1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 私たちは「運」に抗うことはできないのか?

私たちは「運」に抗うことはできないのか?

私たちは「運」に抗うことはできないのか?

こんにちは、須藤です。

本日は「運の話」の続きです。

前回の最後に、流れが変わることを表わすことわざを取り上げました。
「好事魔多し」「青天の霹靂」、これらは良い流れが急転して悪いことが起こるのを示す言葉の一例だと思います。
問題は、「本当に何も予兆が無いのか」という点です。
 
確かに、予兆らしい予兆が無いからこそ「青天の霹靂」というのだと思います(笑)
急であるということも含めての、これらの言葉です。
「好事魔多し」にしても、不意に襲われるというニュアンスが込められていますよね。

しかし、そこを敢えて疑ってみるのです。

さて、ここでまた別の言葉を取り上げますが、【有頂天】という言葉がありますね。
もともと仏教の世界観だそうで、細かい点は割愛しますが、「喜びで完全に舞い上がっている様子」とでも表現できるかもしれません。
良い事柄ゆえに平常を失っている、人から見れば「最近、あの人は変わってしまったな」といった状態でしょうか。

これがどうつながるのかと申しますと、「好事魔多し」や「青天の霹靂」には、多かれ少なかれ何か“いつもと違う様子”が潜んでいるのではないか、或いは意外とはっきり表れているのではないかというわけです。

気づくか気づかないかの違いなだけで、魔や霹靂に先立つ何かがあるのではないかと感じているのですが、どう思われますか?

もちろん、人知では気づくことができないレベルのこともあると思います。

そういう、「人間ではどうしようもない領域」のことはさて置き、気をつけることで防ぐことのできる部分もある程度は、あるのではないかと考えています。
息の長い上昇トレンドが短期ではさほど派手さが無いように、運にも似たようなところがあるように思えてなりません。

「最近、調子が良いな」「うまくいってるな」と感じる時、急に派手なことをしない、俗な言い方をすれば、調子に乗らない。

“いつもと違う様子”は、多くの場合、変調を呼び起こしてしまうことをわきまえておく――

人知を超えた領域は別として、巡ってきた良い流れをみすみす自分のほうから急に手放すようなことがないように、払うことのできる配慮はあるのかなと思っています。
洋の東西、古今を問わず、【謙遜、謙虚】というものが大事なこととされているのも、そういった側面もあると考えています。

逆に、良くない流れを変えたい時は、「いつも行なっていること=習慣」を見直してみるとか、初めてのことに挑戦してみるということにつながるでしょうか。
よく言われる、部屋の模様替えをしてみるというのも、そういう意味では理に適っているのかもしれません。

前回お話しましたように、「運(=はこび)」ですので、本来人知を超えたもので、掴みどころのないものだと思います。
物理や数学の公式のように、こうすれば必ずこうなるといった話でもないでしょうね。

しかし、運=はこび、支配的な流れに関して、自分自身にも責任があるということは、返せば、幾らかは自分で変えられる部分もあるということではないでしょうか。
だからこそ、好調に際して有頂天にならない、不調でも腐らない、あきらめないことが大事だなと感じています。

運、流れ――

勝負事に手を出すと、どうしてもこういう話が出るものですね。
科学的アプローチ、コンピュータが全盛の世の中でも、それは変わらないのは興味深いですし、不思議だなと思います。

今回も最後までお読みくださり、ありがとうございました^^

最後にあなたへのメッセージ

FXで稼ぎ続けるためには、日頃からコツコツと継続学習していくことが重要です。
私自身もこれまで徹底した検証を積み重ねてきたことで相場の本質を理解できるようになりましたが、こうした学習をせずに利益を安定して出し続けるというのは、やはり難しいものです。

実際に「継続学習」の重要性については、クロスリテイリングさんでもおっしゃっている内容ですよね。
私としても、そのような投資に関する重要な考え方に共感したため、こうした記事を公開させてもらっています。

何から学習して良いかわからない方は、まずは今回のコラム記事をきっかけにしてみてください。
そして、少しずつ投資の学習を続けていってもらいたいと須藤は思っています。

また私はコラム記事だけでなく、クロスリテイリングさんのコンテンツである「The Secret FX無料オンライン講座」でも、講師を務めさせてもらっています。

「The Secret FX無料オンライン講座」では、まさに「相場の本質」に基づいた内容をわかりやすくお伝えしています。
難しいインジケーターを一切使用せず、ローソク足で見るだけで判断できる、たった4つのパターンだけで相場を攻略する手法です。

ローソク足を見るだけなので、わずか3秒で相場状況を判断できてしまいます。ここでお伝えする4つのパターンを習得するだけで、どのような相場状況であっても、安定して長期的に利益を上げられるようになるでしょう。

できる限りシンプルに落とし込んだ手法なので、FX初心者が学ぶのにも最適といえます。
また、わずかな時間のトレードであっても安定して稼ぐことができるのも、「相場の本質」を捉えているからこそです。

ただし、この「The Secret FX無料オンライン講座」を今すぐ無料で受講できるのは、期間限定となります。「相場の本質」を無料で学べるこの機会は、絶対に見逃せないはずです。

今回の私のコラム記事を読んでFXの学習をさらに深めたいと感じた方は、ぜひこの機会に「The Secret FX無料オンライン講座」で学んでみてください。

The Secret FX無料オンライン講座

この記事を書いた人のプロフィール

sudoh

須藤一寿

相場の本質を徹底的に研究をし、インジケーターを一切使わず、ローソク足の4つのパターンだけで、驚くほどの利益を上げる伝説のトレーダー。約100年前のはるか昔から、現在、そして未来に向けて使い続けられる手法ということでその噂が広まり、彼のもとには教えを請うトレーダーが後を絶たない。

詳細プロフィールへ

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 私たちは「運」に抗うことはできないのか?

PAGETOP