1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. TAMURA
  4. 野球観戦はトレードの考えを鍛える場!?

野球観戦はトレードの考えを鍛える場!?

野球観戦はトレードの考えを鍛える場!?

トレードの考え方Vol.21

皆様こんにちはTAMURAです。

3月中旬―――政治・経済と材料盛り沢山の重要な週となっております!

波乱要因として動く可能性にも注意が必要の状況から、トレード見送り・ポジションダウンサイジングを慣行しております。

「負けにくい・減りにくいトレード環境設定」にて保守的に動きを把握して、心理的ダメージのない範疇に収めながら虎視眈々と先を見据えていきます。

「USドル」

FOMC・イエレン議長会見・連邦債務上限引上期限問題・予算教書・CPI・G20

「ユーロ」

景気見通しは不透明・今後の主要国で相次ぐ選挙も気になるところ

「ポンド」

EUへ正式離脱通告ですかね?!経済もさることながら政局が困難でしょうか

「AUドル」

雇用統計・推移自体は順調かと・押し目の買い場を探して伸ばす

「NZドル」

6週足連続陰線・GDP~政策金利によって流れが変わるのか?!長期目線は変わらず

好きこそものの上手なれ

さて、連日盛り上がっている「WBC ワールドベースボールクラシック」
侍JAPANの試合を東京ドームで生観戦しております。

一挙手一投足、見逃さないように「どういう戦略?どういう戦術?どういうスタメン?どういう配球?」等々を自分で分析しながら観ております。

純粋に勝ち負けを楽しみたいのもあるのですが・・・
これは「トレードの考えを鍛える場」としております。
野球観戦もトレードも好きなので、好きこそものの上手なれ!でトレードをすることを野球になぞらえております。

なぜ?そんなことをするのか?以前のコラムに記載しております。
参考:監督目線でトレード!

↑いかがでしょうか?こんな風に考えてみるのもまた、参考になればと思います。

トレードをするということ=FXのことばかりではなく、好きなものや、趣味・趣向からでも多角的に得られるものはあります。

考えの固執=固定観念に支配されないように柔軟であり続けていたい!
と私は思うので、新しいトレード風景を求める為にも、野球を通じたりしながら発想を深めております。

スポーツの試合には同じものがないので都度、その場の状況判断が求められるから良いトレードトレーニングになります。
野球は1回1回、攻撃と守備で間が空くので考える時間が持てます。

検証結果を精査する

USD/JPY相場は先週、一時115円台半ばまで上昇しましたが、平均受給の伸びは市場予想より下回りました。
今週の重要イベントを控えてポジション調整的な動きから反落していますね。ですが、米経済が景気拡大基調にあります。

景気の先行きには大きな不安材料は見当たらないことを踏まえてFOMCではFRBが利上げに踏み切るとの見方が多くなっています。

FOMC終了後の会見も気になるところで・・・内容次第では、中期的に一段階上がっていくのかな~と思います。

今年のレンジ状態をいつどう突破していくのか?イベント消化後はトランプ大統領の政治手腕への期待先行の流れが再度、強まっていくのでは?!

では、どんなタイミングが上昇傾向なのか?
大口投資家動向はどんなタイミングを計るのか?

検証してみましょう~!!

直近3年間のUSD/JPY 日足

【条件】
日足の終値が31日間の最高値から+60Pips以上の時にロング(買い)エントリー
利確●●Pips 損切●●Pips 指さらない場合3日後終値でエグジット

▼通貨ペア
USD/JPY (US Dollar vs Japanese Yen)

▼期間
日足(D1) 2014.01.01 00:00 – 2017.03.14 00:00 (2014.01.01 – 2017.03.14)

テストバー数 1832
モデルティック数 63447
モデリング品質 n/a
不整合チャートエラー 0
初期証拠金 50000.00
スプレッド 20
純益 197031.70
総利益 425292.12
総損失 -228260.42
プロフィットファクタ 1.86
期待利得 942.74
絶対ドローダウン 15663.29
最大ドローダウン 39435.46 (19.23%)
相対ドローダウン 32.12% (16251.30)
総取引数 209
買いポジション(勝率%) 209 (90.91%)
勝率(%) 190 (90.91%)
負率(%) 19 (9.09%)
連勝(金額) 33 (76598.41)
連敗(金額) 2 (-19939.68)
平均連勝 11
平均連敗 1

検証からどんなタイミングが上がっていきやすい偏りが存在しているのか?
調べてみると面白い傾向が見えてきます☆

勿論、このままでは使用できません!
相場の偏り・心理的節目等がどんなところにあるのか??
環境状況を知ることを検証から得ています。

野球でいう「送りバントをどのタイミングで仕掛けるか?」という感じで・・・
その仕掛けるポイントの優位性を知っていくために検証をするのです。

楽しんでいきましょう!また次回、宜しくお願い致します。
TAMURAより

最後に

現在私はクロスリテイリングさんが提供している、
「TAMURA式・FX1分足トレード法 One Minute’s FX」というコンテンツで講師をつとめております。

こちらの講座では、とてもシンプルで、FX初心者の方でも再現することが可能な、「1分足ロジック」無料で学ぶことができます。

この「1分足ロジック」は、私が10年間、検証をくり返して作り上げ、ロジック通りにやるだけで8割以上の勝率を叩き出すことに成功した手法です。

ありがたいことに、この無料レッスンは多くの方にご好評をいただいております。

ぜひあなたも、この無料オンラインレッスンで、私の「1分足ロジック」を学んで、あなたの武器を増やしていきましょう!

TAMURA式・FX1分足トレード法 One Minute’s FX

この記事を書いた人のプロフィール

tamura

TAMURA

1分足で着実に利益を抜き取る画期的な手法で、鮮やかに相場から利益を抜き取る世界が認める凄腕トレーダー。トレーダー歴は10年を超える。現在、プロが唖然とするほどの検証を積みトレーダー界では「検証の鬼」として尊敬される一面を持つ。

詳細プロフィールへ

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. TAMURA
  4. 野球観戦はトレードの考えを鍛える場!?

PAGETOP