1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 自宅購入の際に取り入れたい、不動産投資の目線│お金のパーソナルトレーナー鈴木優平の不動産投資コラム

自宅購入の際に取り入れたい、不動産投資の目線│お金のパーソナルトレーナー鈴木優平の不動産投資コラム

自宅購入の際に取り入れたい、不動産投資の目線│お金のパーソナルトレーナー鈴木優平の不動産投資コラム

こんにちは、鈴木優平です。

今回は、最近ご相談の多い「自宅の購入」についてお話ししていきます。


特に、ここでは東京都内で自宅を購入されることを前提にお伝えしていきます。

自宅購入は資産運用につながる!?

実際に、これまでいただいたご相談は「購入した自宅が将来的に売れるかどうか」という、投資目線の方がほとんどです。

やはり東京の不動産は資産価値が高いこともありますし、家賃が取れているものに関しては、私としても、自宅も資産と考えていただくのが良いと思います。
また、それによってあなたの将来の豊かさも変わってくることでしょう。

「自宅を購入」するのであれば、やはり自分たちが住みたいと思う家を買うのがベストだとは思いますが、それだけで選ぶと資産としての自宅選びにはなりません。

自分たちにとってベストな家を貸したらいくらなのか、10年後に売ったらいくらになるのかを、考えてみてください。
こちらについては、同じエリアでSUUMOさんやホームズさんで調べると分かってきます。

もし自宅を購入して、引っ越しをすることになったとしても、ローンよりも家賃収入が上回るのであれば、収益性のある投資不動産になり得るでしょう。
そのためにも、あらかじめ購入を検討している物件の資産価値を調べておくと、将来的に自宅を資産運用の一部にできる可能性があるといえます。

自宅を資産運用の一部として考えることによって、家を買う価値が非常に高まると思います。

まずは、既にそのエリアに建ててから10年、20年と経っているマンションがどれくらいの価格で取引されているかを調べてみてください。
あなたが購入したい自宅が、将来いくらで売れるのか想定することができます。

投資目線で見る、マンションと戸建ての違い

ただし、ここまでお伝えしてきたのは、あくまでマンションを購入する場合の話です。
戸建てとなると、事情が変わってきます。

マンションのほうが売りやすいですし、貸しやすいです。

戸建てを買うとなると、やはり皆さんの好みに合わせた設計になるケースが多いかと思います。

好みに合わせるとなると、万人受けしないケースも当然あるので、どうしてもマンションのほうが売りやすいのです。

また、自宅を貸すという面で考えてみても、戸建てよりマンションのほうが借り手は多いのが実情です。

資産価値を重視してマンションを買うか、それとも好みに合わせた家を買うことを重視して戸建てを買うかは、あなたの好みになります。

ただ、自宅の購入は大きな買い物です。
その上、資産という面でもあなたの将来に大きな影響をもたらすので、十分注意して考えていただければと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
次回もよろしくお願いいたします。

友だち追加

↑ ↑ ↑

コミュニティの検索IDはこちら

鈴木優平

この記事を書いた人のプロフィール

suzuki

鈴木優平

日本国内の不動産案件を誰よりも熟知している、「堅実投資」のエキスパート。彼が提供する不動産投資案件の大きな特徴は、“人生100年時代”を見据え、10年、30年、50年と、半永久的にリターンを生み出し続けるような、究極に安定した案件を紹介できるということ。また、誠実で熱い気持ちを持ち続ける彼の最大の強みは資産形成や人生設計に関して、長期的に寄り添ってくれる、というところである。人生設計に関わる各分野の専門家とのコネクションやネットワークも豊富で、生涯にわたってお客様をサポートし続ける「お金のパーソナルトレーナー」として各種メディアでも注目を集めている。

詳細プロフィールへ

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 自宅購入の際に取り入れたい、不動産投資の目線│お金のパーソナルトレーナー鈴木優平の不動産投資コラム

PAGETOP