1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. トレンドはなぜ階段型になるのか

トレンドはなぜ階段型になるのか

トレンドはなぜ階段型になるのか

こんにちは、須藤です。

相場の値動きに一定の間、向きができることをトレンドと呼びますね。
斜め上に上昇して行く場合は「上昇トレンド」、逆の場合は「下落トレンド」などと呼びます。

このトレンド、その時によって角度の違いはありますが、形としては階段型を描きます。
目にしていることですので当たり前に思えるのですが、これ、そもそもなぜなのでしょうか?

トレンドが階段型になる理由

みなさんご存知のように、相場というのは「売り手」「買い手」の両方が居て成り立っています。
これも言われてみれば当然なのですが、これが意外と大事なことなんです。

どれほどはっきりしたトレンドであっても、反対側の勢力とのやり取りが成立しなくなればトレンドも成立しなくなります。

普通の物でも、「買いたい!」「売りたい!」という人だけが殺到しても、売る側や買う側がなければどうしようもないのと同じ理屈ですね。

例えば、上昇トレンドの場合に、継続的に上がるということは買いたい側が多いということなのですが、劣勢とは言え一定の売りたい側がまだ居るからこそ、買いの継続も成り立つと言えるわけです。

どんなトレンドも、続く限りは売買をこなしていますので、他の箇所と比べてやや多く注文をこなす箇所では、ごく一時的に売買の均衡が取れ、階段の踊り場のような形が形成されることになります。

でも、しつこいようですが(笑)、やっぱり買いたい側の方がまだ多いので、また上がります。

相場でさらに興味深いのが、売り買いにはそれぞれさらに2種類あるということです。
新規と決済ですね。

相場が上昇している時に何が起こっているかを考えますと、現に上がっているわけですから、まず新規で買いたい人が多いと言えるでしょう。

さらに、「あまり上がらないうちに、今のうちに買い戻しておこう」と考える売り持ちの人、つまり決済の買いも考えられます。
一番切実な決済買いは、損切りとしての買いです。

これ以上損失を拡大させたくない売り手、利益を目減りさせたくない売り手が、事情に迫られて行なう決済の買い注文ですね。

この2種類の買いが活発に入るうちは、言ってみれば「買いが買いを呼ぶ」状態です。
もちろん、売り側と取引が成立するうちは、ですが……。

一方の売り手はといいますと、上がっている最中にあえて新規の売りをしようという人は少ないでしょうね。
気の早い売り手は居るかもしれませんが、まずは少数でしょう。

考えられるのは、「ある程度利が乗ったので、この辺りで確定しておこう」という決済の売り
つまり、買い手が行なう決済としての売り注文です。

そして、上昇が続けば続くほど、確定売りの割合が増してくるでしょうし、特定の水準が近付きますと「ここからは売り」という考えが支配的になって来ます。

つまり、徐々に新規の売りが多くなってくるというわけです。
そして、どこかで売り買いの勢力図が拮抗から逆転に移行する時がやってきます。

こういった感じで、とても簡単ではありますが常に反対勢力のことを考えながら、需給を想像しながらトレンドの階段を観ていますと、きれいな階段状ができてている間というのは「相場におけるひとつの安定」なのだと気付かされます。

飛び込むには少し勇気が要りますが、トレンドというのはだからこそ比較的安心してトレードできる場面だと思います。

今回も最後までお読みくださり、ありがとうございました^^

最後にあなたへのメッセージ

FXで稼ぎ続けるためには、日頃からコツコツと継続学習していくことが重要です。
私自身もこれまで徹底した検証を積み重ねてきたことで相場の本質を理解できるようになりましたが、こうした学習をせずに利益を安定して出し続けるというのは、やはり難しいものです。

実際に「継続学習」の重要性については、クロスリテイリングさんでもおっしゃっている内容ですよね。
私としても、そのような投資に関する重要な考え方に共感したため、こうした記事を公開させてもらっています。

何から学習して良いかわからない方は、まずは今回のコラム記事をきっかけにしてみてください。
そして、少しずつ投資の学習を続けていってもらいたいと須藤は思っています。

また私はコラム記事だけでなく、クロスリテイリングさんのコンテンツである「The Secret FX無料オンライン講座」でも、講師を務めさせてもらっています。

「The Secret FX無料オンライン講座」では、まさに「相場の本質」に基づいた内容をわかりやすくお伝えしています。
難しいインジケーターを一切使用せず、ローソク足で見るだけで判断できる、たった4つのパターンだけで相場を攻略する手法です。

ローソク足を見るだけなので、わずか3秒で相場状況を判断できてしまいます。ここでお伝えする4つのパターンを習得するだけで、どのような相場状況であっても、安定して長期的に利益を上げられるようになるでしょう。

できる限りシンプルに落とし込んだ手法なので、FX初心者が学ぶのにも最適といえます。
また、わずかな時間のトレードであっても安定して稼ぐことができるのも、「相場の本質」を捉えているからこそです。

ただし、この「The Secret FX無料オンライン講座」を今すぐ無料で受講できるのは、期間限定となります。「相場の本質」を無料で学べるこの機会は、絶対に見逃せないはずです。

今回の私のコラム記事を読んでFXの学習をさらに深めたいと感じた方は、ぜひこの機会に「The Secret FX無料オンライン講座」で学んでみてください。

The Secret FX無料オンライン講座

この記事を書いた人のプロフィール

sudoh

須藤一寿

相場の本質を徹底的に研究をし、インジケーターを一切使わず、ローソク足の4つのパターンだけで、驚くほどの利益を上げる伝説のトレーダー。約100年前のはるか昔から、現在、そして未来に向けて使い続けられる手法ということでその噂が広まり、彼のもとには教えを請うトレーダーが後を絶たない。

詳細プロフィールへ

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. トレンドはなぜ階段型になるのか

PAGETOP