1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. TAMURA
  4. 【重要】システム的に考えてみるって どういうこと?

【重要】システム的に考えてみるって どういうこと?

【重要】システム的に考えてみるって どういうこと?

トレードの考え方Vol.18(重要)

皆様こんにちはTAMURAです。

2月中旬クロス円は押し目買い戦略・ドルストレートは戻り売り戦略と
刻々と相場状況が変わっておりますが都度、環境整備をしている最中であります。

さて、日米首脳会談は連日のニュースで色々と議論されておりますが・・・
成果としてはどうでしょうか?!

個人的には、得たものも失っていくであろうものも
あったのではないかと思う今日この頃です。

為替にも影響があることですから、今後の政治動向にはより注視ですね。
というか・・・日々、注視には事欠かないですよね(笑)

経済指標・要人発言も忘れることなく・・・

天気予報と一緒で、
急な悪天候にも対応できる準備(ポジションサイジング等)をしておけば大丈夫ですね。

俯瞰して相場状況を把握する

現在の相場状況では、自身の視覚情報に変化を与えています。

高い位置から見下ろすような視点を持つことで「俯瞰で考える意識」を引き出します。
そうすることで、システム的なロジックの活きる箇所・環境を選択しております。

「これなら負けない!」というのはトレードにおいて100%はありませんが・・・

「圧倒的に上回るレベルの能力」「核となる能力」特技や得意技のことを
「コア・コンピタンス(中心的専門能力)」
と言います。

そうコア・コンピタンス的な能力の高い優位性のあるロジック群を作っていくことで
「勝つ確率」を上げていく「確立されたアイデンティティ」が出来上がっていきます。

☆模倣可能ロジック群(シンプルであり基礎的なチーム)
☆移動可能ロジック群(環境条件が一致したら働くチーム)
☆代替可能ロジック群(1方向で負けても2方向で勝つ売買反転系チーム)
☆希少性ロジック群 (暴騰暴落に備えるチーム)
☆耐久性ロジック群 (中期長期のDDに耐えて利を伸ばすチーム)

どの要素が有効か?どのチーム戦略?どれくらいのLotで?
市場環境・ボラティリティ環境・相関関係・等々によっても異なり、

一旦築いた優位性も市場環境の変化と共に陳腐化する恐れがあるため、
継続的なコア・コンピタンスの再定義新たな能力の高いロジック作成、
ポジションサイジング
などの努力も欠かせないです。

日本人はなんでも満遍なく熟せる人を好む傾向が強いと言われておりますが、
手を広げてどれも中途半端になっているよりも、
何か専門性があるロジックで、ダントツに得意な相場状況を
自分の軸としている方がずっと自信を持ちやすい
ものです。

「自分には武器がある!」と得意な相場状況に目を向けて気持ちを切り替えることで、
再びモチベーションを取り戻す効果も見込めます。

そして、実績を積み重ねていくことにより、強い自信となって原動力に変わります。

得意なものや専門性を身につけるには、積極的に自分自身を磨く自己投資が不可欠です。

思惑心理を排除する!

質問:TAMURAがよく言っている「システム的に考えてみる?」ってどういうことですか?

回答:相場の値動きは不安や迷い・・・ネガティブ心理が次々に誘うものです。

優位性のある売買戦略があっても、その時々の不安や慢心から無理してしまい、
やがて戦略が思惑や心理によって一瞬で覆ってしまうのは
トレーダーが経験していく道筋の1つかと思います。

そう!自分自身の「思惑心理」が優先されてそれが勝るのです。

その思惑心理が生み出す「判断」というのは、
今まで経験してきた五感(視覚・聴覚・臭覚・触覚・味覚)から得られた情報から、
脳が解釈して生み出されています。

トレーダーが察知する五感には優先順位があるので、
その場その場で「今まで経験した五感から得られた情報で正確な判断」というのは難しいです。

あと、しっかりとした感覚を同時に活用できるのは、概ね1つ・2つ程度になってきます。

研ぎ澄まされた感覚がある方も存在はしていますが、大多数にはならないです。
そして、集中すればするほど、使える感覚というのは数が減ります。

冷静であるかを自問自答する

集中しすぎるから悪い結果になっていくトレーダーも多くいます。

集中して1点しか見ていないのはマズイです。
集中するあまりに「上がるか?下がるか?」を予測しがちになります。

この予測を試みている状態ですと、負のスパイラルに陥る可能性を高めてしまうので、
そうではなく「優位性のある相場環境や局面であるのか?」を
俯瞰するところから考えを分岐させていかないと先に通じません。

なので、多角的な客観視をするように心理を整えます。
個人的には、冷静沈着な状態であるのか?という自問自答に集中します。

ということは・・・

・経験から判断された「思惑心理」というのは本当に正しいのか?
・プロセスを無視した結果論ありきの構成された「思惑心理」の判断でOKか?
・継続利益の追求が出来ていない状態での「思惑心理」の判断でOKか?

「正しい経験をしてきたから思惑心理による判断は間違っていない!」ってなると
なかなか当てはまらないと思います。

よほど強い意志や確かな相場観・洞察力・経験値等がないと
戦略をしっかり守りつつトレードをやり続けることは本当に難しいことです。

なので、トレードの土台は「有能なロジック」ではなく
「自身の目的や目標に沿う心理状態」ということになります。

参考:

トレードの土台は心理的要素です

トレードは心理戦!

システム的に「考えてみる」

不安や迷いによる心理で困難な状態では、
刹那的感情に右往左往されて戦略が崩れます。

この問題への対応手段として行われるのが
「システム的に考えてみる」ということです。

「システム的」とは機械的にルール通りにトレードしていくことです。

裁量か?システムか?の選択については、どちらにもメリット・デメリットがあるので、
一概にはどちらが優位とはならないです。

「考えてみる」とはテクニカル分析になります。

数値化して見ていくことになりますから、
計算によって再現された統計的確率の高いポイントや相場の偏りを見出していきます。
その為には短期~長期間での検証をします。

システム的に考えてみる「システムトレード」になります。

過去検証では非常に良い成績が結果として得られたとしても、
将来その結果が保障されるわけではないのでテクニカル分析の難しいところでもありますが、

アイディアや工夫を重ねて、
その検証結果から導かれたロジック群を活かせる状況下に投入をする
ちょっとした裁量的な技術部分も付け加えていくことで、
価値ある武器を得てトレードが出来るようになります。

参考:

野球チームの監督のような目線でトレードする?

そうすることで「思惑心理」によるトレードを排除した環境が構築できます。

テクニカル分析には利点も多く、使い方や構築内容を十分に把握していくと
システムトレードで威力を発揮
することが出来ていきます。

検証結果は、そのトレードでどの程度勝てるのか?
という有効性確率を反映しており、確率論的に汎用性が高いポイントを探れます。

そして、過去相場でのロジック適用と再現性の検証こそがテクニカル分析をする所以です。

チャートの裏側は人間心理の宝庫でありますから偏りが生じます。
その偏りからテクニカル分析を用いて優位性のあるロジックを構築しています。

このようなテクニカル分析を用いたシステムトレードで勝利を手に入れるには、
ルールを厳守する為にも「システムをどう扱うか?」ということがポイントになります。

将棋の駒のようにシステムを配列させてみます。
敵の王将を取るには・・・

歩を動かすのか?
金将を動かすのか?
飛車を動かすのか?
香車を動かすのか?

と、考えることと同じです。

システムトレードをするなら完全自動化しようとするのですが、
完全自動化しても自身の思惑心理の判断1つで介入することが出来てしまうので、
優位性のあるロジックも活きてこない場合があります。

なので、システム的に考えたロジックの「扱い方を習得」していくことが大事になってきます。
そして、扱い方を習得するが故に「思惑心理を排除してルール通りに出来るようになる」ということに繋がります。

システム的に考えてみるのもトレードの参考になると思いますし、武器になってくれると考えます。

把握された環境構築こそが理解を深めてトレードに邁進していけるので
是非、一緒に挑戦をしていきましょう!!

また次回、よろしくお願い致します。
TAMURAより

最後にあなたへのメッセージ

本日も最後まで読んでいただいてありがとうございます。

投資は少し学んだ程度ではなかなか身につかないのが難しいところです。

あれっ? こういう相場はどう判断したらいいんだろう?
あれっ? あの時学んだのと違う動き方をしているぞ?

そういった経験は、特にFX初心者であれば一度はあるでしょう。

だからこそ、プロであっても日々の学習を怠ることができないわけです。
実際に私も、今でも学習や分析を行いながら、常に変化する相場を判断するようにしています。

ぜひこれからFXを始めようと考えている方は、学習を続けることを習慣化させるところから始めてもらいたいと思いますね。

それは私だけでなく、クロスリテイリングさんでもお伝えしている投資家として大切な考え方となります。今だけでなく、中長期的に稼げるトレーダーというのは、やはり学習がなにより大切なものになるんですね。

そうした考え、気持ちがクロスリテイリングさんと一致したために、私はこうして多くの方に投資知識をお伝えする場を設けてもらっています。最後まで読んでくださった方は、ぜひその投資家の大切な部分を覚えておいてください。

また、とうし科!!でお伝えしている内容に併せてオススメしたいのが、私が講師を務めさせてもらっている無料講座「TAMURA式・FX1分足トレード法 One Minute’s FX」です。

このコンテンツでは名前のとおり、1分足で瞬時に稼げるロジックを紹介しています。
シンプルでありながら、その内容は私が10年間、検証を繰り返しながら作り上げた珠玉のロジックです。この1分足ロジックのルールに則ってトレードするだけで、8割以上の勝率を叩き出すことにも成功しています。

そのため、なかなか利益を上げられないと悩んでいるFXトレーダーには、ぜひ一度学んでみてもらいたい内容です。

また、もうひとつの特徴として、シンプル故に再現性が高いロジックである点も挙げられます。つまり、これからFXを学んですぐに利益を手にしたいと考えている初心者にとってもオススメできる無料講座だと思っています。

短時間で簡単に稼げる内容ですから、スキマ時間でトレードしたい人にも適しているでしょうね。安定してコツコツ収益を積み重ねることができるロジックを無料で学べる機会はなかなかありませんよ。

現在のところは無料で受講できる講座ですが、こちらは期間限定となっています。ここで興味を持ってくれた方は、この機会を逃さないでください。

今すぐ利益を得たいと思っている方。
FXを学習するための無料講座を探している方。
短時間で稼げる方法を学びたい方。

上記に当てはまると思ったら、今すぐ下記から私の「TAMURA式・FX1分足トレード法 One Minute’s FX」でFXの学習をすることで、稼げるトレーダーを目指してください。

TAMURA式・FX1分足トレード法 One Minute’s FX

この記事を書いた人のプロフィール

tamura

TAMURA

1分足で着実に利益を抜き取る画期的な手法で、鮮やかに相場から利益を抜き取る世界が認める凄腕トレーダー。トレーダー歴は10年を超える。現在、プロが唖然とするほどの検証を積みトレーダー界では「検証の鬼」として尊敬される一面を持つ。

詳細プロフィールへ

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. TAMURA
  4. 【重要】システム的に考えてみるって どういうこと?

PAGETOP