1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 不動産会社、倒産リスクと具体的な対策方法│お金のパーソナルトレーナー鈴木優平の不動産投資コラム

不動産会社、倒産リスクと具体的な対策方法│お金のパーソナルトレーナー鈴木優平の不動産投資コラム

不動産会社、倒産リスクと具体的な対策方法│お金のパーソナルトレーナー鈴木優平の不動産投資コラム

こんにちは、鈴木優平です。

今回は販売会社、管理会社の倒産リスクについてお話します。


不動産投資を始めたばかりのオーナーさんだと、販売会社や管理会社が倒産するリスクについて心配される方もいらっしゃると思いますが、どんな時にそのリスクがあるのか、どのように対処すればいいのか、事前に知っておけば、販売会社や管理会社の倒産のリスクは十分回避していけるものです。

販売会社、管理会社、それぞれが倒産した場合についてお話していきますので、その心配を解消するためにも参考にしてくださいね。

販売会社が倒産した場合

こちらについては、オーナーとなるあなたには直接関係しないことがほとんどです。

というのも、販売会社、つまり購入した会社が倒産したとしても、マンションにはそのまま入居者さんは住んでいますよね。

そのため、管理会社が賃貸管理をして家賃を振り込んでくれる限りは、あなたの資産は維持されていきます。

つまり、販売会社が倒産しても、入居者さんがいて管理会社がしっかり管理をしてくれていれば、オーナーであるあなたには実際影響はないというわけです。

管理会社が倒産した場合

販売会社と違って、管理会社の財務状況というのはオーナーであるあなたに直結します。

倒産しないまでも、財務状況が悪くなり首が回らなくなると、会社を運用する資金として入居者さんからのお家賃を使うことになり、結果的にオーナーである、あなたの元には振り込まれない、ということもあり得るのです。

そのうえ管理会社に連絡がつかない、ついたとしても先延ばしにされて対応してもらえない、という状況が続いてそのまま倒産してしまうと、お家賃を回収できないまま投資不動産だけが残ってしまうので、この事態は絶対に避けなければなりません。

そのためにはまず、管理会社としてお任せするというときには、その財務状況をしっかり見極めたうえで、安心してずっとお付き合いできる会社を選定することが大事です。

そしてそのあとも、担当の方などとこまめにコミュニケーションを取って、出来る限り会社の状況を把握しておくというのも重要な点ですね。

管理をお願いしている会社がいよいよ存続が難しくなっていると察知できれば、他の賃貸管理会社に変更するという先回りの対応もできますし、リスクの管理としては有効かと思います。

賃貸管理会社というのは数えきれないほど存在しますから、管理会社としてお願いする際も、そしてその後もしっかり見極めをしていきましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次回もよろしくお願いいたします。

友だち追加

↑ ↑ ↑

コミュニティの検索IDはこちら

鈴木優平

この記事を書いた人のプロフィール

suzuki

鈴木優平

日本国内の不動産案件を誰よりも熟知している、「堅実投資」のエキスパート。彼が提供する不動産投資案件の大きな特徴は、“人生100年時代”を見据え、10年、30年、50年と、半永久的にリターンを生み出し続けるような、究極に安定した案件を紹介できるということ。また、誠実で熱い気持ちを持ち続ける彼の最大の強みは資産形成や人生設計に関して、長期的に寄り添ってくれる、というところである。人生設計に関わる各分野の専門家とのコネクションやネットワークも豊富で、生涯にわたってお客様をサポートし続ける「お金のパーソナルトレーナー」として各種メディアでも注目を集めている。

詳細プロフィールへ

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 不動産会社、倒産リスクと具体的な対策方法│お金のパーソナルトレーナー鈴木優平の不動産投資コラム

PAGETOP