1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. TAMURA
  4. トレードに「柔軟性」を取り入れてみる

トレードに「柔軟性」を取り入れてみる

トレードに「柔軟性」を取り入れてみる

トレードの考え方Vol.68

皆様こんにちは。
ここ数日、花冷えの日が続いておりましたので、体調にはくれぐれも気を付けねばと思うこの頃です。

さて、4月の前半戦ですが、ほぼ傾向通りの動きだったかと思います。

参考:トレードは事前の「準備」も大切
―――――――――――――――――――
USD/JPY
・下げやすい傾向にはあるが一辺倒ではない。
・直近3年間は前月の3月と同じ動きを4月もしている。
・3月の相場をよく振り返る必要がある。

EUR/JPY
・上がった時の幅が大きい傾向。
・直近6年間では前年に対して逆の動きを見せている。
・直近6年間では前月の3月とは逆の動き方をする傾向。

EUR/USD
・上げやすい傾向にはあるが一辺倒ではない。
・直近2年間は前月の3月と同じ動きを4月もしている。
・USD/JPYとの逆相関がハッキリしている傾向だがボラティリティに注意。
―――――――――――――――――――

昨日、習主席発言によるリスク選好的な円売りがありました。
一巡すると、米中貿易摩擦の激化を警戒したドル売りが先行・・・という感じで行って来い状態。

一時は大きく動きましたが、晩の米国生産者物価指数まで視野にしたプランがあったので、流されずに様子見をしていきました。

今週の後半は警戒ですね。
11日 20:00 ECB ドラギ総裁の発言
12日 03:00 USD FOMCの議事録

この辺りはどう動くか?しっかりと確認できた後の動向を注視しております。
無理は禁物のタイミングですね。

そして、3週目から4週目が3月のような動きになるのか?
同じような流れが形成されるのであれば、一段の下落を頭の片隅に置いておく必要があります。

ということは・・・逆に高値ブレイクをするようであれば、どの値がブレイクポイントになっていくのか?改めてチャートを確認して4月の後半戦に備えていければと思います。

現況の状態であれば下値を探っていきます。

米国への関心

■米中貿易戦争
習近平国家主席の演説を受けて懸念が後退していますが、大きく動かすだけの材料ですからチェックを怠らないようにしていきます。

■ロシアゲート問題
強制捜査や書類を押収等々、万が一あれば重大な局面に突入ですから出来るだけ情報にアンテナを張っていきたいと思います。

■シリア情勢
トランプ大統領が9日「今後24時間から48時間で重要な決定をする」と発言したことを受け「重要な決定はこの議論の最中にも検討されている」と述べ、シリアへの報復の可能性を示唆。激しい言葉を浴びせ非難の応酬やらフェイクニュース等々、もう止めてほしいがどのような影響が発生するか?見守っていきたい。

いずれも突発的な動きがあることを念頭に置いた資金管理・リスク許容度を図っていきたいと思いますし、マーケットコンディションに合わせていく見極めに集中していければ、右往左往することなく準備通りの行動のみです。

トレードで重要なのは+αの柔軟性

柔軟性とは具体的に何か?

ルールや自身の主張などに固執し過ぎることなく、その場の状況や変化に応じて適切な判断を下し、行動できること。
柔軟性を裏付ける内容として、状況や相場に合わせて臨機応変に対応すること。

売買ルールを守ることはとても大切ですが「+柔軟性」も身に着けられると更なるトレーダーとしての成長が望めるようになると考えます。
勿論、一貫性の部分が基礎土台になっているからこその柔軟性です。

これら一貫性と柔軟性のバランスが取れるように調整してこそロジックが活きてきます。

では、その柔軟性の部分も売買ロジックに組み込めばいいのではないか?

EUR/USDの比較

EUR/USDのグラフ

例えば、EUR/USD買いパターンのみ。

①のロジックと②のロジックでは、明らかに②ロジックの方が成績やバランスがいいのがわかります。

①と②では、エントリー条件が全く一緒です。
では、なぜこんなにも回数や成績が違うのか??

それは、②の決済条件に柔軟性を組込んでみたからです。

その柔軟性の部分では変動値幅を組込んで、常に相場状況を監視しながら推移をさせています。

・状況によって利益が出ていても早めに決済をする。
・状況によって利益を追随させて長めに保有から決済をする。
・状況によって損切を早めにして決済をする。

このようにその場の状況や変化に応じて適切な判断を下していくことで有効に働くことがわかります。

固執するのではなく柔軟性の幅を広げることで、臨機応変な対応力が身についていきます。是非、皆様と一緒にその幅を広げていけたらと思っています。
リスクとリターン!全てはバランス!そして考え方!

トレーダーとして飽くなき探求心から生まれる検証。
検証をするから考え方が養われる。
リスクとリターンの取り方、仕掛け方が見えてくる。
だからバランスを重んじるようになっていく。

・・・という流れです。

変化を与えていく癖をつけるようにしていくとグッとレベルアップに繋がっていくと思います。

エントリーの条件・エグジットの条件いずれも単純な内容でも、組み合わせやバランスを整えていくことでトレーダーとしての成長が望めます。

その時ばかりに一喜一憂するのではなく
その時ばかりに右往左往するのではなく
中長期での目標達成をする為に必要な軸をしっかりと設けていくことが大事です。

それでは「一行三昧」(1つの修行法を一心に励むこと)ということで、また次回よろしくお願い致します。

TAMURAより

最後に

現在私はクロスリテイリングさんが提供している、
「TAMURA式・FX1分足トレード法 One Minute’s FX」というコンテンツで講師をつとめております。

こちらの講座では、とてもシンプルで、FX初心者の方でも再現することが可能な、「1分足ロジック」無料で学ぶことができます。

この「1分足ロジック」は、私が10年間、検証をくり返して作り上げ、
ロジック通りにやるだけで8割以上の勝率を叩き出すことに成功した手法です。

ありがたいことに、この無料レッスンは多くの方にご好評をいただいております。

ぜひあなたも、この無料オンラインレッスンで、
私の「1分足ロジック」を学んで、あなたの武器を増やしていきましょう!

TAMURA式・FX1分足トレード法 One Minute’s FX

この記事を書いた人のプロフィール

tamura

TAMURA

1分足で着実に利益を抜き取る画期的な手法で、鮮やかに相場から利益を抜き取る世界が認める凄腕トレーダー。トレーダー歴は10年を超える。現在、プロが唖然とするほどの検証を積みトレーダー界では「検証の鬼」として尊敬される一面を持つ。

詳細プロフィールへ

KEYWORD

  1. とうし科!!のホーム
  2. プロトレーダーズレポート
  3. TAMURA
  4. トレードに「柔軟性」を取り入れてみる

PAGETOP