1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. TAMURA
  4. リスクとの付き合い方を考える

リスクとの付き合い方を考える

リスクとの付き合い方を考える

トレードの考え方Vol.59

今年もいよいよ残りわずかとなってしまいましたが、
皆様いかがお過ごしですか?!

2017年も早かったなぁ~あっという間だったなぁ~と思うことは
年齢を重ねると感じやすくなるそうですが・・・
個人的は、新鮮味が少なくなることや、
マンネリ化によって時間経過が早かったという感じではなかったです。

何もしていないという時間があまりなかったからかもしれません。
充実するように心掛けてトレード・研究・開発・検証を行えました。

直近

米国などはクリスマス休暇明けとなりましたが、多くの国が祝日となる為、
市場も閑散ムードが継続する見通しでしょうか?!

手掛りや材料がもう少ないのですが、
年内の最終局面でヘッジファンドが仕掛ける・・・

突発的な動きも絶対に無いとは言い切れないので、
巻き込まれないようにチャンスがあれば
エントリーサインを精査しようと思います。
(ほぼ今期のトレードは終了ですが)

年明け1月1週目の経済指標には要注目ですから、
攻めの姿勢ではなくしっかり守備から入っていこうと思います。

守備=資金管理・リスク管理

資金管理やリスク管理の重要性はほとんどの方がしっかりと認知しています。
ですが、具体的な数値までにしっかりと落とし込んでいない方が多いです。
是非、具体的な数値で捉えていきましょう。

リスク=利益や損失に影響を与える不確実性のこと。
利益の裏には常に損失の可能性がある。
損失の裏には常に利益の可能性がある。

ということですね。

◯◯かもしれない・・・これがリスクです。
リスクの大きさ=結果への振れ幅:ボラティリティや変動率。

リスクは徹底して避ける?
リスクはチャンスである?

リスクは危険であり、損失であることばかりに捉えてしまうと
盲目的になってトレードを俯瞰する力を減退させてしまいます。

リスクなくしてリターンなしになりますから、
リスクへの付き合い方ということになります。

上手にコントロールしていく為にも上記の図のように◯%であるべきか?
自身の心理や思考と向き合ってみるのも年末年始にはいい機会です。

トレードでは連勝・連敗する可能性は高く、
たとえ連敗しても資金を守れるようにしておかなければいけません。
許容損失%を決めておくのが重要です。

2018年の方向感は?

年末年始
直近数年はどんな動きだったか?
2017年はどんな動きだったか?
2018年の方向感は?

長期足で把握しておくことをお勧めします。

例えばUSD/JPY 終値-始値(絶対値にて)

いつ?どれくらいの幅か?
長期で把握しておくと対策も講じやすくなります。
そして、目的や目標とも照らし合わせながら資金管理に通じます。

年明け後も動きやすく、
1月はその年の最高値や最安値になりやすので要注意です。

年内は今回でラスト投稿になりますm(__)m
2017年も残すところ僅かとなりましたが、
今年もご覧頂きまして誠にありがとうございました。
少しでも参考になったことがあれば嬉しく思います。

時節柄、ご多忙のことと存じます。
くれぐれも体調など崩されぬようお気をつけくださいませ。

「とうし科!!」ご覧の皆様にとって来年も素晴らしい年でありますように
心よりお祈り申し上げます。

TAMURAより

最後に

現在私はクロスリテイリングさんが提供している、
「TAMURA式・FX1分足トレード法 One Minute’s FX」というコンテンツで講師をつとめております。

こちらの講座では、とてもシンプルで、FX初心者の方でも再現することが可能な、「1分足ロジック」無料で学ぶことができます。

この「1分足ロジック」は、私が10年間、検証をくり返して作り上げ、
ロジック通りにやるだけで8割以上の勝率を叩き出すことに成功した手法です。

ありがたいことに、この無料レッスンは多くの方にご好評をいただいております。

ぜひあなたも、この無料オンラインレッスンで、
私の「1分足ロジック」を学んで、あなたの武器を増やしていきましょう!

TAMURA式・FX1分足トレード法 One Minute’s FX

この記事を書いた人のプロフィール

tamura

TAMURA

1分足で着実に利益を抜き取る画期的な手法で、鮮やかに相場から利益を抜き取る世界が認める凄腕トレーダー。トレーダー歴は10年を超える。現在、プロが唖然とするほどの検証を積みトレーダー界では「検証の鬼」として尊敬される一面を持つ。

詳細プロフィールへ

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. TAMURA
  4. リスクとの付き合い方を考える

PAGETOP