1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. TAMURA
  4. トレードルールを守るために必要なこととは

トレードルールを守るために必要なこととは

トレードルールを守るために必要なこととは

トレードの考え方Vol.56

こんにちはTAMURAです。
木枯らしが吹きすさぶ頃となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?!

先週のVol.55にて

「NYダウがザラ場で最高値更新ですね・・・仮想通貨のようなチャートになっています。
ダウ先物のポジションを一旦、整理しましたが、まだ上昇の余地がありそうです」

とコメントしておりましたが

米上院の税制改革法案可決を好感し底堅く推移してNYダウは24290.05ドルで終了・・・。
更に過去最高値を更新しました。
ただ、税制改革の恩恵が低いIT株は売られナスダック総合指数は下落している。

ということで
「あぁぁ~~~ポジションをホールドしておけばよかった!」
「あぁぁ~~~決済しないで見ておけばよかった!」

よくありがちに思うこと・・・ではないでしょうか?

ですが、統計的な確率がトレードですから、
このようにありがちな感情的に思うことは全く気にする必要はありません。
そして、もしトレードで損失が出た場合においても織り込み済みなので、
こういった感情との付き合い方がトレードでは大事になります。

「やり方」ばかりではなく、
フォーカスするのは「考え方」ということになります。

勝ち負けに右往左往して一喜一憂してしまうと、
絶対にこの勝負に勝ちたいという感情が生まれ、
その後のトレードにおいて悪循環をもたらす原因へと化けていきます。

個人トレーダーとして追求すべきは、1回1回のトレードに惑わされず、
トータルの収益ですから、
中長期における目的・目標を達成させるべく邁進していくことに集中です。

自分自身のトレードを客観視できるかが重要

トレードルールを守る!ということは散々言われていることなので、
身に染みていると思いますが、
ルールを守るには側面や背面にある数字や確率を理解することが重要です。

■ロジックは統計的に優位であるという根拠が存在しているか?
■ルール通りにトレード出来ているか?
■感情の起伏を感じず淡々とした姿勢で臨めているか?

この3点を確認しながら、
未来へ自分自身を導いていこう!と客観視してみましょう。

さて、8日金曜日は米国雇用統計が発表されますが、
FOMC前であり今年最後になりますから重要な発表になります。
その後のインフレ率が上昇しない限りドルは売り込みが激しくなりそうです・・・

米国の利上げの影響は、基本的には利上げすることによって、
通貨の価値が上がるのでドル高になるのが普通の考えです。

ですが、実際のUSD/JPYでは過去の利上げ局面を検証すると、
ドルが下落していることのほうが多いです。

それは、利上げすること自体を織り込んでいるからですね。
利上げをすると材料が出尽くしますからドルが売られてドル安になるという流れです。

そこからは一巡するとドル高に向かう傾向ですから、
順張り系・逆張り系を反発的に駆使していくような戦略が有効になっていきます。
いずれも、初動で急反応するのではなく、流れを汲んでいきます。

また、米税制改革法案によるドル買い一本のトレンド傾斜という感じもしませんので、
ロシアゲート疑惑の絡みや英国のEU離脱交渉の関連報道には要注意ですね。

USD/JPY・・・113円の壁から反落で、
定着からのブレイクも無さそうですから神経質な展開から週後半の指標に注目しております。

~今週の検証~ EUR/USD 5分足 2005年~2017年

※買いポジションのみ

モデリング品質 89.99%
不整合チャートエラー 0
初期証拠金 1000000円
スプレッド 15
純益 6746271.15
総利益 24803766.87
総損失 -18057495.72
プロフィットファクタ 1.37
期待利得 7293.27
最大ドローダウン 492021.84 (10.22%)
総取引数 925
買いポジション(勝率%) 925 (65.08%)
勝率(%) 602 (65.08%)
負率(%) 323 (34.92%)
連勝(金額) 16 (761230.88)
連敗(金額) 5 (-282755.78)
平均連勝 3
平均連敗 1

 
 
エントリー条件は、単純に移動平均+変動値幅を駆使。

エグジット条件は、多段階条件を形成しており、
決済に対する出口戦略を重要視している。

多段階において重要なのはどのようにして利益を伸ばすか?になりますから
指値・逆指値を流動的に動かして利を伸ばすところ、
損を小さくするところを多岐化させます。

ちょっとわかりにくいですが(笑)
フラクタル図形をイメージしながらチャートの値動きを考えております。

まだ粗削りなので、更なる精度を上げていこうと思います。

色々検証をしていくことで、何が使えて?何が使えないか?
試行回数が増えれば増えるほどに勉強や経験になっていきます。
その繰り返しこそが・・・将来の利益形成に繋がると私は深く信じています。

それでは「一行三昧」(1つの修行法を一心に励むこと)
ということで、また次回よろしくお願い致します。

TAMURAより

最後に

現在私はクロスリテイリングさんが提供している、
「TAMURA式・FX1分足トレード法 One Minute’s FX」というコンテンツで講師をつとめております。

こちらの講座では、とてもシンプルで、FX初心者の方でも再現することが可能な、「1分足ロジック」無料で学ぶことができます。

この「1分足ロジック」は、私が10年間、検証をくり返して作り上げ、
ロジック通りにやるだけで8割以上の勝率を叩き出すことに成功した手法です。

ありがたいことに、この無料レッスンは多くの方にご好評をいただいております。

ぜひあなたも、この無料オンラインレッスンで、
私の「1分足ロジック」を学んで、あなたの武器を増やしていきましょう!

TAMURA式・FX1分足トレード法 One Minute’s FX

この記事を書いた人のプロフィール

tamura

TAMURA

1分足で着実に利益を抜き取る画期的な手法で、鮮やかに相場から利益を抜き取る世界が認める凄腕トレーダー。トレーダー歴は10年を超える。現在、プロが唖然とするほどの検証を積みトレーダー界では「検証の鬼」として尊敬される一面を持つ。

詳細プロフィールへ

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. TAMURA
  4. トレードルールを守るために必要なこととは

PAGETOP