の本質を理解できるようになりましたが、こうした学習をせずに利益を安定して出し続けるというのは、やはり難しいものです。

実際に「継続学習」の重要性については、クロスリテイリングさんでもおっしゃっている内容ですよね。
私としても、そのような投資に関する重要な考え方に共感したため、こうした記事を公開させてもらっています。

何から学習して良いかわからない方は、まずは今回のコラム記事をきっかけにしてみてください。
そして、少しずつ投資の学習を続けていってもらいたいと須藤は思っています。

また私はコラム記事だけでなく、クロスリテイリングさんのコンテンツである「The Secret FX無料オンライン講座」でも、講師を務めさせてもらっています。

「The Secret FX無料オンライン講座」では、まさに「相場の本質」に基づいた内容をわかりやすくお伝えしています。
難しいインジケーターを一切使用せず、ローソク足で見るだけで判断できる、たった4つのパターンだけで相場を攻略する手法です。

ローソク足を見るだけなので、わずか3秒で相場状況を判断できてしまいます。ここでお伝えする4つのパターンを習得するだけで、どのような相場状況であっても、安定して長期的に利益を上げられるようになるでしょう。

できる限りシンプルに落とし込んだ手法なので、FX初心者が学ぶのにも最適といえます。
また、わずかな時間のトレードであっても安定して稼ぐことができるのも、「相場の本質」を捉えているからこそです。

ただし、この「The Secret FX無料オンライン講座」を今すぐ無料で受講できるのは、期間限定となります。「相場の本質」を無料で学べるこの機会は、絶対に見逃せないはずです。

今回の私のコラム記事を読んでFXの学習をさらに深めたいと感じた方は、ぜひこの機会に「The Secret FX無料オンライン講座」で学んでみてください。

The Secret FX無料オンライン講座

この記事を書いた人のプロフィール

sudoh

須藤一寿

相場の本質を徹底的に研究をし、インジケーターを一切使わず、ローソク足の4つのパターンだけで、驚くほどの利益を上げる伝説のトレーダー。約100年前のはるか昔から、現在、そして未来に向けて使い続けられる手法ということでその噂が広まり、彼のもとには教えを請うトレーダーが後を絶たない。

詳細プロフィールへ

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 「日柄(ひがら)」という言葉について考えてみる

PAGETOP