1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. TAMURA
  4. サイコロジカルラインをトレードに活用する

サイコロジカルラインをトレードに活用する

サイコロジカルラインをトレードに活用する

トレードの考え方Vol.53

皆様こんにちはTAMURAです。

日増しに寒さが加わってきましたが、昨晩の主役はユーロということで買戻しが強いですね。
ロンドン時間に発表になったドイツの7~9月期のGDP速報値が
強い内容となったことをきっかけに上昇。

ドイツは力強い成長が続いていることを示しています。
また、ユーロ圏の7~9月期のGDP改定値も発表になっており、
速報値から変わらずの0.6%増となっていました。

米税制改革への不透明感などもありドルは軟調している感じですね。
ダウが一時160ドル安となり、米長期金利も低下するなど、
ドル売り材料が出ており、主要3通貨の強さでは、ドル<円<ユーロの並びです。

ドル安の流れが続くのか?!
ユーロにシフトが集まるのか?

直近の動きに注目しております。

こういう状況からして
本日の米・消費者物価指数CPI、小売売上高、NY連銀製造業景気指数への反応はどのようになるのか?

一時的には振り動かされる展開というのは、
前回の動きからもわかっているので、警戒は必要とされます。
予想通り、もしくは上回る数値であればUSD/JPYの反転も起こりうるかもしれないが、
予想を下回るようであれば、この流れから考えると売り込まれる可能性も警戒しています。

特にCPIですね!

消費者物価指数(CPI)とは?
米労働省労働統計局が毎月発表する統計で、
消費者が購入するモノやサービスなどの物価の動きを把握するための統計指標です。

また、国民の生活水準を示す指標とも言えます。
インフレ率を分析するための重要指標です。

月半ばということで、直近の動きに要注目しております。

「サイコロジカル」とは

投資家の心理を数値化しようとするもので、
例えば売りポジションで5~10回も勝ち続けたりすると、
誰でも「そろそろ売りは・・・?!」と思惑に
あれこれ考えを巡らせて不安になったりするものですが、

投資家は市場心理を詮索して反転を意識します。
サイコロジカルではこのような市場心理・投資家心理を数値化しようとしています。

計算法

シンプルな式で一定期間中の対前日比で上昇した日の比率を求めたものです。

サイコロジカルライン%=A÷B×100

A=対象期間中に終値が前日比プラスであった日の日数
B=対象期間のすべての日数
※計算の対象期間は●日を用います。

上昇率が20~25%以下になると割安・75~80%以上になると割高。
このラインをトレンド転換ラインと考えます。

大雑把な計算であり数値になるのですが、
さらに工夫して+αしていくとある一定の相場で使えるようになります。

各、検証を行って相場の方向感を得て直向きに継続していくことで
利益はしっかりついてくると思います。

その時ばかりに一喜一憂するのではなく
その時ばかりに右往左往するのではなく
中長期での目標達成をする為に必要な軸をしっかりと設けていくことが大事です。

それでは「一行三昧」(1つの修行法を一心に励むこと)
ということで、また次回よろしくお願い致します。

TAMURAより

最後に

現在私はクロスリテイリングさんが提供している、
「TAMURA式・FX1分足トレード法 One Minute’s FX」というコンテンツで講師をつとめております。

こちらの講座では、とてもシンプルで、FX初心者の方でも再現することが可能な、「1分足ロジック」無料で学ぶことができます。

この「1分足ロジック」は、私が10年間、検証をくり返して作り上げ、
ロジック通りにやるだけで8割以上の勝率を叩き出すことに成功した手法です。

ありがたいことに、この無料レッスンは多くの方にご好評をいただいております。

ぜひあなたも、この無料オンラインレッスンで、
私の「1分足ロジック」を学んで、あなたの武器を増やしていきましょう!

TAMURA式・FX1分足トレード法 One Minute’s FX

この記事を書いた人のプロフィール

tamura

TAMURA

1分足で着実に利益を抜き取る画期的な手法で、鮮やかに相場から利益を抜き取る世界が認める凄腕トレーダー。トレーダー歴は10年を超える。現在、プロが唖然とするほどの検証を積みトレーダー界では「検証の鬼」として尊敬される一面を持つ。

詳細プロフィールへ

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. TAMURA
  4. サイコロジカルラインをトレードに活用する

PAGETOP