1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 自然災害のリスクと具体的な対策方法│お金のパーソナルトレーナー鈴木優平の不動産投資コラム

自然災害のリスクと具体的な対策方法│お金のパーソナルトレーナー鈴木優平の不動産投資コラム

自然災害のリスクと具体的な対策方法│お金のパーソナルトレーナー鈴木優平の不動産投資コラム

こんにちは、鈴木優平です。

今回は自然災害のリスクについてお話します。

投資物件に被害を与える自然災害

自然災害というと思いつくのは、火災、地震、津波、といったところでしょうか。

そういった自然災害は突発的に発生します。

だから、基本的には投資物件をお持ちの方は、可能であれば保険に入ってください。

保険に入ることで、実際に災害のリスクはかなり軽減されます。

例えば、東京で首都直下型の大型地震が起きたとします。

ここで一番考えなければならないのは、地震で倒壊するリスクでも、津波で家が流されてしまうリスクでもありません。

実は、最も警戒しないといけないのは、火災のリスクです。

津波に関しては、内陸に物件があったり、持っている物件が新しければ問題ないでしょう。

実は過去を振り返っても東京が大きな津波に襲われたことはないので、内陸の物件が津波で流されてしまうのは現実的ではありません。

地震も、今の新耐震基準で作られているしし建物であれば、倒壊するというのはなかなか考えられないでしょう。

しかし、火災は話が別です。

まだまだ木造の家屋が多い東京で、ひとたび火災が発生すれば周りの建物に火が燃え移り、どんどん火の手が広がります。

お持ちの物件が鉄筋コンクリートのマンションだとしても、火災の被害を受けてしまう可能性があります。

自然災害のリスクを抑える方法

自然災害の中でも、最も被害を受ける可能性が高いのが火災なので、内容をしっかり確認した上で火災保険を選ぶことが重要です。

火災保険にも様々なプランがあります。

実際にお持ちのマンションやその部屋の中で火災が起きた際、十分足りる金額が下りるのかをしっかり確認しておくことで、かなり災害のリスクは軽減されます。

そして、物件の築年数、つまり新耐震基準を満たしているかということや、周辺地域の災害の危険度を知ることも大切です。

自治体が出している災害のデータをしっかりチェックした上で、問題がない場所であれば、自然災害のリスクはさらに低くなります。

ぜひ、事前に下調べをしてから物件を購入していただければと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
次回もよろしくお願いいたします。

友だち追加

↑ ↑ ↑

コミュニティの検索IDはこちら

鈴木優平

この記事を書いた人のプロフィール

suzuki

鈴木優平

日本国内の不動産案件を誰よりも熟知している、「堅実投資」のエキスパート。彼が提供する不動産投資案件の大きな特徴は、“人生100年時代”を見据え、10年、30年、50年と、半永久的にリターンを生み出し続けるような、究極に安定した案件を紹介できるということ。また、誠実で熱い気持ちを持ち続ける彼の最大の強みは資産形成や人生設計に関して、長期的に寄り添ってくれる、というところである。人生設計に関わる各分野の専門家とのコネクションやネットワークも豊富で、生涯にわたってお客様をサポートし続ける「お金のパーソナルトレーナー」として各種メディアでも注目を集めている。

詳細プロフィールへ

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. 自然災害のリスクと具体的な対策方法│お金のパーソナルトレーナー鈴木優平の不動産投資コラム

PAGETOP