1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. トレードで勝てない時にすべきことは

トレードで勝てない時にすべきことは

トレードで勝てない時にすべきことは

こんにちは、須藤です。

今回のテーマは、「トレードでスランプにおちいった場合、どうすればよいか」というものです。

やはり、生身の人間ですので、いつも機械のように同じ調子というわけにはいかないと思います。

悪い時というのは、トレードするたびにことごとく裏目に出てしまい、あがいてもいっこうに出口が見えないといった具合になるのではないでしょうか。

そういった時には、ゲンを担ぎたくなるような気分にもなるかと思います。
それも悪くないと思いますが、そういう時でも自分なりの具体的な解決策があれば良いですね。

やることなすことが裏目に出るわけですので、ちょっと視点を変えてみたいところです。
こう自らに問いかけてみます―

「今、一番やりにくいことは何だろうか」

そうしますとたいていの場合、答えとなるのは、「一旦、トレードをピタッとやめてみること」です。

トレードはギャンブルと似たところがありますので、悪くなった時に取り返そうと焦って手が止まらなくなるものではないでしょうか。

手掛けているトレードが短期トレードであればあるほど、その傾向は強くなるように感じています。

つまり、スイングよりデイトレ、デイトレよりスキャルピングといった具合に、悪循環の時ほど手が止まらなくなる傾向は強くなるのが一般的でしょう。
(※稀に、逆に手が動かなくなる、マウスをクリックする手がすくんで動かなくなるというケースもありますが、こちらは違う意味で重症ですので、また別の機会に取り上げたいと思います)

「調子が悪い時に、すぐに一旦トレードをやめるという選択肢」

この選択肢を自分の引き出しに備えておく必要があります。

備えていなければ、なかなか思いつきでできることではありません。
悪循環におちいって衝動的になっている時に、トレードをストップさせるには大変な力が必要だからです。

そして、一旦ストップさせることができてから次にやるべきことは、それほど難しくありませんね。

トレードルールは様々ですので、普遍的なチェック項目を多く挙げることはできませんが、今回はそのうちのひとつを紹介したいと思います。

「自分のトレード手法は、相手にする相場つきが明確に定まったものだろうか」

これは取り組み初期のトレーダーほどおちいりやすい項目で、どんな相場でも等しく利益を上げることのできる手法があると考える、もしくは自分のトレードはそうあるべきだと考えているという節があるものです。

しかし、結論からいってそのような手法は無いのであって、そもそもトレード自体をすべきでない相場つきもあります。

ときには、それが一週間からそれ以上続く場合もあります。

手法によって異なるといってしまえばそれまでですが、私はやはり四半期、半年、一年といったスパンで見た時、ここぞと参入すべき相場つき・期間と、あまり相手をせずに放っておくべき相場つき・期間というものがあると考えています。

スキャルピングなどであれば、一日の中でトレードするべき時とそうでない時になるでしょうか。

そういった、横軸を意識したメリハリが視野に入っているかどうかをチェックすることはとても大切です。

相場はついつい、縦軸、つまり価格の上下ばかり見てしまいがちですが、横軸、つまり時間の要素も、縦軸と同じかそれ以上に重要だと思います。

今回の記事が、少しでも何かのお役に立てれば幸いです。

今回も最後までお読みくださり、ありがとうございました^^

最後にあなたへのメッセージ

FXで稼ぎ続けるためには、日頃からコツコツと継続学習していくことが重要です。
私自身もこれまで徹底した検証を積み重ねてきたことで相場の本質を理解できるようになりましたが、こうした学習をせずに利益を安定して出し続けるというのは、やはり難しいものです。

実際に「継続学習」の重要性については、クロスリテイリングさんでもおっしゃっている内容ですよね。
私としても、そのような投資に関する重要な考え方に共感したため、こうした記事を公開させてもらっています。

何から学習して良いかわからない方は、まずは今回のコラム記事をきっかけにしてみてください。
そして、少しずつ投資の学習を続けていってもらいたいと須藤は思っています。

また私はコラム記事だけでなく、クロスリテイリングさんのコンテンツである「The Secret FX無料オンライン講座」でも、講師を務めさせてもらっています。

「The Secret FX無料オンライン講座」では、まさに「相場の本質」に基づいた内容をわかりやすくお伝えしています。
難しいインジケーターを一切使用せず、ローソク足で見るだけで判断できる、たった4つのパターンだけで相場を攻略する手法です。

ローソク足を見るだけなので、わずか3秒で相場状況を判断できてしまいます。ここでお伝えする4つのパターンを習得するだけで、どのような相場状況であっても、安定して長期的に利益を上げられるようになるでしょう。

できる限りシンプルに落とし込んだ手法なので、FX初心者が学ぶのにも最適といえます。
また、わずかな時間のトレードであっても安定して稼ぐことができるのも、「相場の本質」を捉えているからこそです。

ただし、この「The Secret FX無料オンライン講座」を今すぐ無料で受講できるのは、期間限定となります。「相場の本質」を無料で学べるこの機会は、絶対に見逃せないはずです。

今回の私のコラム記事を読んでFXの学習をさらに深めたいと感じた方は、ぜひこの機会に「The Secret FX無料オンライン講座」で学んでみてください。

The Secret FX無料オンライン講座

この記事を書いた人のプロフィール

sudoh

須藤一寿

相場の本質を徹底的に研究をし、インジケーターを一切使わず、ローソク足の4つのパターンだけで、驚くほどの利益を上げる伝説のトレーダー。約100年前のはるか昔から、現在、そして未来に向けて使い続けられる手法ということでその噂が広まり、彼のもとには教えを請うトレーダーが後を絶たない。

詳細プロフィールへ

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. トレードで勝てない時にすべきことは

PAGETOP